ツアー2日目 グアナヤラ公園 亜熱帯の自然【メキシコ&キューバ旅行記 #20】

今日は、グアナヤラ公園というところでトレッキングを楽しむ日程。

そして、サンタ・クララという街に寄り、本日中にハバナへ戻る強行軍。

昨夜は、しっかりと眠れたので、最高の目覚め!

旅も6日目に入りましたが、相変わらずの疲れ知らず。

リゾートホテルの朝

00008119

早く目が覚めたので、ホテルの周りを散歩します。

00008123

考えてみれば、今回の旅は、ホテルに深夜到着とか、未明に出発とか、そんなのばっかり(弾丸旅行なので仕方ない・・)だけど、昨夜はふつうな時間に寝て、今朝もふつうの時間に起きられた。

私は基本的に、旅の道中では昼寝は絶対しないので、夜の睡眠時間確保は、快適に旅をするキーポイントとなります。

7時になって、朝食の時間。レストランに足を運びます。

00008120

私の場合、ブレックファストにオムレツは定番。
自分でも作れるようになりたいな・・・

00008318

オムレツ、それにお米がおいしい。これは、どこのお米?

00008122

満腹して、幸せを感じながらレストランを出ると、ダンプ型バスが停まっていました。
まさか、今日のトレッキングは、これで行くとか?

00008124

さて、チェックアウト。
トレッキングに備えて、水を1本買っておきましょう。

00008125

水が1CUC。おつりが9CUC。3CUC紙幣もはじめて見ました。
なんか、日本の物価とそんなに変わらないから、わかりやすいけど、やっぱり高い・・

00008126

おお、ほんとにダンプで行くみたいです。
ガイドさんが、我々を2組に分けてます。

00008127

最前列ゲット!
それにしても、年代モノのトラックだ。

00008131

トレッキング・ツアーに出発

いざ、出発!

00008129

00008130

ここがサンタ・クララって、わけではないですよね。
サンタ・クララは、今日の夕方に立ち寄る街です。

00008132

峠の頂上という意味でしょうか。

00008135

前のトラックに、ついていきます。
道も悪いし、振動がすごい・・・

00008138

現地の子かな。

00008139

乗り心地は悪いけど、オープントップバスのような開放感。

00008140

00008150

どんどん山に分け入っていきます。

00008144

寄りかかっている壁は木の板。ミシミシいってるし、体重かけたら壊れそう。

00008145

橋のガードレールも、あるのかないのかの高さ。

00008147

グアナヤラ公園の看板が出ました。もうすぐですね。

00008149

ガイドさん曰く、小学校らしい。みんな陽気です。

00008153

ホテルから1時間ぐらいかかって、公園の入り口に到着。

00008156

PARQUE  GUANAYARA 国立公園のトレッキング

となりにいたイギリス人に軽く聞くと、この公園は、キューバでも手軽に滝や川遊び、トレッキングができる国立公園として、有名なのだそうです。

00008160

この公園の専門ガイドさんが、本日の行程を説明。
「3キロぐらい歩きますよ~」「みなさん、水は持っていますか~」などと言っています。

英語はネイティブより、スペイン人がしゃべるほうが理解しやすいな。

たぶん、私と同じように、カタコトで杓子定規に話すからでしょう(笑)

00008159

さあ、出発です。

00008161

はじめに農園の中を歩きます。
ガイドさんが、「これは、〇〇コーヒーだ。」とか説明しています。

00008164

へえ、コーヒー豆をこんな風に見るのはじめて。
とても、これが、あの香ばしいコーヒーになるとは思えないんですが。

00008170

こちらはバナナ。

00008166

バナナの下の赤いのは何だろう?

00008167

めずらしい植物や農産物が目に止まります。

00008171

ガイドさんに言われて、食べてみましたが、こりゃいったいなんだ?

00008172

先へ進みます。

00008165

オジギソウ。ガイドさんはsleeping・・・とか、言ってました。

00008174

いよいよ、森の中深く入ります。
ところで、前を行く女性は、亜熱帯の森の中で肌出しすぎじゃない??
ナミみたいな人だね(笑)

00008175

けわしい山道をひたすら下り・・・

00008176

滝に出ました。

00008177

00008178

滝のほうに行くには、これを渡る必要があります。ちょっと怖い・・

00008180

けっこうな高さ。

00008182

エルリコの滝と呼ぶそうです。

00008184

ラテン系の人はほんと陽気。けっこう濡れるんだよ。

00008185

さらに下ります。へえ、竹やぶですか。

00008187

なんか、いっぱい落書きしてある。日本語はみあたりませんでした。

00008188

とにかく下る下る・・・
帰りは、この逆を登るんじゃないよね、と少し不安になります。

00008189

さっきの滝の水。綺麗です。

00008190

こんな橋をいくつも渡ります。

00008192

これが、「泳げる」という「鹿の池」かな。

00008197

みんな、盛大に泳いでます。

00008196

ちなみに、ここに来るまで約2時間。汗だくです。
いちおう水着は持ってきましたが・・・

00008198

更衣室がごったがえしてるので、足水だけにしました(^^)v
それでも、冷たくて気持ちいいです。

00008201

そして、スプライトのようなジュースで一服。
運動後の水分補給は、ほんとうに旨い。

00008203

池の場所によって、水深が違うみたいですね。

00008206

さらに森の奥へ。

00008207

ずっと、虫の鳴き声がしています。
自然と戯れる、トレッキングも楽しいものですね。

00008209

「大丈夫~」という感じで見守るガイドさん。
離脱者がでないように、実は最後尾にもサポート君がいます。

00008210

トータル3キロ。ずっと下りだったとはいえ、山道です。さすがに疲れました。
ここがランチを食べる場所かな。

00008215

そのまえに、カクテルをふるまってくれるみたい。

00008216

ジンのような、おいしいカクテル。

00008217

標高が高いからか、吹き抜ける風は気持ちいい。

00008219

ガイドさんが飲み物のオーダーをとります。
今までの例だと、お酒も含まれているようなので、やっぱりここはビールでしょう。

00008320

冷えてるキューバのビールが、喉を潤してくれます。
しかし、飲んべえは、私を含めて3人くらいだったかな(笑)

00008321

肝心の食事はこんなもん?

00008319

チキンがメインディッシュですか。

00008322

お腹すいてるので、おいしくいただきます。
お米もけっこうおいしいです。

00008323

池を眺めながら、食後の休憩。

00008220

さあ、バスを待たせてるホテルまで戻りますか。

ていうより、トラックが、先回りしていてくれてよかった。もう歩く必要ありません。

00008221

グアナヤラ公園のトレッキングでした。

00008222

じゃ、出発ね。人数揃ってる?

00008224

トラックは、もうもう土煙を上げながら進みます。

00008227

下り坂では、けっこうスピードが出るので、ちょっとしたスリル。

00008229

サンタ・クララは左だけど、置いてあるバスは右。

00008231

ちょうど、この交差点で店を開いていたくだもの屋さん。

00008232

あの赤いのは、バナナの下にあったやつだね。

00008233

トラックの運転席。すべて手動、足動のようです。最新の装置などなし。

00008236

バス停でくつろぐ夫婦?親子?

00008237

ホテルまで戻って、昨日丸1日お世話になったバスに乗り込みます。
現在14時。サンタ・クララを経由して、ハバナに着くのは22時ごろとのこと。

00008241

今さらだけど、「音なし」の旅であるのが、ちょっと辛い・・・

タイトルとURLをコピーしました