【シルクロード】2日目(その3) 中国 列車の旅 寝台列車で敦煌へ

さて、これから、列車に乗って、シルクロードのオアシス都市 敦煌へ向かいます。

敦煌は、ぜひとも行ってみたかった町の一つ。

蘭州から敦煌までは1,133キロ。ふつうなら飛行機で移動する距離ですが、ここはシルクロード、やはり列車で地を這って進みたい。

寝台列車の旅なので、景色の半分は闇となってしまいますが、なんとなく距離感はつかめるでしょう。

実は、蘭州から敦煌の間には、「張掖」「酒泉」「嘉峪関」といったシルクロード都市があります。もちろん行ってみたいですが、今回は涙をのんで割愛。次回以降の楽しみとします。

「二楼軟席候车室」でのひととき

「蘭州」とは、完全に日本語で、読みは「ランジョウ」。漢字も見てのとおり。

 

駅の中に入ると、売店があるかどうかわからなかったので「超市」によって物色。気に入ったパンとかがなかったので、何も買わずに出ました。ちなみに、「超市」とは、スーパーのこと。わかりやすいね笑

 

さて、厳重なセキュリティを通って、駅の中に入ります。荷物検査だけでなく、パスポートとチケットに記載されたパスポート番号を照合する徹底ぶり。

チケット持ってない人は、見送りの人も入れないのかな。

無事に駅の中に入れました。敦煌行きの列車の出発時刻まで2時間近くありますが、中国の長距離列車は、列車ごとに待合室が決まっています。

私が乗る18:03発 敦煌行き Y667列車は、「2楼第3候车室」です。つまり、2階の第3待合室ということですね。2階が2楼なんて、中国語もかっこいいよな。

 

エスカレータで2楼に上がり、第3ルームはこちらですか。

第3待合室に入ってびっくり。この混雑です。土曜日の夕方だし、みんなどこかにでかけるのかな。しかし、さすが中国、どこにいっても人が多い・・

今朝、中川空港で引き換えた敦煌行き列車のチケット。

このY667列車は、蘭州から敦煌へ行く列車の中では優等列車のようで、通常の2等寝台(硬臥)、1等寝台(軟臥)のほかに「新空調高級軟臥」と呼ばれる特別室があります。

一晩寝るだけで、とくにどうということもないですが、シルクロード最初の夜なので、奮発しました。蘭州⇒敦煌で、硬臥4,100円、軟臥6,200円に対して、高級軟臥は11,400円と多少値は張りますが。

チケットをよく見ると、待合室のことまで記載されています。「二楼軟席候车室」とあります。専用の待合室があるんでしょうか。

そうじのおじさんにチケットを見せてたずねると、「こっちだよ」と教えてくれました。エスカレータをあがった目の前に、軟席チケット保有者専用の待合室があったんですね。

おじさんは、鎖をはずしたりして、一般人は入ってはいけないようなところを通り、私を案内してくれました。VIPになった気分。

ところが待合室の中は、殺風景。シートがふっくらしているだけで、タバコも吸えないというのは、中国人にとっては有難くない?

ま、ノースモーカーの私にとってはいいですが。

やることもなく、ひたすら座って、発車時間を待ちます。

ここ蘭州は、今も昔も交通の要所。

敦煌行きのほかにも、チベットのラサ行き、四川省の成都行き。色とりどりです。

 

ところで、つまみを買いそびれました(^_^)

駅の中に入ったら、売店という売店がありません。そんなこと、中国の人からしたら常識なのか、待合室に入ってくる人のほとんどが、車内で食べるパンやつまみ、お酒などが入ったビニール袋をさげています。

こりゃ失敗した・・ 食堂車があるでしょうから食事にはぐれることはないとは思いますが、パンとかポテトチップ、それと水などの飲み物も欲しかった。そう考えると、なんだか喉まで渇いてきた。

 

通りかかった、50歳くらいの小太りで年配の女性職員に、「売店はないのですか?」と筆談(ていうかスマホの翻訳アプリ)でたずねます。すると、一般用の待合室の奥に何かある、みたいなことを身振りでいいます。

では、さっそく行ってみるか、と荷物を引っ張ろうとすると、もう一人の職員に荷物を見張らせて、一緒についてきてくれました。なんたる親切な・・・

売店は、キオスクのような小さなもの。そして、3等車の客でとても混んでましたが、ここでも女性職員が、私の代わりに割り込んで会計を済ませてくれました。言葉もできない日本人が情けなそうにウロウロしてると、ときおり受ける中国での親切です。おっかさん、ありがとう!

手に入れた水とパン。今夜の非常食です。

再び待合室に戻ります。スマホ社会の中国では、充電施設は欠かせませんね。

 

ようやく、改札が始まりました。さっきの、おっかさんにお礼を言って、プラットフォームに向かいます。

 

Y667列車「敦煌」号で蘭州を出発

いよいよ、シルクロード奥地に向かいます。まず、めざすはオアシス都市 敦煌です。

蘭州の人が敦煌に行くときは、みなさんこの列車を利用するらしい。なので、中国の列車にしては珍しく「敦煌号」と愛称がついています。

私の乗る高級軟臥は10号車。

濃緑色の車両にキリッと立つ女性服務員。かっこいい・・

 

なんだ、プラットフォームにも、物売りさんがいたんじゃないですか。

食べ物の心配は、全然いらなかったですね。

10号車の「新空調高級軟臥室」に入り込みます。

 

