バラナシの朝&夜明けのガンジス川 沐浴の風景【インド旅行記 #6】

私は、学生時代、地理の授業で、ヒンズー教の聖地を「ベナレス」と教わりました。

沢木耕太郎さんの「深夜特急」でもベナレス。

ジョジョ第3部でジョースター一行が敵と闘ったのもベナレス。

なので、どうしても「バラナシ」という読み方には抵抗があります。

正確には、ワラーナシィーと呼ぶそうですが、ますます、遠ざかっていく・・・

 

沢木耕太郎さんは、ベナレスという町をこう表現している。

ベナレスは、命ある者の、生と死のすべてが無秩序に演じられている劇場のような町だった。私はその観客として、日々、街のあちこちで遭遇するさまざまなドラマを飽かず眺めつづけた。

(出典:沢木耕太郎 著作「深夜特急3」)

一方、ジョジョを演じる荒木飛呂彦さんは、

聖なる河ガンガー
聖者・老人・病人・こじき・こども・牛・猿・犬・食べ物・排せつ物・燃える屍体
すべてをやさしく包み流れつづける河・・・
この河には、生まれてから死ぬまでの全てが縮図としてある。

(出典:荒木飛呂彦 著作「ジョジョの奇妙な冒険16巻」)

これらを読んでも、意味がわからなかった。

「生と死のすべてが無秩序に~」と言われても、「生まれてから死ぬまでの縮図~」と言われても、正直、ピンと来ない。入ってこない。

でも、たしかにうったえるものはあります。
何が言いたいのかはわからないけど、文字を追っていけば、現地を生で見て著者の胸の高ぶりなどは透けてみえます。

ヒンズー教の聖地、バラナシ。
さて、どんな街なのか、今回のインド弾丸旅行での最大の関心ごと。

今日と明日の散策で、自分なりの答えを見つけたい。

つまり、今まで様々な書物からの情報で与えられた先入観なしに、自分の目で実際に見て、インド、あるいはバラナシを解釈してみたい。

そう勝手に力んで、夜明け前に起床しました。

バラナシの朝 沐浴の見える風景

この時期、バラナシの日の出は6時半。5時半に起きて、6時にホテルを抜け出します。

00003407

まだ、昨日の夜のつづきのような雰囲気。
そして、気温が12度。意外と寒いです。

  まだ、眠っているかのようなガンジス川。

00003408

少しづつ空が色づいています。

00003409

ガートからガートへは、ふつうに歩いて移動できるみたいですね。
昨日も、ここを歩いたはずなんだけど、なんか覚えてない。

昨夜の、あのひと悶着は、夢だったんだろうか(笑)

ちなみに、ここバラナシには84ものガートがあるそうですが、そのなかでも中心をなすのが、「ダシャーシュワメード・ガート」。
SITAゲストハウスは、この少し上流にあります。

まずは、ダシャーシュワメードガートの方に向って、歩いていこうと思います。

00003410

沐浴しようとしている人々を見かけます。

00003412

あの人は、ガンガーを眺めながら、何を思う?

00003413

気温は12度です。水もけっこう冷たいはず。

00003414

ガートのところどころに、いわゆる神様が祭られています。

00003415

あらゆるガートで沐浴、というより祈りがはじまりました。

00003416

男性と女性で分かれているのかな。

00003417

ボートで、沖にくりだす人も増えてきました。観光客かな。

00003418

ダシャーシュワメード・ガート 朝の賑わい

ダシャーシュワメード・ガートに近づいてきました。
夜も明けてきて、人の数も増えます。

00003419

あれ、全部観光客なんだろうか?
なんか、地元の人っぽい人もけっこう乗ってるんだけど。

00003420

これが、バラナシの朝の風景なんですね。

00003422

00003423

ダシャーシュワメード・ガートまで来ました。

00003424

お祈りです。

00003426

00003427

こういう営みを、毎日繰り返しているんですね。

00003428

3000年も・・・

00003429

すごい世界観ですね。素直にそう思います。

00003431

 

00003432

00003433

00003434

00003436

ダシャーシュワメード・ガートの展望台に立って、しばらく目の前の風景を眺めます。

00003438

00003439

ダシャーシュワメード・ガートを行ったり来たり。

00003440

「ボートに乗らないか?」と声をかけてくる連中が、いっぱいいますが、私のような観光客がカメラをさげて歩いていても、生活する人々は動じません。

00003441

ガンジス川の日の出

気がつくと、太陽が姿を現しかけていました。

00003442

00003445

朝日なのに、どこか夕日を思わせる太陽。

00003446

キキッと、動物の鳴き声がしたのでふり返ると、猿でした。

00003451

00003452

バラナシは世界的な観光地。

00003456

太陽もだいぶ上がってきました。時刻は7時半です。

00003454

00003455

雨季には、向こう側の河原も、河の水で埋め尽くされてしまうそうです。

00003458

太陽に向ってお祈りする人。

00003460

こちらも襟を正す気持ちになります。

00003464

眺めていると、時を忘れてしまいますね。

00003468

なんか、うまく言葉が見つからない・・・

00003467

まだ、バラナシの朝の風景を見て、たったの1時間。
まだまだ、インドを解釈するなんて至りません。

でも、なにか、旅心地のようなものがこみ上げてきます。

00003469

ガンガーを埋めつくす船の群れ

上流に向うボートの群れ。

00003471

相場は300ルピーぐらいみたいですから、明日にでも乗ってみようかな。

00003472

00003475

ゆっくりと、ホテルのほうに戻りかけます。

00003476

ガートでバトミントンに興じる娘さん。

00003477

朝日を見つめる僧?かな?

00003478

SITAゲストハウス付近まで、戻ってきました。

00003479

観光客も多い。
ヒンズー教の最大の聖地ですから、インド人観光客も多いようです。

00003480

このおじさん、さっきからずっと身動きせず・・

00003482

スマホを持つ若者も多い。

00003483

00003484

やっぱり、なにかの修行をしてるんだろうな・・

00003485

カッコよすぎます・・

00003486

神様の上に立っていいのかな。
さっき、私が登ろうとしたら、注意されたけど。

00003487

バトミントンも楽しそう。

00003488

修行がんばってください。

00003489

午前8時。お腹もすきました。

00003490

水は、濁ってるかなとも思いましたが、けっこう綺麗です。

00003491

00003492

夜明けのガンジス川の風景でした。

00003493

タイトルとURLをコピーしました