【ホテル礼文荘】野鳥のさえずり&海の幸を楽しめる船泊の宿【利尻・礼文一人旅 #6】

船泊湾沿いのサイクリングを楽しんで、18時に宿に戻りました。

18時でも、夏至の季節の北緯45度では、真昼のような感覚。

礼文島で宿泊する場合、フェリーターミナルのある香深にもっとも宿は集まっていると思いますが、私が物色しはじめたひと月前では、すでに満室でした。

「ホテル礼文荘」は、香深から北へ約20㎞の船泊という町にあります。

しかし、路線バスが1日6本走り、フェリーとの接続も考えられているため、不便ではありません。

礼文島北辺の船泊湾沿いの「ホテル礼文荘」

楽天トラベルで、1泊2食付き10,000円で予約した「ホテル礼文荘」。

6畳のシンプルな部屋が、とても居心地がいいです。

クーラーはありません。でも必要ありません。

窓を開ければ、いや開けなくても、野鳥のさえずりが絶え間なく聞こえてきます。

野鳥の鳴き声のほかには、かすかに潮騒が鳴るのみ。

バンガローにでも泊まった気分です。

夕食の時間まで30分あります。ちょっと宿の中を見学。

楽天トラベルによると、60人ほど宿泊できる、けっこうな収容力です。

トイレや洗面所は共用。これで十分。

さきにお風呂に入ることにしました。

清潔な風呂場に、きれいなお湯。

温泉ではないですが、今日一日動き回った疲れが抜けていくよう。

考えてみれば、朝は3時に目が覚め、稚内のドームを見学し、そのあと礼文島に渡り、観光バスツアー、そして船泊まで来て、サイクリングして今に至っています。

なにげに長い一日だった(^^)

船泊港で水揚げされた「海の幸満喫プラン」

食事は大広間でとることになってます。

18時半にいくと、待ってましたの「海の幸満喫プラン」。

カニめしとかの弁当ではなく、カニを食べるの久しぶり。

したがって、身をほぐすのに悪戦苦闘(^^)

新鮮な刺身。

煮魚。なんて言ったかな・・

そして、ウニ。さすがに少量です。

本日、澄海岬の売店で見た「ウニ丼」のプライス(4,400円)をみて、少々ビビってましたが、やはり本場のウニを賞味しないのはもったいない。

そこで、「ホテル礼文荘」おすすめの「ウニ丼」をオーダーすることに。

 ウニ丼がくるまで、ビールでも飲んで待ちます。

おお、きました「ウニ丼」です。

別メニューで2,200円。ウニ丼も、食べるのは、ものすごく久しぶりな気がする。

私は、海鮮類はワサビたっぷり派だけど、この独特な甘みは、そのまま賞味するのがいいと思う。

独特の食感のウニ丼に大満足でしたが、ちゃんと炊き立てのご飯もあります。

山菜も。

楽天トラベルの評価にあったように、とても家庭的な宿で、ご家族の方総動員で、食事の膳を給士してくれます。

最後はフルーツ。

ウニ丼におひつをカラにしたので、さすがに満腹です。

いやあ、ほんとに美味しかった。

満腹して、ロビーでくつろぎます。

本日は日曜日。宿泊客は、私のほかに、一人旅が二人、家族が二組、グループが一組、そんな感じでした。

季節的には、梅雨がない(とされる)今の時期が一番いいんだろうけど、書き入れ時は8月だそうです。

 

私の部屋はオーシャンビューではありませんが、廊下の窓から海が見えました。

20時になってもこの明るさ。準白夜です。

 

冷酒をいただいて、部屋でくつろぎます。毎度のことながら、畳の感触は素晴らしい。

礼文島の旅も、この宿泊で終わり。明日は、朝の船で利尻島に渡ります。

酒を飲みながら、明日の予定をたしかめる。旅人の至福の時。

樺太にも近いんだよね・・

なんだか、異国にいるような気分になって寝落ちです。

野鳥のさえずりで目を覚ます礼文島の朝

3時には明るくなる北緯45度の朝。

でも、明るさより、野鳥のやわらかなさえずりで目が覚めます。

朝7時に朝食です。

幕の内弁当風の素朴な朝食。

でも、素朴な朝食にこそ、旅心地がわいてくる、私はそう思います。

これで、1泊2食10,000円なら大満足ですね。

とにかく、アットホームな雰囲気で、ゆったりくつろげました。

7月から9月にかけては、ライダーの集まりなんかが大勢で泊まりに来る、ことなども話してくれました。

部屋に戻って、畳の上で寝っ転がっていると、バスの音が。

香深行きのバスは8:55発のはず。いまは、8時半。

スコトン岬へのバスが通りかかったのでした。

ていうより、あのバスが折り返して8:55のバスになります。

一瞬、あのバスに乗って、もう一度スコトン岬を往復してもよかったかな、と考えましたが、スコトン岬は、昨日同様霧に包まれてました。

私はこれから利尻島へ向かいます。

本日の天気はどうだろうか。

タイトルとURLをコピーしました