テネリフェ島 大西洋の夕暮れ【カナリア諸島旅行記 #9】

さて、ホテルで一休みしたところで、またドライブに出かけます。

地下駐車場は、3時間程度とめて、3ユーロしませんでした。

これなら、今晩一晩泊めても、そんなに散財にはならないでしょう。一安心です。

00012217

ラス・テレシタスからの大西洋の眺め

右側通行や、スペインの道路事情にも、おおむね慣れました。

クルマの運転なんて、結局、流れに乗ることが大事なんです。

サンタクルスの海岸通りを北に向かいます。

00012219

サンタクルス近郊のラス・テレシタスという海岸です。

00012221

大西洋を眺めるのは二度目。

一度目はアルゼンチンで、バスの中から。今日が二度目です。

00012222

山肌に張りついたカラフルな家並み。

それに、泳いでる人もいます。

00012224

こっちにも。

気温20度で、心地よいですが、遊泳するには、海水温は低いんじゃないの?

00012225

海水に触れてみました。生暖かいです。これなら泳げるのかも。

暖流のメキシコ湾流のおかげ?

00012226

砂浜をあてもなく散歩。

00012228

ふつうのヤシの樹ではありません。不思議なカタチ。

00012229

平野部が少ないから、あんな風に建てる必要があるんでしょうか。

00012230

空は雲に覆われていますが、ときおり晴れ間がのぞきます。

00012231

風もなく、おだやかな大西洋の風景。

00012232

水辺で遊ぶ子供。

00012233

ボードウオークに上がってみます。

00012236

テイデ山からの稜線が、大西洋に沈んでいきます。

00012237

海の見える風景というのは、本当に美しい。

00012239

緯度的には、鹿児島奄美大島と同じくらい。

00012240

だから常春なんでしょうね。

00012241

ビーチで楽しんでる人々は、観光客でしょうか。

00012242

堤防の先端まで行ってみました。

雲の隙間から降り注ぐ太陽光がくっきりと。

00012243

沖に浮かぶ貨物船と、透き通った大西洋。

00012245

この島は、アトランティス大陸の末裔・・かな。

00012246

00012247

岩に囲まれた、というより岩でできた島ですね。

00012248

かつて、大航海時代では、新大陸に赴く航海者たちの拠点だったと聞いています。

当時の島の姿は、どんな感じだったのかな。

00012235

クルマをとめた駐車場に戻りましょう。

00012249

岩のカタチが芸術的ですね。

00012250

この木も素晴らしい。なんていう木なんだろう?

00012251

00012252

今頃になって、雲が晴れてきましたが、夕暮れの大西洋にさようなら。

00012253

夕暮れの海岸通りを散歩する親子。

00012254

サンタクルスの町に戻り、地下駐車場にクルマを保管。

もう、今日はクルマを運転しません。

なので、心置きなくホテル近くのカフェテリアで、冷えたハイネケンで乾杯!

旅に出て、アルコールを制限されるのは、レンタカー旅の功罪でしょうか(笑)

 

しかし、うまい(^^)v

昨夜のモスクワ、トランスファー以来のアルコールです。

00012208

タイトルとURLをコピーしました