2人用のコンパートメントです。1人用だったらいいのにな・・・

実は、この車両、3年ほど前に、西安から南京まで乗ったことがあります

室内にトイレがあるのも見覚えがあります。でも、どうせなら、トイレよりもシャワーがいい。

私のチケットには、上段とあります。ということは、下段に誰か相客が来るということですね。

1人で占領できなかったことにがっかりしながら、ベッドに座っていると、入ってきたのがなんと日本人のおじさん。

私が挨拶しても、なにかブツブツいいながら、返事もしてくれません(笑)

はるばる敦煌行きの列車に乗って、相客が愛想のない日本人。笑える・・・

しばらく、通路に出ていよう。

  

もうすぐ発車です。ちなみにこの列車、敦煌に行く乗客用のダイヤなので、途中、2つの駅にしか止まりません。敦煌まで12時間半の旅ですが、どこかそっけない時刻表です。

蘭州18:03
張掖23:34
嘉峪関1:49
敦煌6:30

1,133キロを12時間半ですから、平均時速約90キロですね。

 

定刻に発車です。蘭州駅を出ると、すぐに駅の南側にある、五泉山公園が目に入りました。

水のない黄河の支流?

列車はゆっくりと、蘭州市街を走ります。

女性服務員が何人も乗っています。そのうちの一人が、私のチケットを回収して、カードに引き換えていきました。

これは、中国の列車ではおなじみの光景。チケットには、姓名やパスポート番号(中国人の場合は日本で言うマイナンバー)が記載されているので、きちんと本人が乗車しているかチェックしてるんでしょうか。

 

蘭州西駅に着きます。中川空港から来るときも通った、新幹線の駅。ガランとしています。

と、思ったら、前方の一角は人でいっぱいでした。

 

私の部屋には、どこか変なおっさんがいるので、帰りたくありません(笑)

食堂車にでも行ってようか・・

食堂車から眺める「河西回廊」の風景

中国の列車、食堂車はたいてい軟臥車の隣に連結されています。すでに先客がちらほら。

 

食堂車の窓から眺める蘭州郊外の景色。

あれは、チベット寺院でしょうか。そんな形をしています。

混みはじめて、なかなかオーダーをとりに来てくれませんが、それがありがたい。ここで夜まで過ごしたいです。

列車に沿っているのは黄河でいいのかな。

 

黄河の周りにも、いろんなものを造ってますよ。

 

時刻は19時になろうかというところ。中国は、基本的に北京の時間に合わせるので、西に行けば行くほど、日の入りが遅くなります。私のような旅人にとって、日が長くなるのはうれしい限り。

みなさん楽しそうに談笑しています。このあと、私の目の前にも、中国人女性が座りました。

列車は満席に近い盛況のようですが、食堂車が満席になることは、今までの経験からありません。みんな、持ち込みか、車内販売で済ませるんでしょう。車内販売は、ひっきりなしに往来しています。

 

まだ、注文をとりにきません・・・

よくやく、メニューをもらえました。

ウエイトレスも1人だから大変だよな。さて、何にしようか。

定番の回鍋肉とビールにしました。ビールはバドワイザーが出てきてびっくり。ビールって、ひょっとして5元?  だとしたら80円。激安です。

ビールを飲みながら、黄河に架かる橋を眺めます。

日本では、こうやって景色を眺めながら、お酒を飲む機会って、ほとんどなくなっちゃったよね。

やっぱり、中国の列車の旅は最高です(^^)

おや、黄河を渡るのかな?

おお、中国の奥地にいることを感じさせない川幅です。

  

高速鉄道も見えます。ちなみに、あの高速鉄道は、ここからはるか西のウルムチまでつながっています。

 

待ってました! おいしそうな回鍋肉です。

ご飯はいまいちだけど、ネギがシャキシャキした回鍋肉。

食事しながら眺める「河西回廊」の風景。

赤茶けた大地に樹木が映えます。

久方ぶりに町が現れました。

再び郊外へ。

山峡に差し掛かったという感じです。

 

食事が終わって、ビールをもう1本追加。

列車は、ほとんど揺れません。気持ちいいほどに、快く流れるように走ります。

お、またチベット寺院のようなほこら。

新幹線の線路とくっついたり。

小さい流れを渡ったり。

列車は時速100キロ以上で走り抜けていきます。

また町が現れました。

ビールもう1本追加。景色が刻々と変わる食堂車は、ほんと居心地のいい空間です。

蘭州を発車してから、はじめての町らしい町。

 

天祝という駅でした。列車は、そのまま通過します。蘭州から145キロの地点です。

日暮れの遅い「西域」にも夕闇がやってきました。

ほろ酔いで眺める「河西回廊」。

夜21時近くになって、宴会で盛り上がっていた連中も引き上げています。

 

私も、そろそろ引き上げましょう。

昨夜だって、ほとんど眠ってないし、明朝は6時半に敦煌駅に着いたら、そのままガイドが迎えに来て、陽関などを回るんです。

寝不足は大敵です。

部屋に戻ると、相客のおっさんはスマホいぢりに余念なく、私が入っていっても、顔も向けません(笑)

持ってきたwifiにつなげると、今はこのあたり。

さて、ベッドに寝っ転がって、ワインでの見直し。このワインは、何の変哲もない、日本から持ってきたボルドーです。

明日の予定を確かめて、就寝です。おっさんは、まだ起きてるのかな。電気ぐらい消してくれてもいいのに・・・  まいっか。

タイトルとURLをコピーしました