【シルクロード】9日目(その1)不思議な世界 ホータン(和田)

シルクロードの旅も、あと3日。ここまで8日間、順調にスケジュールを消化。次は、新疆ウイグル自治区で最後の訪問地ホータンを目指します。

ホータンは、何があるの?と聞かれると、特に何もない、と答えてしまうような、何もない町。

遺跡もなければ、自然の特色もない。クンルン山脈のふもとのタクラマカン砂漠にポツンとある、何の変哲もないオアシス都市です。

かつては、玄奘三蔵もインドからの帰途、西域南道のルートでホータンを訪ねているし、マルコポーロも通った、東西を結ぶ主要ルートでした。

でも、この町って、大学受験のときに地理で習ったし、ロールプレイングゲーム「弁慶外伝Ⅱ」なんかにも登場し、どんな町なんだろうと、一人の旅人として、常に気になっていました。

折りしも、カシュガルからホータンまで喀和線が2011年に開業し、カシュガルから5時間から7時間で結ばれるようになりました。

逆にいえば、それまでは陸の孤島だったわけで、発展著しい新疆ウイグル自治区の中でも、ひなびたオアシス都市の昔の姿を垣間見れるのではと、私としては、大変期待しながらのホータン訪問です。

 

と、ここまでは、まだ見ぬ土地に思いを馳せ、気持ちが高揚している旅人そのものの心境でしたが、実のところ、ホータンでは、私の今までの旅人生で初めての経験をしました。

 

This is the 新疆ウイグル自治区 みたいな・・・

それについては、本文で紹介させていただきます。

本日の移動スケジュール

日付便名スケジュール移動距離料金

5/4

(土)

k9719

カシュガル3:26 ⇒ ホータン10:18

488km

約3,100円

※軟臥

偶然にも、3日前にトルファンからカシュガルまで乗った列車と同じ。その列車の行き先はホータンですので、カシュガルからの続きを乗る、そんな感じです。

朝の3:26発とはいかにも早いですが、この列車しか予約が取れませんでした。カシュガル~ホータンの喀和線は、計4本の列車が走っているのですが、どの列車も満席。

5月4日は労働節の最終日。翌日の5日は日曜日ですが、中国では平日扱いにするとのこと。それで、移動客が多いんだろうか。

ところで、カシュガル駅を3:26に出るということは、駅に入る保安検査や各種尋問?に備えて、1時間前には到着する必要がある。

2時半に駅に着くつもりで、ホテルを2時に出発しようと計算しました。

 

さて、10時間に渡るカシュガル散策で、身体は疲れ切っています。

シャワーを浴びて、時計を見ると23時。21時過ぎまで旧市街を歩き回り、ホテルに帰ってきたのが22時近かったんだから仕方ない。

午前2時まで3時間しかありません。寝たら間違いなく寝過ごす、と考えて、徹夜です(^_^)v

未明のカシュガル駅大行列

予定通り?一睡もせずに、午前2時前にフロントに下りて行くと、フロント嬢は、カウンターに顔を突っ伏して眠っています。

この開けっ広げな性格、私は好きですが、デポジットを返してもらうために、起こさないわけにはいきません。肩のあたりをつっつくと、(な、なに、何が起こった!)という顔で目覚め。お姉さんごめんなさいね(笑)

起こしちゃったついでに、タクシーを頼むと、そこにいるよ、とばかりに荷物も引っ張ってホテルの外に案内してくれました。漢族のお姉さん、ありがとう。

タクシーは、未明というより深夜の道をカシュガル駅に向かって飛ばします。

20分ほどでカシュガル駅に到着。どうせまた、長々と検問があるんだろうと、身構えていたら、勝手に門が開いてしまう。しかも、みんな自由に入っていく。いいのかな。

とりあえず、駅前広場に入りました。

この辺から、異様な光景が。深夜の駅前広場に、列車を待つ人々の集団。

さらに異様な光景が。駅に通じる検問所の前で、行列をなすウイグル人。

私のような外国人が警戒されるのは、まあわかるとして、同じ中国人なんだから、中に入れてあげればいいのに。日中、あれだけ暑かったカシュガルも、深夜の今は、肌寒いんです。

  

ようやく、検問所の中の灯りがついて、乗客を受け入れはじめましたが、荷物やマイナンバーなどを厳重に調べるもんだから、一人一人にすごい時間がかかっています。

よく、みんな文句を言わないもんだ・・

 

