バラナシの散歩 ガンガー沿いのガートめぐり【インド旅行記 #7】

たった2時間ほどガンジス川を眺めただけで、何を言うか、と言われそうですが、ほんとに深い世界です。

大げさな言い方をすれば、地球には、本当にいろんな場所があるんですね。

私は、インドが22カ国目の新参者ですが、素直に感心してしまいます。

「SITAゲストハウス」屋上のブレックファスト

ホテルに戻ってきましたが、朝ご飯いただいたら、また街に繰り出しましょう。

バラナシの街、来てよかった~

00003499

このSITAゲストハウス。設備はたいしたことないんですが、
部屋からも、ガンガーの流れが見えるんです。

なんか、長逗留する人がいっぱい出てくるの、わかるような気がするなあ。

00003500

雨季にも来てみたいね。

00003498

さて、部屋にしっかり鍵をかけて、屋上のルーフテラスへ。鍵が、少々心もとないですが・・

00003497

朝食は宿泊代に含まれてないので、300ルピーのコンチネンタルブレックファストをオーダー。

00003502

屋上からの眺め。いい眺めです。

00003503

00003504

太陽が出てきて、気温もぐんぐん上がってきました。

00003505

お、また野生の猿が。

00003506

甘さたっぷりのミルクティ。

00003507

ガンガーを眺めながらの朝食は最高でした(^^)v

00003508

レストランの客は、ほかに1組だけ。
後でわかったんですが、なにもホテルで食べなくても、周りには、安いブレックファストを出してくれるお店がたくさんあります。

00003509

この時間から、沐浴に来る人もいます。

00003510

ガンジス川沿い 次々と現れるガート

さて、部屋に戻って、カメラバッグだけもって散歩に出かけます。
まずは、上流のほうに行ってみますか。

00003511

すぐに、久美子ハウスが目に入りました。

なんでも、日本人にとっても伝説のホテルらしいですが、なにも外国に来てまで、日本人同士ベタベタする趣味は私にはないなあ・・

00003512

ポカポカして風もない、ほんとに心地よいガンジス川の散歩。
2月のインドって、季節的には最高なのかな。

00003513

ほんとに、いっぱいガートが連なっています。

「深夜特急」では、ガートからガートへは、川伝いには行けず、路地を抜けないと行けない、という描写がありましたが、川伝いに行けたほうが道がわかりやすくていいから、改修したとか・・・

それとも、乾季なので、歩いていけるとか。

沢木耕太郎さんが歩いたのは、毎日灼熱の日が続いた雨季。
雨季は、ガート沿いには歩けないんだろうか。

00003515

敬虔なヒンズー教徒の方が多いです。

00003516

落書きも多い。

00003517

こちらは、神様へのお祈り?

00003518

ほんとに雄大な景色です。

00003519

00003520

立派な神様の絵。

00003521

クリケットに興じる若者。
しばらく観ていましたが、いまいちルールがわかりませんでした。

00003524

ケーダール・ガート

ここは、「~歩き方」でも紹介されているケーダール・ガート。

00003525

ヒマラヤ山脈にあるケーダールナート寺院と同名にした寺院とのことです。

00003526

賑わいをみせるケーダール・ガートのインド人たち。

00003529

その隣のガート。
ガートの石段が、物干し竿がわりになってます。

00003530

ハリシュチャンドラ・ガート

そして、歩いていくと、私のようなしろうとでも感じる独特の雰囲気。

00003531

薪があるので火葬場ですね。
これは、ガンガー沿いに2つある火葬場のうちの1つ。ハリシュチャンドラ・ガートです。

00003532

もう1つの火葬場は、昨夜に瞥見した、あのガートです。
あちらは、もっと下流にあります。明日にでも行ってみるとします。

00003533

火葬場は撮影厳禁。
でも、この辺からなら撮っていいよ、と近くのインド人に言われて撮りました。

00003535

火葬場近くの子供たち。

00003534

シヴァーラー・ガート

どんどん上流へ歩きます。ここは、シヴァーラー・ガート。

00003537

マハーニルヴァーニー・ガート

そしてその隣、マハーニルヴァーニー・ガート。

00003538

00003539

美しい光景です。

00003540

チェート・スィン・ガート

城砦が見事です。18世紀の藩王チェート・スィンによって建てられたらしい。

00003541

水も綺麗ですね。

00003542

だいぶ上流にまで来たので、もやの向こうに、街の上流にかかる橋が見えました。

00003543

プラブー・ガート

絵画のセンスがすごい。

00003546

だいぶ気温も上がってきた模様。
犬も、日陰を見つけて昼寝です。

00003547

ジャイン・ガート

あの少年たちは、釣りでもするつもりでしょうか。

00003548

2018年もはじまったばかり。

00003550

ジャンキー・ガート

00003552

ガンガーは、ほんとに生活の一部のようです。

00003553

バダイニー・ガート

雨季には、あのあたりまで水かさが上がるのかな。

00003554

お祈りに使うお花ですね。

00003557

トゥルスィー・ガート

00003558

印象的な建物。河原が砂地なのも印象的。

00003559

ここでも、大勢のインド人が沐浴。

00003560

00003561

牛がいて、なにも違和感がない風景ですね。

00003562

対岸まで、ボートで行ってみようかな・・

00003564

00003565

アッスィー・ガート

ここが、最上流に位置するガートなのかな。

ひょっとしたら、小さいガートがまだ、この上流にもあるかもしれませんが、ここが、一応バラナシの上流。

ここからは、街の中を通って、ホテルのほうに戻ってみたいと思います。

00003566

足元に動くものがいると思ったら、リスでした。

00003567

タイトルとURLをコピーしました