【シルクロード旅行記 #37】カシュガルの夕暮れ 賑わう人民広場

夕方6時半。ようやくカシュガルの町に到着。

都合9時間半の行程でしたが、そのうち、検問や尋問に要した時間は2時間以上。

なにがどうなってるんだか・・

運転手に礼を言って別れます。

9時間半も運転に付き合ってくれて、ありがとう!

暮れなずむカシュガルの町

ホテルの部屋で休憩する前に、ビールを仕入れます。

空気が乾燥しているから、喉がカラカラ。

喀什天縁国際酒店の周囲には、いろんなお店があるので便利。

やっぱり、ホテルは立地に限るよね。

チンタオビールを一杯。グイッと飲み干すビールの旨さ。

9時間半のドライブの後だから、なおさらおいしいです。

さて、一息ついて、町に出ます。疲れてはいますが、カシュガルの夕暮れの姿もみたい。

現在午後7時。カシュガルの日没は夜9時です。子供たちも遊んでいます。

向こうに見えるのが、私の泊まっているホテル。 

ウイグル人の大家族。

 

カシュガルは、人口約70万人。大都会のように感じます。

 

中国の最西端の町で、毛沢東に出会います。

ウイグル人は、毛沢東がどんな人物なのか知っているんだろうか。

毛沢東の像の下で、警備にあたるウイグル人の警官。ほんとに不思議な光景だ。

お腹がすいたので中華レストランを探します。

 

ここでいいかな。

この旅で、はじめてのチャーハン。量は少なかったですが、おいしかったです。

薄暮に染まるカシュガルの町

腹ごしらえして、中華レストランの外に出ると、日没が近づいてました。 

毛沢東もライトアップされます。

中国銀行前の広場もこの通り。

夜も賑わう人民広場

カシュガルというより新疆ウイグル自治区は、標準時の北京時間と、2時間遅れのローカルタイムを持っています。

なので、夜9時でも、ローカルタイムは7時。

この時間になっても、人民広場は人通りが絶えません。

考えてみれば、労働節なので、地元の人ではないのかも。

暮れなずむカシュガルの町を一通り散歩して、ホテルに戻りました。

手元には、さっきビールを仕入れた酒屋で手に入れた「楼蘭ワイン」。

このワインは、ほんとに不思議な飲み心地。日本でも売ってるのかな。

不思議なことばかりの新疆ウイグル自治区ですが、「楼蘭ワイン」の深い渋みが、旅の疲れとともに抱擁してくれるような気がします。

さて、明日は、丸一日、カシュガルの街を散歩です。

考えてみれば、街を丸一日散歩するのって、この旅に出てはじめてのこと。

シルクロードらしいモスクや史跡もたっぷりありそうなので、楽しみです。

タイトルとURLをコピーしました