検問所を通過したと思ったら、今度は駅舎に入るための保安検査。

これだけの検査をすれば、テロはほぼ防げるでしょう。しかし、効率が良いとはいえないよな。私のチケットの上にも、「身分確認済み」のスタンプがドンと。

このスタンプも、最初はもらい忘れ、別の列に並び直しています。

計算していた通り、駅についてから駅の中に入るまで、約40分かかりました。

ようやく駅の中に入れてほっとします。

 

先日の列車と同じなら、食堂車はないでしょう。売店があったので、フリスピーのような硬いパンと、砂糖が入ってることを承知でお茶を仕入れておきました。

待合室。しかし、すごい光景だ。現在午前3時です。

日本も、戦前、戦後の混乱期はこんな感じだったんだろうか。私の旅経験では、ゴールデンウイーク前夜に上野駅から夜行列車で旅立たんばかりの風景。これが重なります。

席もふさがっていて、やることもないので、荷物を柱にくくりつけて待合室内の散歩。

これは何の案内ボードかな、と思ったら、指定席の残りの数ですね。このあたりは親切です。

中国列車の旅 喀和線でホータン(和田)へ

ようやく改札がはじまってホームへ。3日前の光景と重なります。デジャブですね。

3日前と同じ軟臥車なので、やっぱり同じ9号車でしたが、部屋は1号室。扉を開けて入ると、案の定同室者はぐっすり眠っています。

静かに、荷物をベッドの上に乗せて車掌さんが来るのを待ちます。車掌さんはすぐにやって来て、チケットを確認。チケットとカードの交換はしなかったように思います。終点まで行くからかな。

 

とにかく、一睡もしてないんです。持ってきた「楼蘭ワイン」をゴクッと飲んで、就寝です。

 

目が覚めると、時刻は8時少し前。4時間ちょっと眠ったことになります。カーテンを少し開けると、今まさに太陽が昇ろうとしていました。

この列車のホータンまでの時刻表はこちらです。

カシュガル3:26
英吉沙4:23
ヤルカンド6:35
澤普6:55
葉城7:27
皮山8:27
Kunyu9:33
墨玉10:02
ホータン(和田)10:18

通路に出てみましたが、ひっそり。新疆ウイグルの人たちにとって、午前8時は午前6時くらいの感覚なんだろうね。

 

駅を通過です。

 

部屋に戻って、またカーテンを開けます。タクラマカン砂漠の向こうに太陽が昇ります。

  

今日も天気良さそうです。

 

緑が多くなってきた。駅が近いかな。

 

皮山という駅に到着。

けっこう降りる人多かったです。ほとんどウイグル人という顔をしています。

 

駅を出ると、また砂漠が広がります。

 

タクラマカン砂漠。これは、ウイグル語で、「一度入ったら出られない」という意味です。古代はそうだったんでしょうが、現代では、縦横に道路が設けられています。

当初、この旅の計画を立てる際、ホータンからの帰途は、ぜひともタクラマカン砂漠をバスで横断するルートをとりたかった。

ホータンからウルムチまで、バスで24時間かかるそうですが、それでもいい。

10連休という限られた時間の中で、カシュガルやホータンの町の散策時間を捻出しようと考えたら、タクラマカン砂漠のバスでの横断は落とさざるをえず、ホータンからウルムチへは飛行機で飛びます。

この広大な砂漠ととことん付き合いたいと思っていたわけですが、トルファンからカシュガルへ向かう過程で砂漠も眺められたし、西域南道についても、こうして列車で走り、タクラマカン砂漠の南端を眺めている。

もう十分に満足しています。機会があったら、西域南道の続き、ホータンから敦煌、あるいは楼蘭までをたどってみたい、そう思います。

部屋の中が明るくなって、コンパートメントの居住者が判明。同室者は隣の下段ベッドの女性1人だけでした。

朝食に、カシュガル駅で買った乾パン?をかじります。

非常に硬いパンでしたが、中に杏のようなジャムが入っていて、おいしかったです。

砂漠に忽然と駅が現れ、通過します。

また町が近いかな。しかし、開発の仕方がすごいね。砂漠の中に林立するビル。  

 

