サラリーマンが人生初の料理に挑戦してみた ~誰でも作れるスクランブルエッグ~

ただ自粛しているのは時間がもったいない。

なにか、新しいことに挑戦してみたくなって、「料理」にチャレンジしてみました。

大変恥ずかしい話ですが、この歳になるまで、料理というものをしたことがありません。

卵を割ったことがありません。

包丁を持ったこともありません。(今回、包丁はほぼ関係なかったですが・・)

それでも、ちゃんと美味しいスクランブルエッグができましたから、料理したことない、というサラリーマンの皆さんも、この「自粛」を利用して、挑戦してみてはいかがでしょうか(#^.^#)

「料理」ができないと「旅人」として苦労する

本記事にはまったくの蛇足ですが、「旅人」は料理が出来ないと苦労する局面もあります。

民泊のようなところに泊まると、無料で食べ放題だけど、「自分でつくってね」というところも多く、肩身狭い思いをしたのも事実。

材料も設備もあるのに、トーストとハムだけ・・・

いつかは、簡単な料理ぐらいはできるようになりたいな、とずっと思ってました。

それに、将来、長期の一人旅なんかにでたら、「料理」は必須のスキルとなります。

 

そんなところへ「外出自粛」という絶好の機会が。

この機会を逃したら、チャンスはないぞとばかり、はじめてみました。

もちろん、一人ではできないので、娘に手伝ってもらいながら、スクランブルエッグに挑戦です。

 

私の料理のレベル感は、「卵を割ったことがない」レベルです。

なので、料理したことのない方でも、私ができたんだから、みなさんでも絶対出来ます。

世の中自粛モードで、外に出られないなら、自宅で楽しみ見つけませんか?

しろうとでもできる、お手軽バージョンです!(^^)!

素人サラリーマンの「スクランブルエッグ」レシピ

  

材料の準備

材料として用意したのは、

  • ベーコン
  • 牛乳
  • バター
  • レタス
  • トマト
  • こしょう
  • オイル

と、こんなところですが、オイルは使いませんでした(笑)

卵2個を割ってお椀に

当然、卵割るのも人生で初めて~

  

バターとベーコンを炒める

卵割ってすぐかき混ぜるのかと思ったら、先に焼くんですね・・・なるほど。

卵に塩コショウを少々

これは、好みに合わせて。いれないで、出来てからかける方法もあり。

卵に牛乳を少々

卵2個だと大さじ2杯くらいだそうですが、おおざっぱでいいです。

 

卵に溶かしたバターを投入

ベーコンの焼き具合を見計らいながらなので、けっこう焦ります。

そして、十分に混ぜ合わせます。

ここで、ポイントが一つ。

白身を十分に切ることです。

白身が固まっていると、その状態で焼きあがってしまいます。

なんども箸で切りましょう。

 

卵をフライパンに

均等に熱を加える

この作業が、自分にとっては、一番難しかった。

なにしろ、フライパンを持つのもはじめてだから。

となりのベーコン焼きと同時平行なので、けっこうアタマの中はパニクってます(#^.^#)

 

数分の加熱後お皿へ

水っぽさがなくなったあたりがベスト。

ベーコンもそうだけど、この熱加減が一番難しい。

何度もやっているうちに、感覚がつかめるでしょう。

トマトのカット

実は、トマトのカットが2番目の難関。だって包丁持ったことないからww

レタスを添えて出来上がり

所要時間10分で人生初の「スクランブルエッグ」の出来上がり

いやあ、感無量です。人生初の料理。

しかも、旅先のホテルで出るスクランブルエッグと同じ味じゃん!!

料理がこんなに楽しいものだと知りませんでした(#^.^#)

ちゃんと、食器も洗います。

そして、食後のコーヒー。

いやあ楽しかったなあ・・・

このまま自粛生活が続いても、楽しみ方は、見つけようと思えばいくらでもあるよね。

そんなことを、ふと思った1日でした。

タイトルとURLをコピーしました