【シルクロード】3日目(その3) 敦煌 莫高窟 仏教の美術展

さて、砂漠の大画廊、莫高窟の見学です。莫高窟は、1987年に世界文化遺産に登録されました。

莫高窟 見学のシステム

莫高窟は、世界的に人気のある世界遺産であるだけでなく、中国国内からも大量に観光客が押し寄せるため、見学には、おおむね以下のようなシステムがとられています。

  1. 時間予約制のチケットを敦煌市内のチケットセンターで購入する。(中国人はWEB予約可)
  2. 莫高窟バーチャルセンターで映画を2本見る。(2本で40分くらい)
  3. 専用バスで莫高窟へ移動する。
  4. 外国人は、何人かのグループに分けられ、そこに外国語を話す専用のガイドがつく。
  5. ガイドに従って、一般公開されている40の石窟のうち、8箇所ほどを見学する。(どの石窟が選ばれるかは、そのときにならないとわからない・・)
  6. 1時間ほどで石窟を見学。石窟内部は、撮影禁止・・・
  7. 専用バスでバーチャルセンターに戻る

 

だいたいこんな感じですが、こんな厳格でかつ高飛車(??失礼)な遺跡も珍しいですね。莫高窟には735の石窟があり、そのうち一般に公開されているのが40。これはいいんですが、そのなかのどれを見たいかの選択権が観光客の側にないとは。

私などは、学がないので、おそらく、どの石窟を見ても、「すばらしい」の一言で終わるんだろうけど、歴史マニアのような人は、○○窟が見たいとか希望があるだろうに、歯がゆいことでしょう。

とはいうものの、石壁に掘られ並ぶ石窟の姿は神秘的であり、今回の旅の楽しみの一つでありました。ちなみに、チケット代は200元(3,200円)です。

これが、莫高窟数字展示センター(バーチャルセンター)です。

莫高窟数字展示センターの2本の映画

チケット売り場。しかし、チケットは完全予約制で、さきほどの市内の「チケットセンター」で手に入れています。この施設は何のためにあるんだろ??

 

バーチャルセンター内部。前を行くのがガイドさん。

そういえば、今日はあさからコーヒーを飲んでない。ていうか、日本を出てから、一杯のコーヒーも飲んでません。(蘭州ではコーヒーとコーラを間違えられたからね笑)

ガイドさんにお願いして、コーヒーをオーダーしてもらいました。

ついでに、コーヒーって、中国語でなんていうの?と聞くと、「カフェイ」。私の発音がなってないんだね。

冷たいアイスコーヒーで生き返り(外はけっこう暑くなっています)、映画を見に行きます。

さて、まず1本目の映画。翻訳機を渡されます。

大したことないだろうと、タカをくくっていましたが、すごい映像です。一瞬「レッドクリフ」かと思ったほど。内容も、シルクロードの歴史をわかりやすく解説したもので、私としては大満足でした。

2本目の映画は、別の部屋に移され、プラネタリウムのようなスクリーンに、石窟の説明を映し出す映像。こちらも迫力満点でした。

専用バスで莫高窟へ移動

さて、2本の映画を見たところで、専用のバスに乗車して、いよいよ莫高窟に向かいます。

バスは、砂漠の中の1本道をひたすら走ります。

30分ほどで、莫高窟の入り口に到着。

水が流れていない川を、橋で渡ります。

あれも石窟の一部かな。

水が流れることもあるんだろうね。

 

先行グループのツアー。あんなふうにまとまって見学するんですね。

チャイナドレス?の日本語ガイドさん

さて、勝手がわからないので、ひたすらガイドさんについていきます。

ここで、ガイドさんが交代。朝からずっとついてきてくれたガイドさんは、休憩室で休むそうです。

これ、並ぶのかな、と身構えてしまったけど、外国人は、専用ガイドさんが、ファストパスのように案内してくれるようです。

 

莫高窟を案内してくれる日本人相手のガイドさんは、チャイナドレス(石窟ガイドさんの制服だと思う)を纏った日本語堪能な女性でした。

この方です。最初は、グループは私1人でした。各石窟には、厳重に鍵がかけられています。

2番目の見学が323窟。ここで、日本人のご家族3人と合流。私を含めた4人のグループが出来上がりました。

内部の写真が撮れないので、うろ覚えですが、壁に描かれたモチーフがはがされた跡がありました。全体を削り取るならわかるけど、薄くはがすという発想がすごい。

  