昆玉駅。ここからは、乗ってくる人も大勢います。カシュガル~ホータンに鉄道が開通したのが2011年。それまで、この沿線の人たちは、移動の基本はバスでした。

昆玉駅を発車すると海が? タクラマカン砂漠に海? 一瞬、蜃気楼かと思いました。

クンルン山脈からの雪解け水がたまった湖なのでしょう。 

 

また緑が広がり、町が近づきます。

砂漠の中でも、農作業ができる不思議。水さえあれば、場所は関係ないんだね。というより、水さえあれば、台風などの荒天がない砂漠地方のほうが、農業には適しているのでは、とも思えてくる。

墨玉駅に停車。次は終点ホータンです。

ウイグル人が列車を降ります。

 

ホータンが近づき、車窓も近代化してきました。

一方で、旧市街の端くれのような民家もあります。ホータン、どんなところなのでしょうか。

定刻の10:18にホータン駅に到着です。

30時間以上も砂漠を駆け抜けてきた割には、きれいな車両。

 

ホータン駅検問所の大行列

多数のウイグル人たちと一緒に、駅の外に出ました。

  

うわ、何なんだ、これは??

駅から出る人を、警察が一人一人チェックしています。みんな、中国版マイナンバーカードのようなものをしっかりと携えています。

しかし、見てると、行列はほとんど進みません。1人に1分ぐらいかけ、特殊なケース(何が特殊なのかわかりませんが)5、6分かかる場合も。

ホータンは終点ですから、下車客も多い。500人ぐらいはいるでしょう。ということは、行列の最後は500分後!?

と考えても、おかしくないくらい、おかしなウイグル人に対する監視の仕方です。

私のような外国人が監視されるのは、まだわかる。でも、一応同胞のウイグル人をこれほどまで管理しているというのは、「強制収用」や「再教育施設」といったうわさも、あながち眉唾ではないな、という気もしてきます。

行列は、どんどん長くなり、最後尾は駅の中にまで入ってしまいました。みなさん、長旅で疲れていることと思います。はやく、自宅に帰りたいでしょうに。

労働節で出かけなければよかった、と思ってるかな。でも、ウイグル人は、電話やメールもすべて監視されているらしい。

さて、私はどうすればいいのか。実は、行列は2つあって、私のような外国人は、どこに行けばいいのか、皆目検討がつきません。待つだけ待って、手続きは違う場所だよ、とやられたら悲劇だし。

  

私は、思い切って、行列の先頭のところにいる警官にパスポートを見せ、自分は外国人だがどうすればいい、と訴えました。

すると、こっちだ、と指示された場所は、駅前広場の外れの警察の詰め所。外国人は、別に管理されるようです。

私を含めて、この列車を降りた外国人は4人。ちょっと会話すると、コロンビア人、イギリス人、あとアラブ系の人。外国人同士の会話は禁止されていないらしい。それにしても、この旅で、久しぶりに目にした西洋人です。

手続きは、パスポートをコピーされ、その余白に電話番号とメールアドレス。そして、顔写真を撮られるといった、いつもの検問所のパターン。20分くらいで終わりました。

その間、ウイグル人の行列は、ほとんど動いていません。絶望的な気分だろうな・・・

警官は親切で、タクシー乗り場に案内してくれ、料金も払ってくれました!?

これが、心からの善意なのか、外国人を待たせてしまう規則に対する償いのつもりか、あるいは政府から、少しでも外国人の心象を悪くするな、という命令が出ているのか、わかりませんが、かたわらで、いまも最後尾が見えないほどの行列をなしているウイグル人との対応の格差に愕然とします。

 

タクシーは、さっきのコロンビア人とイギリス人の2人組との相乗り。軽く会話をしましたが、やはり、いろんな出来事に驚いているとのこと。

私が、「ウイグル イズ ワンダーランド」と言ったら、笑ってました。

 

ホテルに登場する入国管理官

今夜泊まる「西域大酒店」。1泊3,500円の中級ホテルです。

チェックイン手続き自体は、パスポートのコピーをとられ、100元のデポジットを収め、という一般的な中国のホテルのチェックイン手続きと同様。スタッフの愛想もよかったです。

