【セルビア】1日目(その3) 気ままなノヴィ・サドの町歩き

旧市街に入ると、にわかに雰囲気がよくなります。

00015974

ベオグラードから近い郊外の町、という理由だけで訪れたノヴィ・サドですが、ちょっと調べれば、ノヴィ・サドは歴史ある美しい古都、と表現されていたりします。

気の向くままに、歴史的建築物を眺めてみましょう。

ユダヤ教寺院 シナゴーグ

まず目に入ったのが教会ですが、これは、何の教会だかわかりません(笑)

00015977

その先に見える、どこか由緒ありげな建物。

00015975

あれは、maps meによると、ユダヤ教寺院 シナゴーグ。

00015976

スロボダ広場に向う大通りに面して建っています。博物館のようです。

00015979

いまは、コンサートホールとして使われているとのこと。

00015980

ノヴィ・サドは、かつては多民族の町。
その中にユダヤ人も多く居住していたらしいのですが、大戦中に迫害を受けて、現在は数百人レベルまで少なくなってしまっているらしい。

00015981

門をくぐって入っていく彼女たちは、ユダヤ人でしょうか。それともコンサートホールに来たのでしょうか。

00016055

その中の一人が、私に向って、大声で「ニハオーッ!」。
だから、中国人に間違えるなって(笑)

00015982

シナゴーグから、スロボダ広場のほうに向かいます。

立ち並ぶビルに、通りを行く多くの人々。
ノヴィ・サドが、セルビア第二の都市であることを思い出します。

00015984

高い塔が見えてきましたが、あれがカトリック大聖堂でしょう。

00015985

 

スロボダ広場 ~ カトリック大聖堂

ここが、ノヴィ・サドでもっとも賑わうスロボダ広場。そして、右手に高くそびえるのが、カトリック大聖堂。
左側の建物は、銀行・・・かな?

00015986

しかし、威厳がありますな。

私のうろ覚えの知識では、カトリックはローマカトリックで、どちらかというと、西側のキリスト教と思っていたんですが、東側のギリシア正教のエリアにも、こんな大きいカトリック教会があるもんなんですね。

00015990

カトリック大聖堂と対峙している建物は、市庁舎です。
その前の銅像はミレティッチ像。ヴォイヴォディナの知識人だとのこと。

00015987

しばらく、スロボダ広場のベンチにたたずんでいましたが、そこらじゅうから「ニハオ~」と声をかけられる。

セルビアにも、チャイナタウンもあるそうなので、その関係?

でも、悪い気はしません。私も、「ジャパニーズ!」と返しながら、手を振ります。
(そのたびに、びっくりされますが、日本人って珍しいのか?)

00015989

スロボダ広場から先は、歩行者天国となって、両サイドにレストランが並びます。

00015991

00015992

 

セルビア正教会 & ランチ

セルビア正教会の司教館が見えてきました。

みんなランチを楽しんでますね。私も、歩き疲れたので、どこかで休憩しましょう。

00015993

この威厳のある建物は、セルビア正教会ではなく、司教館。つまり司教のご自宅ですね。

00015999

その左側にある白い建物がセルビア正教会です。司教館とは裏庭でつながっているのかな。

00016056

その司教館が見える屋外のテーブルでランチとしましょう。
このおいしそうなピザを眺めていたら、「どうぞ」と店のお兄さんに声をかけられました。

00015994

テーブルについて、CANON 6Dを置きます。やっぱり、けっこう重いな・・・

そして、司教館前の通りを行く人々を眺めます。

00015995

みなさん、平和そうですね。

00015996

ところが、こんな平和そうに見えるノヴィ・サドは、セルビアのコソボ紛争の際、NATOから空爆を受け、町のいたるところが破壊されてしまったらしい。

1999年、つまり、ほんの20年前のことですよ。信じられない・・・

00015997

店の兄さんのすすめで、チキンサンドイッチ。
気温10度でも、風がないので、気持ちいいです。ハイネケンが、ゆっくり身体にしみわたります。

最近、レンタカーの旅が多かったけど、やっぱりハンドル握らない旅のほうがいいね(^^)v

ハイネケン220ディナール、チキンサンド300ディナール、合計520ディナールでした。

00015998

さて、いい気分になって、店を出ます。今度は南へ向かいます。

00016000

 

