エキゾチックなバラナシの夜&「詐欺師」とケンカ(治安に注意?)【インド旅行記 #5】

部屋に荷物を置いて、ホテルを出ると、さっきの男が待ち構えていました。

「詐欺師」とわかりつつ、夜のバラナシの案内をお願いする。

そういえば、この男の素性は、なんなんだろう?

このガンガー沿いのホテル群には、タクシーは横付けできないし、初めてこの街に来た観光客がゴードウリヤー交差点からホテルまでたどり着けるわけがない。

つまり、大通りからホテルまでの特設案内人のような存在なのかも。

当然、タクシーの運転手とは繋がってるだろうし、さっき払った1,000ルピーの中から、こいつに一部支払われてるんでしょう。

私は男に言いました。

私「30分ほど、この旧市街で賑わってるところを案内してくれるだけでいい。いくら?」

男「気持ちだけでいい。」

私「それは、だめだ。値段を決めてくれ。」

男「あなたがハッピーになった分だけ、払ってくれればいい。」

私「FIXされないなら、案内を断る。」

男「わかった、わかった。カネは要らない。」

私「うそつけ!カネがいらないわけないだろ。そういうLIARが、この国にはいっぱいいると、このガイドブックにも書いてある。」

男「ほんとうにカネは請求しない。」

私「だから、ウソはやめてくれ。値段を決めてくれ。」

 

と、こんな感じで5分くらい、やりとりしただろうか。

私が「I will not pay.」「You do not need money, really?」を繰り返し、いちおうカタチだけ了承するので、案内をお願いすることにしました。

もちろん、信じたわけではありません。
最後は、どうせ、いくらかのカネをよこせ、と言ってくるんでしょうから、300ルピーぐらいは払うつもりで、夜の街にGOです。

 

こういう国(どういう国だ?)では、カネはいらないと言っておいて、後から請求するなんて、日常茶飯事。

日本人の人の良さにつけ込むんですよね。

「カネはいらないと言ったかもしれない。しかし、オレは、それ以上の親切をオマエに与えた・・」とか、


「カネはいらないんだ。But、オマエは、あの神様をみて、奉仕したい気持ちにならないか・・」とか、

 

普段だったら、こんな男をつかまえることなく、勝手に歩き回るんですが、なにせ初めてのバラナシ。

そして夜。本気で、迷子になりかねません。

本音を言えば、早く街を歩き回りたいんです(笑)

