天売島夕暮れの散歩&「民宿栄丸」のボリューミーな朝食【天売・焼尻一人旅 #8】

バーベキューで満腹して、浴衣のまま散歩に出るなんて、林間学校にでも来ている気分です。

東京は35度を超す連日の猛暑らしいですが、天売島は7月上旬のいま日中が22度ほど。

陽が沈めば20度を切る感覚なので、首都圏在住の身からすると、信じられないほど涼しいです。

天売港から眺める夕焼け&利尻富士のシルエット

「民宿栄丸」を出て、港のほうに歩きます。

時刻は19時半。はだけた浴衣にあたる風が気持ちいい。

焼尻島のシルエット。羽幌の灯りも見えますね。

港を見下ろす高台。北の方角ですが、綺麗な夕焼けでした。

お、目をこらすと、かすかに利尻富士のシルエットが。

天売島から利尻島の距離は75㎞ほど。

でも、さすが標高1,721mの利尻富士。やっぱり見えるんだ。

ますます赤みを帯びる日本海。光の芸術です。

そして、利尻富士が霞の彼方に消えていきました。

「民宿栄丸」に戻ります。

すっかり日の落ちた焼尻島のシルエット。

肝試しでもできそうな厳島神社。

部屋でいただく地酒&焼尻島の日の出

散歩から帰って、お酒が飲みたくなり、冷酒をオーダーしたところ、あの息子さんらしい青年が運んできてくれたお盆がこちら。

なんと、おつまみをつけてくれました(^^)

エビとホヤだそうです。ホヤとは、いかなるものか、食べたことがありません。

味オンチな私には、よくわからなかったんですが、珍味ですねww

でも、冷酒とよく合った気がします。

 

疲労につつまれながら、旅館のベッドで寝入るのはいつもながら気持ちいい。

ぐっすり眠って、窓の外が明るくなって目を覚まします。午前4時半です。

焼尻島を見つめながら、今日は旅の最終日。帰る日なんだな、と自覚します。

ボリュームたっぷりの「民宿栄丸」の朝食

朝食の準備ができた旨の電話が鳴って、階下におります。

やあ、これはまた美味しそうだ。

炊き立てのご飯が、おひつにたっぷり。

鮭かな。

ナスに目玉焼き。

納豆が出てきたのは嬉しい。

お味噌汁。

和洋折衷ですね。

旅に出ると、食欲旺盛になるのはいつも通り。

昨夜、あれほどバーベキューを食べ尽くしたのに、いくらでもお腹に入ります。

米つぶ一つも残せないのは、私のクセ。

※昨夜のバーベキューの様子はこちらから

おもてなし度満点だった「民宿栄丸」

朝食を終えて、船の時間に合わせて港まで送っていただけるというので、しばし部屋で休憩。

本日は、羽幌に止めてあるレンタカーにふたたび乗り込み、旭川空港まで行って、行程は終了です。

 

宿泊客が出た後の部屋って、ぽっかりと魂が抜けたように感じるのはなぜだろう。

お代を払ってチェックアウトです。

1泊2食付きで11,000円。今回の旅で、もっともコスパがよく感じます。

それよりも、家庭的で親切だった「民宿栄丸」の皆さんに感謝。

天売島一のおもてなしというフレーズにいつわりはありません。

居心地の良さ、部屋からの眺め、料理、家族の皆さんの愛想のよさ、どれひとつとっても、旅人を抱擁していただけました。

港で別れるとき、女将さんは「もし、また機会がありましたら、ぜひ」と言っていただいたので、なんとか再訪の機会をつくりたい。

そんな気持ちにさせる「民宿栄丸」。

天売島訪問の際は、宿泊のご検討をおススメします。

漁師の宿 民宿「栄丸」|北海道天売島の観光・ご宿泊に
北海道の離島、天売島にある民宿旅館です。天売・焼尻観光のご宿泊に便利ですよ。漁師の宿だから、いつもウニやエビなどの新鮮海産物をぷりぷりの食感でお楽しみいただけます。観光船釣り船をご利用のお客様は、割引にてご案内いたします。また、お得なプランで宿のご予約ができますよ。
タイトルとURLをコピーしました