石窟の中で、詳しく説明をしてくれては、次の石窟へ案内してくれるガイドさん。1日何回くらい回るのかと質問すると、多いときでも3回。最近は、日本人観光客が減って、回る回数も少なくなった、と残念そうに話してました。

石窟は上のほうにもあります。石段や木の柵は、後になって作ったものですが、当時は石壁が階段状に掘られていたそうです。

 

世紀の大発見 莫高窟 17窟

これが、「地球の歩き方」にも20世紀最大の発見とも書かれている16窟と17窟のある蔵経洞。

この16、17窟は、幸運にも入ることが出来ました。

内部が撮影禁止なのは残念なことですが、中はとても広く、ひんやりとした空気に包まれています。

この入り口は16窟のもので、このなかの北側の壁に小さい窟があり、それが17窟。この17窟から4万点以上にのぼる経典や仏教画などが発見され、敦煌の莫高窟が世界的に有名になったとのこと。

それらの発見物「敦煌文書」は、主に欧米の探検家によって持ち出されてしまったようですが、日本人の探検隊によっても数百点が持ち出され、日本の博物館内に展示されているらしい。(と、女性ガイドさんと、同じグループの日本人の方が話していました。)

この蔵経洞の中に、なぜ4万点以上の経典が眠っていたのかについては、まだ解明されていません。

16、17窟の前で、日本の方と雑談する女性ガイドさん。内部の画像がないのは残念ですが、壁に描かれたモチーフといい、それぞれ表情の異なる仏像といい、素晴らしかったです。

石窟の回廊を歩く

16、17窟は石窟の北の端にあります。女性ガイドさんについて、南に向かってゆっくり回廊を歩きます。 

中国人グループの一団。

  

本日の来場者数は何人くらいなんだろう? 多いときは、1日6000人を超える日もあるそうですが。

 

次はどこなんでしょうね。

石窟の中に入らなくても、外観だけでも雰囲気いいです。

  

石窟内部だけでなく、外壁に描かれているモチーフもあります。

 

空気が乾燥してカラッとしていますが、日差しは強い。女性ガイドさんが、日傘をさします。

 

さて、階段をのぼって2楼に上がりました。259窟です。

詳しくは忘れてしまいましたが、弥勒菩薩様の仏像が、何体か置かれていたように思います。

249窟は壁画が中心。あとで忘れないように録音しておけばよかったな、と思います。

莫高窟のシンボルともいえる96窟が見えてきました。

 

96窟は、9層にもなる楼閣。

中には、34mにもなる大仏がいたはずなんですが、なぜか、あまり覚えていません。

    

南大仏殿の前を横切って、最後の窟を訪れます。

148窟。ここが、最後の見学。中には、涅槃像。つまり、横たわったお釈迦様がいました。

涅槃像は、タイ、ミャンマー、それにラオスでも見ましたが、どこか寝ている姿が違う・・・

それが、こめかみを支える右手の形だと気づき、女性ガイドさんに「タイの涅槃像は、ひじを立ててますよね。こちらの涅槃像は、なぜひじをたたんでいるのですか?」と質問。

すると、「タイは小乗仏教で、こちらは大乗仏教だからです。小乗仏教のほうは、少しお行儀悪く見えちゃいますね。」と言って、笑います。そうなんですか。

それにしても、女性ガイドさんの日本語はすごい。こんなときでも、正確に発音しています。

約1時間の見学が終わりました。ガイドさんと入り口に向かいます。

あらためて、中国仏教、あるいはシルクロードの偉大さを感じとった、莫高窟の見学。

今度は、違う季節にでも来てみたい。そして、違う石窟に入ることが出来るだろうか。

日本人のご家族と別れ、私は女性ガイドさんに出口まで案内してもらいました。

この女性ガイドさん、中国と日本の政情をとても心配していました。子供のころから歴史が好きで、ガイドになったとのこと。敦煌の生まれだそうです。

日本の歴史にもとても興味があって、奈良や京都に行ってみたいと、話してました。

飛天像の下で、ガイドさんと別れます。わかりやすい説明、ありがとうございました。

元のガイドさんと合流。次の目的地は、鳴沙山です。

莫高窟にお別れ。楽しい1時間でした。

 

タイトルとURLをコピーしました