サラリーマンの「見るだけでできる」素人料理 今度はオムレツに挑戦

テレワークに自粛。

すごく時間を有効に活用できて嬉しいです。

前回、人生初の料理ということで「スクランブルエッグ」にチャレンジ。

今回は、ほんの少しだけ難易度を上げて「オムレツ」を作ってみることにしました。

ど素人の料理で、なんの参考にもならないかもしれませんが、今まで料理を作ったことがなく、なにか自分でつくれないかな、と思ってる人にはぴったりだと思います。

 

ちなみに、私のような超初心者が料理にたずさわって、感じたことが1点。

「量らずにつくれる料理は楽しい」

よくレシピにある「大さじ2杯分」とか、「胡椒?mg」とか、あるじゃないですか。

あの文字見ただけで、しろうとはひくんですよ。

大さじって、どれだよ、みたいな(笑)

 

ちなみに、オムレツの最大の難関は「フライパンの上でひっくり返すこと」です。

フライパン持って2日目の私に、そんな芸当ができるわけがない。

でも、ひっくり返せなくても完成しましたので、ぜひ見てください。

では、オムレツ、いってみましょう!

素人サラリーマンの「オムレツ」レシピ

材料の準備

材料として用意したのは、

  • 玉ねぎ(みじん切り済み)
  • コーン
  • かにかま
  • ウインナー
  • 牛乳
  • バター
  • チーズ
  • レタス
  • こしょう
  • オイル

と、こんなところですが、玉ねぎのみじん切り冷凍は反則でしょうかww

卵2個を割ってお椀に

タマゴ割るのも慣れましたよ。

玉ねぎ(刻んだもの)とコーンとかにかまを用意

今度は、玉ねぎを刻むところからはじめないとね。

今回は、冷凍ものをそのまま使いました。

「かにかま」は、女房のすすめで、いれてみます。量は好みで。

そして、冷凍ものなので、軽く1分ほど、レンジで温めます。

ウインナーの準備

そのまま焼いてもいいらしんですが、包丁で何本か線を入れます。

こうすると、中にも熱が入りやすいとのこと。なるほど・・

フライパンにオイルをたらして、加熱します。

同様に、バターも。

タマゴに具・胡椒・マヨネーズ・牛乳・バターを投入

胡椒の量とマヨネーズは好みで。 

タマゴをかき混ぜるポイントは、白身をよく切ること。

箸で、なんども切りましょう。

そして、具を入れて、さらにかき混ぜます。

牛乳は、たまご2個分だと、大さじ2杯だそうですが、感覚で入れちゃってよし。

そして、ちょうど溶けたと思われるバターを投入。

タマゴをフライパンの上へ

初心者は、2つの作業同時並行は、少しパニくります。

 

熱が入ってきたところで、チーズをふりかけます。お好みで。

オムレツ最大の難関 ひっくり返し!

これには苦労しました。ヘタにひっくり返すと、くずれちゃうし。

結局、ひっくり返せず。

いっしょうけんめい、たたんで、たたんで、仕上げました。

その場合は、ふたをかぶせて、蒸すといいんだよ、というアドバイス。なるほど・・・

お皿に盛り付けてできあがり

フライパンで、かっこよくひっくり返せれば最高でしたが、まあまあの出来じゃないかな。

自分でつくると、最高ですね。

胡椒を多めにしたのが、かにかまや玉ネギとうまくマッチしています。

いやあ、料理って楽しいですね。

次は、ひき肉とか、タマゴ料理でも、いろんなバリエーションを試したいと思いました!(^^)!

タイトルとURLをコピーしました