それに、わずか、数日といってもインドを歩き回る以上は、これから、必ず現地の「詐欺師」となにかしら起きるでしょう。

奴らの手口を学んでおくことは、決して損なことではないはず。

予行練習のつもりでもありました。

00003376

エキゾチックなバラナシの夜

男の後ろについて、夜のバラナシの旧市街へ。

00003378

00003381

こんな時間でも営業している散髪屋さん。

00003382

こんな時間でも遊んでいる子供。

00003383

ところかまわず、わがもの顔で歩き回る牛。

00003384

うん、やっぱり、出歩いてよかった・・

00003385

さっき、タクシーを降りた交差点から続いている通りに出ました。

00003386

この辺が、バラナシの賑わいどこ。
後で調べたら、「ダシャー・シュワメード・ロード」というようです。

00003387

たしかに、この時間でも賑わってる。

00003389

ふつうに牛もいる。

00003390

男が「火葬場見てみないか?」と聞く。

「この近く?」「そうだ。」

「カネは払わないよ。」「わかってる。」

ここバラナシでは、ガンジス川のガートに火葬場があり、そこで燃やされた遺灰がガンガーに流されれば、輪廻からの解脱を得られる、といいます。

なので、火葬場には、バラナシ滞在中には、行ってみるつもりでありました。

00003391

男は、路地をどんどん進みます。

00003392

00003393

後ろからクラクション。あわててよけます。

00003394

それにしても、エキゾチック。
明日からの散策が楽しみです。

00003395

私「火葬場というのは、夜もやっているものなのか?」

男「当たり前だ。人は、いつでも死ぬんだから。」

00003396

あの塔の向こう側から煙が上がっています。
いままさに、人が焼かれているところのようです。

神妙な顔をして見つめていると、別の男が現れ、火葬場案内するよ、見たいな事を言う。

私「要らない。」

別の男「why?」

私「だって、カネがいるんだろ?」

別の男「カネは要らない。あなたをハッピーにしたい。」

私「だから、それが嫌なんだ。I hate it!」

面倒くさくなって、そろそろホテルに戻ることにしました。

00003397

それにしても、夜の火葬場、迫力ものでした。

また、昼の明るいときにでも来るとします。

すぐに、ガンガーのガートに出ました。

SITAゲストハウスは、この少し上流にあります。

00003398

夜のガンジス河岸で「詐欺師」とひと悶着

夜のガンジス川も、妖気がただよう迫力もの。

立ち止まって、しばらく見入っていると、男が口を開きました。

「Are you happy? プリーズ、トウサウザン。」(そらきたぞ・・・)

「何が2,000ルピーだ!カネは要らないって約束したじゃないか!」

「私は、あなたを幸せにした。その分のカネをください。」

「冗談じゃない!幸せなんかじゃない!」

「あなたはウソついてる。幸せそうな顔をしていた。あなたはハッピーに違いない。ウソをつくのか。」

 

「詐欺師」にうそつき呼ばわりされ、私もカチンときて、

You’re a liar!
と、思いっきり怒鳴りつけて、もともと払うつもりだった300ルピーのうち、100ルピー紙幣だけを渡して、その場を離れました。

こうなることは、はじめからわかってましたが、あらためて食らうと、ほんと疲れます。

あれだけ、カネはいらないな?と確認しておいて、コレですから。

 

正直、コイツがいなかったら、はじめて訪れたバラナシの夜の街なんて、歩き回れません。

だから、はじめから300ルピーぐらいだったら払うつもりでした。

それを、2,000ルピーとふっかけてくるなんて、さすがの私もアタマにきました。

00003401

日本人は、固定相場が好き。

後から値段を吊り上げられるのが嫌い。というより慣れてない。

一方、インド人(アラブ人なども)は、観光客の可処分所得に応じて、累進課税のように請求しようとしてくる。

だから、貧乏人などには、逆に恵んでやったりもするんだろうけど。

この考え方、ほんとに疲れる・・・

こっちだって、タダで案内しろと言っているわけではない。案内料を払うつもりでいるんだから、最初に決めろってんだ・・

 

ホテルを出て、1時間が経過していました。現在23時。

00003402

こんな時間、ガンガー沿いを歩いている観光客なんていません。

詐欺師は、すでに消えうせ、私一人。ちょっと、やばかったかな・・

与太者が襲ってこないとも限らないし、足早にホテルへ急ぎます。

ガート沿いのホテルなので、さがすのに便利だったのは幸い。

SITAゲストハウスの看板を見つけました。

00003403

よかった、ちゃんと戻って来れました。

00003404

部屋に入り、くつろぎます。

「詐欺師」と、かるい悶着がありましたが、完全に想定の範囲内。

ハッピーという言葉を使えば、いくらでもカネを出すと思ってやがるんだから、まったく(笑)

でも、これで、かえってよかった。

このインドにおいて、無償の親切行為など断じてないという、あたりまえのことがわかりました。

 

それよりも、エキゾチックなバラナシの旧市街。

明日からのバラナシ散策が楽しみでしかたありません。

00003405

それにしても、この部屋、シャワーの水は漏れてるわ、洗面所の水は出ないわ、欠陥だらけ。
これで、3,000円もとるの?

00003406

でも、トイレがふつうの水洗トイレであることに安堵。

昨夜、日本を出て、本日中にデリーのメイン・バザールを瞥見。

そして、夜のバラナシを軽く歩いて、現在。

さすがに、少し疲れました(^^)v

ベッドに転がって爆睡です。

タイトルとURLをコピーしました