【ボスニア・ヘルツェゴビナ】3日目(その2) 古きよきモスタルの町並み

さて、今回の弾丸旅行では、かなり期待度の高いモスタルです。

キリスト教文化とイスラム文化が融合した美しき古都であると同時に、ボスニア紛争では壊滅的なダメージを受けた町。

果たして、どんな町並みであるのか、今回の旅のハイライトかもしれません。

これは、旧市街に向うマーシャル・チトー通りから、細い路地をのぞきこんだ風景。

00016354

カラジョズ・ベゴヴァ・ジャミーヤ

旧市街の入り口に、さっそく、オスマン帝国時代のモスクが現れます。

00016357

ちょうどお昼であり、中ではムスリムが礼拝中。

00016358

00016360

 

旧市街でランチ

夕方のバスまで、時間はたっぷりあるんです。
お昼時でもあるし、ランチといきますか。

00016361

旧市街の中に入っていきます。

00016364

ここも、おいしそうだけど、もっと奥へ行ってみようか。

00016368

このあたりから、本格的に旧市街って感じになります。

00016369

旧市街の定番、お土産屋さんがズラリ。

00016371

レストランもズラリ。

00016372

いきなり、決めつけてはいけませんが、日本だったら京都のようなものでしょうか。

00016375

00016374

00016378

ただ、日差しが強すぎます。
旧市街は、むしろ、どんよりとした空模様のほうが気分が出ると感じるのは私だけでしょうか。

00016376

ドピーカンの空に向って、そんなこと言ったら、バチが当たりますね。

00016379

それにしても、いい雰囲気の町です。

00016381

おお、スターリ・モストと対面です。

00016382

こんなことやってると、いつまでたっても歩き続けてしまうので、スターリ・モストの見えるレストランに入りました。

00016387

ほんとに、独特の雰囲気。

00016388

まずは、ビール。ハイネケンがなく、地元のビールかな。

00016389

それでも、よく冷えていておいしいです。
朝は氷点下だったのに、今は汗ばむほど。

00016390

ランチはスパゲッティ。ボスニア料理には、今夜挑戦します。
おいしい、スパゲッティでした。

00016391

 

モスタル ネレトヴァ川 東側の散策

モスタル旧市街の最大の見どころは、もちろんアーチ橋のスターリ・モスト。

でも、いきなり駆け寄っても芸がないので、周辺をくまなく散歩したいと思います。

00016384

この川は、さっきバスの中から見えたネレトヴァ川。
モスタルの町を、東と西に分けています。

00016385

私は今、東側にいて、西側の景色を眺めています。

東側にはイスラム教徒、西側にはカトリックが住んでいるとのこと。

00016383

そして、あのスターリ・モストが、両岸を結ぶ橋であるわけです。

00016392

なので、いきなりスターリ・モストに行ってしまうのではなく、しばらく、東側のムスリム地区を散歩しましょう。

00016386

旧市街独特の石畳。

00016395

なんて歩いていると、狭い町なので、あっというまにスターリ・モストにたどり着いちゃいました。

00016396

橋の欄干から、眺める旧市街。

00016398

ほんと、いい雰囲気なんだけど、日差しが強すぎるのが残念。

00016400

この風景は、寥々としていたほうが雰囲気出るでしょ。

00016401

いたるところにモスクがあるらしい。

00016402

記念撮影。観光客もいっぱいいますよ。

00016403

橋の上から下流を眺めます。

00016404

河原で水遊び? さすがに、まだ冷たいだろ。

00016405

いやあ、旧市街ってほんとにいいもんですね(^^)v

00016406

00016407

おいおい、危ないだろ。それとも飛び込むつもり?
夏の間は、飛び込み大会とか開かれるそうですが。

00016409

この高さ・・・ 自分には、絶対無理です。

00016410

いったん、橋を渡り切ったところで、また東側に引き返します。

00016412

東側のいろんな路地をのぞいて見ることにします。

00016416

お土産屋さんとATM。

00016418

石畳の模様も美しい。

00016419

 

コスキ・メフメット・パシナ・ジャミーヤ

なんか、長くて覚えられそうもない名前のモスクがありました。

00016420

00016421

日陰は涼しい。

00016422

00016423

タダで入れるのかな、と思いましたがそんなことはありません。

00016430

中庭のみの6マルカ。

00016432

100マルカ紙幣(約6500円)で支払ったら、お釣りをかき集めるのが大変だった模様。申し訳ない・・・

00016431

モスクと飛行機雲。ほんとにドピーカンです。

00016428

このモスクの庭が、景色のいいビューポイントのようです。

ここで、中国人の男女が写真を撮ってくれと言ってきました。

たずねてみると、北京から来たとのこと。
旅行が好きで、来月は日本の横浜に行くと、楽しそうに話してました。

00016433

しかし、綺麗な川だよな。

00016435

これ、雨なんか降ってたら、水蒸気が上って、もっと幻想的な雰囲気になるような気がする。

00016437

再び、石畳の上に。

00016438

絵になりますね。モスタル、来てよかった。

00016439

 

旧市街の外れを歩く

もう少し、太陽が弱まったほうが、旧市街の撮影には好条件と考え、坂を登り、旧市街の外れを歩きます。

白っぽい建物が多いので、光の反射がすごいんだよね。ていうか、単に、写真のウデがないだけ?

せっかく、持って来たCANON 6Dが宝の持ち腐れです。

ちなみに、あの建物の壁にある穴ぼこは銃弾の跡だそうです。

00016440

旧市街を外れても、古い感じの建物が雰囲気を作っています。

00016442

これは、古いというより、空爆で焼失したそのまま。
とにかく、すごい紛争だったそうですから。

00016444

少し高いところから眺める西岸の町並み。

00016446

スターリ・モストの下流に架かる橋。

00016447

あてもなく歩き続けます。

00016448

こちら側まで来ると、観光客はほとんどいないけどね。

00016449

明治維新のときに生まれた人の像。

00016451

あとから思ったけど、1981年ってなんだろ?

00016452

美しい町並みです。

00016455

迷路のような路地。

00016456

ふいにネレトヴァ川が現れてびっくり。

00016458

旧市街のネコ。

00016461

夏は、泳いだら気持ちよさそうなネレトヴァ川。

00016462

このあたりは、昔ながらの路地なんでしょうね。

00016463

00016464

木製の門が、石畳にうまくマッチしています。

00016466

東側エリアなので、ムスリムも歩きます。

00016467

この丸い塔は博物館なんだよね。「~歩き方」にそう出ています。
でも、こういうの、どうやって造るんでしょう。

00016468

旧市街に戻ってきました。そんなに遠くにはいってませんけどね。

00016469

太陽光線の向きが、いい感じになってきたようなので、あらためてスターリ・モストをうかがいますか。

タイトルとURLをコピーしました