千葉市のイタリアンレストラン「GaoZo」でイカ墨のパスタを食べてみた

緊急事態宣言が解除され、徐々に復活しつつある経済活動。

我が家も、ずいぶんと自粛してきた外食を再開。

先週は「台湾料理」だったので、家族会議を開催。

今週はイタリアンにしようと、1軒のイタリアンレストランを選びました。

千葉市のイタリアンレストラン「GaoZo」に行ってきました

千葉駅または千葉中央駅から徒歩圏内の立地抜群の、「GaoZo」というレストランです。

私が訪れたときは、外装を改装中でした。

場所はこちらになります。

フロレジア・ヴィオラ・キャンティをボトルでオーダー

家族でお酒を飲むのは私だけなので、コスパはあまりよくないですが、それでも久しぶりのイタリアンな外食です。

スタッフのお姉さんにおすすめを問うと、わざわざシェフまで聞きに行ってくれて、「フロレジア・ヴィオラ・キャンティ」をすすめてくれました。

飲んだことのない銘柄なので、素直に従います。

店内の様子

 

ピザをきちんと焼くかまどもあるし、本格的なイタリアンレストラン。

壁にはアマルフィの海岸かな。

2階にはパーティができるほどのスペースもあるようでした。

とても感じのいいレストランです。

 

まずは、前菜にスモークサーモン。

そして、イカ墨のパスタをオーダー。

実は、イカ墨食べるの初めて。すごくワクワクします。

人生初のイカ墨パスタ

これほど、見た目とテイストが異なる料理はないだろう。

見た目はとてもどぎついのに、こんなに美味しいパスタがあるんだろうか。

家族も、「こんなに美味しいパスタは初めて!」と感動している。

そしてパスタをもう一品。パルミジャーノです。

こちらも、イカ墨に負けず劣らずの美味。

 

そして、ライトな赤ワインによく合います。

ピザはマルゲリータで

なかなか食べ物で冒険をしない娘は、ピザはマルゲリータをオーダー。

かまどで焼いた熱々のピザが提供されました。

イタリア料理って、美味しいよな。ワインにもよく合うし。

勢いに乗って、再びオーダーしたスモークサーモン。

でも、一家で料理を味わいに来て、家族が美味しそうに食べてるのがなんともいえず幸せ。

私は、オニオンリングをつまみにしました。

 

デザートは「リンゴのコンポートのアップルパイ」

デザートをオーダーしたのは娘だけですが、彼女は「リンゴのコンポートのアップルパイ」をチョイス。

作るのに15分ほどかかりましたが、美味しさはそれ以上だったようです。

   

これだけ料理を楽しめて、ワインボトルまで入れて、お勘定は12,023円。

イタリアンレストランでの、楽しい一家団欒でした。

タイトルとURLをコピーしました