ドナウ川に初対面 ~ ペトロヴァラディン要塞

スロボダ広場から続いていた歩行者天国が、先ほどのセルビア正教会の司教館前で右に折れます。

00016002

そして、その歩行者天国が終わる頃、

00016003

ドナウ公園が目に入ります。

00016004

そして、この公園を南に抜けていくと、ドナウ川へ。

00016005

ドナウ川の河畔に出ました。向こう岸に見えるのは、ペトロヴァラディン要塞。

00016006

川沿いの舗道はサイクリングコースにもなっています。

00016007

00016014

そして、ペトロヴァラディン要塞です。
今は、音楽家たちのアートエリアとなっているようですが、もちろん、当初は外敵からの防衛のため造られています。

なにしろ、ドナウ川はヨーロッパで2番目に長い川。
アルプス山脈を水源に、ドイツ、オーストリアを経て、バルカン半島を横断、最後は黒海に注ぐんです。

帆船時代は、交通の要衝として賑わったことでしょう。

逆にいえば、それだけ敵も入って来やすかったということ。
この要塞の完成は1780年とのことですが、この場所に砦が築かれたのは、古代ローマまで遡るそうです。

セルビア人からしてみたら、川上からはゲルマン人が攻めてくるし、川下からはオスマン帝国が攻めてくる。

気が気じゃなかっただろうね。

00016013

この対岸に渡る橋と、その向こう側に少し見えるアーチ型の橋は、コソボ紛争の際に、NATOの空爆で破壊され、再建された橋。

破壊されたのが1999年で、再建されたのが2005年と聞いています。

00016057

橋を破壊するのは、戦争の常套手段だけど、悠々と流れるドナウ川を見ていると、20年前にそんな事があったなんて、とても信じられません。

00016009

対岸に渡って、要塞の丘に登れば、ノヴィ・サドの町が見下ろせるそうですが、さすがに歩き疲れました。

00016010

河畔のベンチに腰掛けて、ドナウ川の流れを眺めます。

00016011

ドナウ川に背を向けて立っているのが、犠牲者のモニュメント。

何の犠牲者かというと、第二次世界大戦。

ここを攻めたのは、枢軸国。

00016012

そろそろ、ベオグラードに戻りましょうか。ドナウ川にお別れです。

いや、待てよ。ベオグラードでも、ドナウ川に対面することになるかな。

00016058

 

ノヴィ・サドの路線バス

バスターミナルまでの帰りは、バスを使おうかな。

これ、新緑のシーズンには、さぞ見ごたえがありそう。

00016015

バスは、頻繁に走っています。

00016016

ところが、なにがなんだかわからない(笑)

いったい、どれに乗れば、バスターミナルに行くんだい??

00016017

チケットの買い方もわからない。
とりあえず、来たバスに乗ってみて、運転手に聞けばいいでしょう。

00016018

バス停に滑りこんできたバス。運転手は、綺麗なセルビア人女性。

私が、「バスターミナル?」と聞いても、通じない・・・

何度言っても通じないので、「バスステーション?」と聞くと、「ダア、ダア」と笑顔で理解してくれました。

その場で、おカネを払って、出発です。60ディナールだったかな。

ダアって、ロシア語でイエスって意味だよね。なんか懐かしい、久しぶりに聞いた気がする。

00016025

バスステーションまで行く客は少なく、バス停ごとに降りていきます。

00016019

バスステーションに到着。最後までいたのは私だけ。降りる際に、運転手さんにお礼をいいました。

00016020

もしかしたら、ベオグラードまで列車で帰れるかな、と思って、チケット売り場に顔を出しましたが、ないとのこと。

運転されていないのか、すぐには列車が来ないのか、タイムテーブルがないので、わからなかったですが、いずれにしろ、帰りもバスにするしかなさそうです。

00016021

 

ノヴィ・サド ⇒ ベオグラード

バスターミナルは、鉄道駅のすぐ脇にありました。

ちなみに、鉄道駅ではトイレに入ったんですが、40ディナールとられました。

日本円で約42円。トイレ拝借代としては、私の旅人生、過去最高値のような気がする。

00016022

窓口でベオグラードというと、すぐに発券してくれました。

00016023

しかし、料金が810ディナール。来るときよりも200ディナールも高い。なんでだろ??

00016026

そして、ベオグラードのバスターミナルのようなコイン改札はなし。
改札はあっても、スタッフにチケットを見せれば、通してくれます。

00016024

バス会社によって、料金が違うのかな・・・
200ディナール分、サービスがよくなるとか。車体は、来るときと、そんなに変わりません。

00016027

わずか3時間だけど、楽しかったノヴィ・サド滞在。

00016028

帰りも1時間強でベオグラードの街に入ります。

00016030

サヴァ川を渡って中心部へ。

00016031

ベオグラードバスターミナル到着。
しかし、乗ったときと場所が違うので、ちょっと戸惑います。

00016032

こっちでいいのかな。
ホテルへの道のり。maps meの指示は、公園を突っ切るルート。

00016033

00016034

諸外国でもサクラが咲くという当たり前の事実を、あらためて認識します。

00016036

この急坂を登りきったところが、先ほど荷物だけ預けたホテル・モスクワ。

00016037

ホテルに帰ってきました。とりあえず、休憩しましょう。

00016038

格式高いホテルにふさわしい、きびきびしたホテルスタッフでした。
内装も落ち着いています。

00016065

でも、部屋は、日本のビジネスホテル並み。

いや、これで十分なんだけど、外国のホテルって、無駄に広いのが当たり前と思っていたので意外です。

00016039

ホテルなんて、これでいいんです。
4畳半にシャワーにミニバー、これさえ揃っていれば。

ベッドに寝っ転がると、なんとそのまま眠ってしまいました(笑)

ただいまの時刻は16時。時差をいれたら午前0時だから、無理もないか・・・

00016040

 

繁華街 テラジエの夜

ここ、ホテル・モスクワは、ベオグラードきっての繁華街テラジエに位置しています。

少し寒いけど、夜の町を見学してきます。

00016041

夜のホテル・モスクワ。雰囲気ありますね。

00016042

歩行者天国クネズ・ミハイロ通りに向って、北に歩きます。
けっこう寒い。気温は3度くらいでしょうか。

00016043

クネズ・ミハイロ通りの入り口。

00016044

寒いですが、若者たちで賑わっています。

00016046

00016047

このままずっと北に歩いていくと、カレメグダン公園という旧要塞に出るんですが、これは明日行くことにしています。

00016048

どこかでディナーでも食べようかなと思うんですが、なんか、すっと入れるようなお店がない。

00016052

外で食べるには寒いし、

00016049

みんな、寒くないのかな。

00016051

身体も冷えてきたので、ホテルに戻りましょう。
夕食は、途中の売店でピザでも買えばいいや。

00016050

ああ、これこれ。

00016045

けっこうおいしそうですよ。それに安いし。

00016053

温かいピザに満足です。

00016054

明日は、16時のバスで、国境を越えてボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボに向かいます。

なので、ベオグラードは明日1日だけ。早起きして、めいっぱい歩き回りましょう。

タイトルとURLをコピーしました