10連休前夜 羽田空港から出国 ANA最終便で上海へ【シルクロード旅行記 #1】

10連休の前日。

世間は、やれATMの紙幣がなくなる、やれ株式相場はどうなる、やれ行楽地への渋滞のピークは? と大騒ぎのようです。

天皇陛下がくれた10連休。私は、天皇陛下に感謝しながら、日本を離れます。

 

中国 西域への旅。シルクロードだぜぇぇぇ!!

 

久しぶりに、出かける前に武者震いで身体がゾクゾクする旅立ちです(^^)

中国本土へのフライトスケジュール

 日付航空会社便名フライト
往き4/26(金)ANANH967羽田22:30 ⇒ 上海浦東0:35
帰り5/6(月)ANANH960上海浦東17:05 ⇒ 成田21:00

2019年の10連休は、4/27(土)から5/6(月)までですが、私はその間フルに中国大陸にいるつもりで、10連休前夜、つまり4/26(金)の夜のフライトを狙い、1年少し前、航空券が売り出されると同時にゲットしました。

キャンセル不可、変更不可のチケットで、4万円とちょっと。もし、思惑通りに10連休にならなかったら、片道分は捨てる決死?の覚悟でのゲットでした。

10連休ともなれば、国内旅行はおろか、海外旅行だって、悠長にしていたら、とんでもなく旅費が高騰するでしょう。

10連休中はずっと中国にいれば、交通費その他は、いわゆる10連休価格にはならないという計算です。

ところで、旅立ち初日の今夜。深夜のうちに上海に渡り、翌朝7:40のフライトで、シルクロードの入り口蘭州に飛ぶ予定です。

であるならば、今夜の上海のホテルは予約を済ませておくべきですが、それをしていません。

というのも、蘭州へのフライトが上海航空の便で、出発空港が上海虹橋なんですね。

上海浦東と上海虹橋は、まさに羽田と成田の関係と似ていて、バスや地下鉄で1時間半から2時間ぐらいかかります。

ということは、上海浦東に0:35に着いて入国手続きを終えて1時。すぐに交通手段を拾えたとして、上海虹橋空港に着くのが2時半。

フライトが7:40ですから、5時半ぐらいにチェックインと考えると、3時間しか滞在時間がなく、それで、1泊の宿泊代は馬鹿らしい、と思ってしまいました。

馬鹿らしいと思うのは勝手ですが(笑)、果たして、

  • 空港のベンチなどで仮眠をとる場所はあるのか
  • 今回は到着が深夜。そんな時間に、浦東と虹橋を連絡する交通手段があるのか。

このあたりに、多少の不安を抱えながらも、10連休前夜の金曜日。羽田空港に向かって出発です。

10連休前夜 賑わう羽田空港

連休前の渋滞が怖くて、京急で羽田空港入り。22:30のANA便は予定通りのフライト。

なんてったって、10連休の前夜なんです。当然のように羽田空港は激混み。

報道機関のカメラも、何台も来ていました。

オンラインチェックインは済ませてきましたが、荷物のドロップアウトで30分近く並び、チケットをゲット。

ANAは、スマホのQRコードだけで乗れるんだけど、飛行機は何度乗っても、チケットは記念になります。

しかし、上海への乗客は少ない?

保安検査場も激混みだった羽田空港ですが、142ゲートに向かうころには、ガラガラ。

中国方面への旅客は少ないってこと?

搭乗がはじまります。旅立ちは、何回経験しても、身震いします(笑)。

しかも、今回は、11日間も日本を離れる。そして、帰ってくるときは「令和」。

そんなときに、日本にいない私は非国民かな・・・

驚いたことに、機内は満席ではありません。連休前夜とは思えない。

私の隣も空席。その隣は、中国人のお姉さん。

11日間の旅も、まずは上海までのショートトリップ。約3時間のフライトです。

旅立ち直後の楽しみは、なんといっても機内食。機が瀬戸内海上空に差し掛かるころ配られました。

当分和食にお別れ? おいしいANAの機内食

おいしいANAの機内食。天丼かな?

お腹いっぱいになって、ワインも飲んで、順調な旅立ち。

今夜は徹夜になるかもしれないから、短いけどぐっすり眠ります。

そして、機は上海浦東へ。

中国大陸です。上海の沿岸部なので、灯りはそんなに多くはありません。

しかし、胸は昂ぶってきました。

これから、いよいよ10日間にわたるシルクロードの旅のはじまりです!(^^)!

 

タイトルとURLをコピーしました