【シルクロード】4日目(その1) 爽やかな敦煌の朝

朝7時半に起床。日本から持ってきたコーヒーを淹れて、西域路を見下ろします。

旅に出て、ホテルで目を覚ましたときの感触は、何ものにも代えがたいです。

本日の移動スケジュール

日付移動手段スケジュール移動距離料金

4/29

(月)

バス

敦煌13:00 ⇒

           柳園南16:00頃

120km約560円

列車

D2703

柳園南16:30 ⇒

          トルファン北 20:03

633km

約3,100円

※2等車

地図を広げて、本日のスケジュールを確認。

かつては、甘粛省の敦煌から、新疆ウイグルのトルファンに行くには、丸1日がかりでした。それが、現在では7時間ほど。高速鉄道が、それを可能にしました。

おかげで、本日の午前中を、敦煌の町歩きに充てられるんです。

しかし、敦煌からトルファンまで7時間。三蔵法師が聞いたら、なんと言うだろう・・・

「金斗雲を使うんじゃありません!」だったりして(*^_^*)

朝の敦煌の風景

まずは、ホテルのレストランで朝食です。

 

朝食付き1泊6,000円ではこんなものですね。

 

さっそく、カメラを持ってホテルの外に出ました。

暑くもなく、寒くもない、最高のコンディション。爽やかな敦煌の朝です。でも、舗道を走ってくるバイクには注意しないと。

朝9時です。夜が明けてから1時間。町の活動も開始したみたいですね。

まずは、鳴山路に沿って、ブラブラと。この道を反対に行くと、昨日登った鳴沙山です。

 

ATMがあったので、軍資金を調達します。銀聯の文字しかなかったので、ダメかな、と思ったんだけど、中に入ったらVISAのマークのあるATMがありました。

中国人は、基本的に買い物は銀聯、アリペイ、ウイーチャットペイ、をスマホで行うんだろうけど、日本人は、それを利用できません。なので、一定の現金を持ち歩く必要があります。

細い路地に入ってみます。

 

生活感を感じとれる路地を歩くの大好きです。

「幸福人家」っていい名前ですが、なんだろう?

このへんが敦煌の旧市街。安宿もあるみたいですね。

「糖烟酒」とアプリで翻訳したら、「砂糖とタバコ」。やっぱり、中国語って難しい。

中国の町は、それこそものすごい勢いで発展していて、たとえば蘭州でさえも高層ビルが林立していました。

敦煌には、それがない。

敦煌の人口は約20万人。昨日のガイドさんも言ってましたが、訪れる観光客の数のほうが圧倒的に多く、若者の多くは観光業に就職するそうで、景気はとても順調であるらしい。

敦煌の見どころは郊外にあって、また町にしても清の時代に出来たものなので、古代からの旧市街と言うわけではありませんが、オアシス都市を感じさせるひなびた町並みは、景気の良い悪いにかかわらず、ぜひとも残してもらいたいものです。

 

あてもなく、細い路地をさまよっていたら、沙州南路に出ました。

そして、飛天像のあるロータリー。

朝の柔らかい光で見ると、ますます美人に見えますね。

轟音がしたと思ったら、散水車です。私は特に気にはなりませんが、空気中に鳴沙山の砂が飛び交っているんだと思います。町行く人のほとんどがマスクをしています。

  

今日の最高気温は23度。最低は9度。今は15度くらいかな。過ごしやすい、4月下旬の敦煌。

八百屋さん。

沙州南路から沙州北路へ歩いていると、公園に出ました。

何かの体操? 踊りの練習? みんなマスクしてるので、少し不気味。

ダンスの練習ですね。民族音楽?にのって、みなさん楽しそうにダンスしています。でも、今日は月曜日。平日の朝だよ。

シルクロードゆかりの人物像(だと思う)の前で、談笑する敦煌市民。    

 

公園を出ると、露天が広がっていました。

雨はほとんど降らなくとも、水源が保たれている証明ですね。

 

ふたたび旧市街の中を散策。

旧市街とはいっても、町が作られたのが清の時代。ということは2~3百年前の町並みというとこでしょうか。

 

でも、この石壁に石畳。雰囲気あります。

 

町の西のほうへ歩きます。

敦煌の母なる河 党河

敦煌市街の西側を流れるのが、この党河。月牙泉のように湧いて出たものではなく、祁連山脈から流れてくるもの。

 

河岸は市民の憩いの場にもなっているようです。

夜はライトアップされるのかな。昨夜、夜市のあと寄ってみればよかった。

愛国とはいい言葉です(笑)

党河に鳴沙山。これは、間違いなく中国の風景。

党河に架かる橋?ではないな。

こうやって、ふつうに市民も河の両岸を行き来してるんですね。しかし、狭い。

河上のテラスへの道も、スリルに満ちています。

けっこう狭いです。それに、水量が上がったらどうするんだろ? 

対向車じゃなく、対向者が来ました(笑) すれ違うのも一苦労。

 

党河の周囲は、楽しいレクレーションに包まれているようです。

 

これは、莫高窟の模写ですね。

復元すると、こんな感じになるのでしょうか。

この不気味な絵。いちおう飛天なんですね。320窟は、昨日入らなかったな。

 

のんびり散策しているうちに、11時半。12時にはホテルを出たいので、もう戻りましょう。

3時間ほど、敦煌の町を歩き回って、ホテルのロビーで休憩。

すると、女性スタッフが、冷たいお茶を持ってきてくれました。

「敦煌天润国際大酒店」。立地もサービスも最高のホテルでした。

タイトルとURLをコピーしました