「絶景」は見に行くものではない 思いがけずも出会った日常が「絶景」になる

この地球上には、どれほどの「絶景」が存在するのでしょうか。

「絶景」の定義は難しいところですが、思いがけずも旅先で目にした「日常」も「絶景」の類にはいると私は思います。

そう考えると、この世界に「絶景」は無数にある。

そうなんですよね。

旅人にとっては、「絶景」は見に行くものではなく、出会うものなんですよね。

その私が、私の基準で「絶景」と感じた「日常」を、訪れた順に紹介させていただきます。

 

しろうとフォトグラファーが撮った写真なので、「世界の絶景TOP10」のようなサイトとは、比較しないでください(笑)

 

サラリーマンの身として、時間とおカネを工面して出会えた「絶景」は、一生の思い出になります。

願わくば、日々仕事に身を削っているサラリーマンやOLの方々も、この写真で、そこに行った気になってくれたら、とても嬉しいです。

 

というわけで、新しい場所を訪れるたびに、本ページは更新していきますので、ぜひ楽しみにしてください。

アムール湾の眺め:ウラジオストク(ロシア)

はじめての海外一人旅で、シベリア鉄道を乗りとおすつもりで立ち寄った街ウラジオストク。

2004年に撮った景色だけど、この美しさは、今も変わらないでしょう。

実は、パスポート滞在登録未了で、おっかなびっくりだったんですけどね。

 

泊まったホテルの窓からも。

自分の部屋の窓にしたくなる景色でした。

このとき泊まったホテルは、あれから16年たっても健在のようです。

 

シベリア鉄道の車窓から:モゴチャという町

冬に訪れたら、どんな表情になっているんでしょうか。

シベリアのど真ん中の集落です。

 

こちらは、モゴチャを発車して、ジロヴォとチェルヌイシェフスク・ザバイカルスキー間の絶景。

この鉄道を敷いた流刑者たちは、どんな思いでこの景色を見つめていたんだろうか。

 

シベリア鉄道の車窓から:バイカル湖

旅が好きな人間としては、バイカル湖の名前は、子供の頃から知っていたし、実際に目にすると、感動してひっくり返りそうでした(笑)

 

シベリア鉄道の車窓から:駅頭風景

シベリア鉄道の楽しみ方は、各駅で展開されるロシアの人々の生活風景にあるといっても過言ではありません。

赤の広場:モスクワ(ロシア)

生まれてはじめてヨーロッパの地を踏んだのが、このモスクワ。

私の目には、ほんとうに絶景に映りました。

清水断崖:台湾・花蓮

清水山が2407mあり、その頂上からわずか4キロで海に没するほどの断崖。

海が南国の色を醸しだしているだけに、よけいに凄みを感じます。

ここに行くには、花蓮の街からタクシーをチャーターしたほうがいいです。

私は、花蓮のホテルで、タロコと合わせて1日チャーターとしました。

 

太魯閣峡谷:台湾・花蓮

下は断崖200m。上は絶壁800m。ものすごい断崖絶壁です。

 

マーライオン:シンガポール

絶景としていいのかどうか(笑)

でも、有名な場所なので、絶景にしましょう。観光客を入れないように撮れた自分に拍手。

 

トプカプ宮殿&ボスポラス海峡:イスタンブール(トルコ)

トプカプ宮殿は、イスタンブール旧市街の世界遺産の一角ですが、それよりも、この場所です。

この場所から見えるボスポラス海峡は、本当に一見の価値あり。

 

続きは、次回の更新までお待ちください。

タイトルとURLをコピーしました