そして、案内された部屋に落ち着き、旅装を解きはじめたところで、また異変が。

ドアがノックされ、ドアを開けると、さっきのスタッフが立っていました。そして、フロントに来てくれ、と。

フロントに下りるエレベータの中で、「ワットハプン?」とスタッフに聞いても、手を振って「ノープロブレム」と言うだけ。

フロントまで行くと、とても「ノープロブレム」とは言えない状況が待っていました。

警官が10人ほど立っています。男女半々くらい。しかし、全員ウイグル人の顔つきです。

異様な雰囲気の中、一般人であることがほぼ確実なホテルスタッフが、ふつうに執務を続けていることが、私にとっては幸い。すなわち、異様に思えるこの状況は、なにかの正規な手続きであって、そこから大きく外れていないからこそ、ホテルのスタッフも平然としているのだと。

これを、新疆ウイグル自治区に入ったとたんにやられたら、間違いなく失神しちゃうでしょうが(実際、トルファン北駅では失神しかけました笑)、ここは新疆ウイグル自治区、度重なる検問や尋問で、私にもある程度免疫ができていました。

でも、今回は、それでも警官の数が多く、しかも検問所などではなくホテルで呼び出しを食らった分だけ、私も動揺しています。

質問係の女性警官が、私にスマホを見せました。そこには日本語で「あなたはウイグル語が話せますか?」「話せない。」と返すと、アプリで「我々は入国管理官です。質問に協力してください。」と言ってきました。

そこからの質問は、「ホータンに来た目的は?」「訪問は何度目ですか?」「ホータンに知り合いはいますか?」「ホータンの滞在日数は?」「ホータンへはどうやって来ました?」「今日の予定は?」「明日の予定は?」「いつ日本に帰るんですか?」「仕事は何をやっていますか」「メディア関係に知り合いはいますか?」・・・・

質問は、これだけでなく、延々と続きました。

驚いたのは、この質問の間、小柄な女性警官が、私のことを四方八方からパシャパシャと撮影していること。顔だけでなく全身を、それも360度四方から。しかも、鑑識が持つような一眼レフで。

質問で違和感を感じたのは、「新疆ウイグル」ではなく「ホータン」が主語になっていたこと。今までトルファンでもカシュガルでも、あるいは列車の中でも、質問の主語は「新疆ウイグルに知り合いは・・・」だったのが、「ホータンに・・」なっている。

それに、「職業」を聞かれるのは毎度のことですが、「メディア関係者に知り合いがいるか」と聞かれたのははじめて。それに、何度も「記者ではないですね。」と念を押されている。取材をされることに警戒しているのか、あるいは、メディア関係者だったら、行動が制約されるのか・・・

「職業」については、本当にしつこく、「勤め先の名刺を持ってないか?」と聞かれ、実は財布の中に数枚持っていたんですが、それはさすがに出しませんでした。(財布の中を検査されたらどうしようと、少し不安でしたが・・)

滞在日数も警戒していたように感じました。明日の飛行機でウルムチに飛ぶ、と答え、Eチケットを見せると、一様にほっとした雰囲気がありましたから。

このことから察するに、なんらかの事情から、中国はここ「ホータン」を特別視している。それが、経済的なことなのか、軍事的なことなのか、一帯一路構想に関することなのか、あるいは、噂されているウイグル人への弾圧に関してなのか、理由はわからない。

しかし、「ホータン」を、外国人が一人で自由に歩き、様々なものを見られる。こうしたことをひどく警戒している、これは間違いないらしい。

今、私は1人である。

カシュガルからカラクリ湖へ行く途中の検問も、おそらくタクシーで行ったら検問を通れなかっただろう。政府公認の運転手がついていたから、「何かあったらお前も連帯責任だぞ。」と行動が許可されていたのかもしれない。

この中国政府の方針に、現地の警察はどう考えているのか。

私が「明日にはホータンを離れる」と言ったときの、彼らの安堵の表情は、滞在日数が増えるほど、私を監視しなくてはならないし、私の行動のウラも取らなくてはならない。すなわち、自分たちの仕事が増える、そして、その仕事にさほど大きな意味を持っていない、と彼ら自信がそう思っている証のような気もしました。

最後に、アプリ上に「協力ありがとうございました。」と表示させて、警官(入国管理官?)たちは帰っていきました。

職務質問は延々と続いたけど、彼らに、私を非人道的に扱う意志はないことを悟り、途中からは、いわゆるヒアリングを楽しめました。ルールがあるから、仕方なくやってるんだよ。

私は、この時点で、この程度に考えていました。実際に町の中を歩くまでは。

タイトルとURLをコピーしました