ホテルのお姉さんたちとまったりとした朝の雑談&世界遺産ニンビンへの道【ベトナム旅行記2023 #13】

2023年のベトナムGW旅4日目。というか、最終日。

今夜0:30発のベトジェット機で帰国します。

成田着は日曜日の朝8時。

到着してそのまま出勤する、いつものパターンではないので気はラク(^ ^)

さて、最終日の行動をどうしようか。

ホテルのお姉さんたちとまったりとした朝の雑談

昨日のハノイ街歩きは、半ドンで終わってしまったし、その続きをとも考えたけど、今日も暑くなる見込みで、昨日のようにふたたび熱中症症状に襲われないとも限らない。

本日のハノイも、予報は気温40度超え。

どうしようかな〜・・・と考えながら、ホアンキエム湖の早朝散歩。

すげえな・・・みんな、けっこう本気で走ってます。

ホアンキエム湖の外周は約2km。がんばれ〜^ ^

ハノイの人たちの本気モードエクササイズを眺めてから、サークルKで買ってきたパンで朝食。

パンも美味しいけど、我が家からもってきたコーヒーが美味しいw

すっかり目が覚めたので、ホテルのロビーに降りていって、お姉さんたちと朝のおしゃべり。

今回ハノイで3泊した「スプレンディッド ホテル&スパ」。

たぶん家族経営だと思うんだけど、とてもフレンドリーな家庭的なホテル。

3泊もしたので、スタッフのお姉さんやお兄さんと少々親しくなれた。

そこで質問してみた。

私:ベトナム人はなぜマスクする?

姉:ほこりと排気ガスがひどい。それと日焼け止め。

私:なぜ、この暑いのにみんな上着着るの?

姉:日焼け止め。

私:なぜ、ベトナム人は汗をかかない?

姉:(爆笑のあと)わからないw

昨日はほんとに驚いた。

39度の炎天下の下で、ベトナム人はまったく汗かいてない。

ちょうどそこに、インド人の泊まり客が現れて、なにやら話して出ていったけど、

「インド人、ノー」と言ってる^ ^

彼女によると、インド人と中国人は苦手で、荷物のことなどで無茶な要求をしてくるからだそう。

それも、さも当然のように言ってくるから困る、みたいな反応がありましたw

「ニンビン」へのツアーをすすめられる

「ところで、今日はどうするの?」

そうそう、そうだ、それを相談したかったんだ。どこかおススメある?

「ニンビンなんかどう?」

「ニンビン?」

恥ずかしくも初めて耳にする地名。しかし世界遺産登録されている観光地。

そして「地球の歩き方」にも、しっかり載っていた。

写真も見せてもらう。

ツアーが出てるみたいで、ほぼ丸1日の行程。ツアー代は70ドル。

昨日訪れた「タンロン城跡」に首都が遷移される前の古都か・・・なるほど

プログラムを見てるうちに「行ってみるか!」という気になりました。

ここから100kmくらい南の世界遺産をバスで往復してくれて、3か所のアクティビティがあって、ランチがついて70ドルならOKでしょう。

帰ってくるのが19時。

フライトは0:30だから、多少遅れても大丈夫。

時計を見れば、朝の7時。まだツアーに参加できます。

ホテルのロビーを訪ねる客もなく、スタッフの彼女たちと30分くらい楽しい雑談ができました。

そして、テキパキと、30分後のピックアップに間に合うように、ツアー会社に連絡してくれています。

今回の旅の宿「スプレンディッド ホテル&スパ」。

1泊4000円で立地は抜群。

スタッフはフレンドリーで、「フォーの美味しい店」も「チャーカーラボンを食べさせる店」も紹介してくれた。

そして、今日のツアー終了後は、空港に行く前にシャワーを浴びさせてくれるという。

次、ハノイに来ることがあったら、また泊まりたい。

こんな気持ちになるホテルも久しぶりだった(^ ^)

ツアースタート「ニンビン」への道

しかし、ピックアップまで30分は忙しい。

荷物を片付けて、チェックアウトの準備をして、フロントに降りたところ、ちょうど迎えのガイドさんが来ました。

姉さんが、「このお客さんは、今夜の飛行機に乗るのよ」と言ってくれてます。

19時の帰還予定なら大丈夫だとは思ってたけど、ガイドさんに先入観を与えてくれてればなお安心。

ありがとう^ ^

 

バスに乗り込むと、私はひとり席シート。

ガイドさんが、本日の行程を説明してくれます。

ニンビンまで3時間くらいだけど、途中1回休憩をはさむとのこと。

窓際の席なので、あらためてハノイのストリートビューを楽しみます。

4人乗りとはすごい。

こっちは、すごい荷物。

すげえ建物だな・・マンションかな。

高速道路に乗ります。ベトナムもETCって言うんだね。

ずっと高速なのかと思ったら、あんがい早くおりました。

そして線路を渡ります。

目にとまった「AH1」のサイン。

これは、なにをかくそう「アジアハイウエイ1号線」という意味です。

これ、6年前にバトナムに来た時、フエの街の「AH1」を自転車で走ったんだよなぁ・・

懐かしい(^ ^)

いいねえ、大陸のロードという感じがしてきました。

サービスエリアでの休憩タイム。

楽しい、お土産屋さんのひやかし。

昨日、バッチャンという陶器の町に行ったけど、ベトナムは陶器が名産なんですね。

これは美しい。

こんなの、誰が買うんだろうwww

ふたたびスタート。ほこりっぽい大地がアジアだな。

おや、塔がみえてきた、到着ですね。

東南アジア最大の仏教寺院であるとされるバイディン寺です。

バイディン寺到着直前に渡った川。

アジアの雰囲気マックスです。

そして到着。

エアコンがガンガン効いていたバスから降りると、とんでもなく暑い。

ガイドさんが「帽子をかぶって、水を忘れずに」と注意喚起しています。

心していきましょう。

今回のベトナム3泊5日ひとり旅の全行程・費用などはこちらです。

タイトルとURLをコピーしました