【カナリア諸島】3日目(その3) WINDING ROAD IN マスカ渓谷

月面のようなテイデ国立公園を後にして、マスカ渓谷に向かいます。

時間がそんなにないため、町にわけ入って、地上に降りていくわけにはいきませんが、写真でみるとすごく急峻な谷なので、途中のワインディングロードからでも、航空写真のように渓谷の様子がうかがえるらしいので、それを見に行くつもりです。

ワインディングロードをマスカ渓谷へ

しかしまだ、テイデ国立公園を降りきっていません。

00012524

途中のカフェでミネラルウオーターを仕入れて、もうひとふんばり。

00012522

免許を取ってすぐ、西湘バイパスとか、国道135号線を夢中になってドライブしたころがあったけど、そのときの気持ちを思い出すようなドライブです。

音楽が聴けないのが少し残念(笑)

00012525

本当に、こんな楽しいドライブ久しぶり。
ヒールアンドトウの音も、全開の窓から響いてきます。

ようやく、ヒュンダイのこのクルマも、回転をうまく合わせられるようになってきました。

00012528

00012529

下り切ったところにあるインターチェンジ。

00012531

そこから、また一気に登るんです。

少し道を間違えながらも、狭く急なワインディングロードを慎重に。

ほんとに、いろは坂を思わせるヘアピンカーブの連続。ギアは1速でないと、登れません。

 

そして、そのワインディングロードを登り切ったところにある展望台。

00012532

ラ・ゴメラ島の島影がくっきりですね。

00012536

上に登ってみます。(高いところ好きだよな笑)

00012539

こちら側はテイデ山側。
あの下まで下って、そこからまた登ってきたことになります。

00012535

そして、今度は、また下るんです。
あの下ったあたりがマスカ渓谷かな。

00012540

これは、走り応えのあるワインディングロードです。
でも、たまに、バスもやってくるんだよね。気をつけないと。

00012544

これ、よくバス曲がれるな、と思います。

00012542

これは、マカオのメルコ・ヘアピンなみのタイトコーナー。

00012545

反対側にそびえる崖も火山活動によるものでしょうか。写真では上手く表現できませんが、赤茶けています。

00012547

ようやくマスカに到着。
いろんなところに寄り道しながらだったので、すでに15時に近い時間。

00012548

そして、例によって、パーキングは満車。
クルマを進めて進めて、ようやく、1台分の縦列駐車スペースを確保。

00012549

そういえば、まだランチ食べるの忘れてました。

00012550

岩壁に張りついたマスカの村

町というより村はこの下。
考えてみれば、村に行く人たちは、クルマをどこに止めてるんだろう?

00012551

だって、村はあそこですよ。

00012553

こりゃ、すごい。
なにもわざわざ、あんなところに村を構えなくても、なんて思ってしまいます。

00012554

さすがに、あそこまでは行けないわな・・・
だって、また上がってこなくちゃならないし。上から眺めるだけで十分です。

あ、でも、クルマがある。

00012556

この坂を下りていくのかな。

00012557

途中、売店がある場所まで下ってみました。

00012558

観光客?それとも、住民?

00012559

ジャムが名産みたいですね。

00012560

上に戻ったら、バスが入り口をふさいでました。
しかし、よくあのヘアピンカーブを上がってきたものです。

00012561

ちょっと慌ただしいけど、オロタバに向って出発しますか。

00012555

オロタバの町の散策は夕方でいいと思ってるけど、日が暮れてしまったら、どうしようもない。

00012563

ここ、マスカからオロタバの中心部までは約50キロ。1時間10分とグーグルマップは計算しています。

到着予想時刻は16時40分。

では、17時に到着させるとして、20分くらい、ランチ食べる時間はありそうですね。

00012564

と思ったら、タイミングよく、カフェが現れました。

00012565

マスカ渓谷を見下ろすカフェテラス

おお、今まで通ってきたワインディングロードが見渡せます。
ここで食事していきましょう。

00012567

あいにくテラスは満席。

00012570

ちなみに、テラス席からの眺めはこんな感じ。
さっき見学してた村が、あんなに小さく。ほんとにすごい自然です。

00012580

小ぎれいでオシャレなカフェ。

00012571

あやうく、ビールを注文するところでした(笑) 危ない、危ない。

オレンジジュースとサンドイッチをオーダー。

00012572

よく冷えたオレンジジュースが旨い。マスカ渓谷に乾杯!

00012573

バカンスを楽しむ欧米人の中に、アジア人が一人。
そういえば、この旅、中国人の団体とかに遭遇してないですね。

中国人に出くわさない旅というのも珍しい。

日本人に会わないのはいつも通りですが。(私が避けてるから笑)

00012574

ほんとにすごい渓谷だったんだね。

00012575

岩もすごい。

00012576

出てきた分厚いツナ・サンドイッチ。すごくおいしかったです(^^)v

00012577

マドリードのほかには、パリやロンドンはなく、アムステルダム。
スペインだから?
なぜ、プラハ? なんか、意味不明・・・

00012579

食べ終えて、カフェの周りを散歩。

00012581

あれは、ラ・ゴメラ島でいいんだよね。
まさか、ラ・パルマ島ではないよな。100キロ以上離れてるし。

00012583

今日は、ドライブと、大西洋の鑑賞を心ゆくまで楽しめました。

00012584

カフェに戻ってみると、観光バスが2台も。
よかった、ちょっとの時間差で、カフェは満席だったね。ついてるぜ。

00012582

青く広がる大西洋

さあ、オロタバの町に向って出発。

00012586

しかし、すぐにクルマを止めて、光り輝く大西洋を鑑賞。

しょうがない。日本に帰ったら、大西洋なんて、そう簡単に見れないんだから。

00012587

時間がたつのを忘れる美しさですよ、これは・・・

00012589

00012591

がけっぷちに咲いているサボテン。

00012588

また、ワインディングロードを走らせます。

00012592

そして、また、すぐ止めます(笑)

00012593

もう、しばらくは、こんな雄大な風景とはお別れだろうな・・

00012595

やっぱり、旅って素晴らしい。

00012596

東洋にも、美しい景色はあるんだよ、って、教えてあげたくなります。

00012597

タイトルとURLをコピーしました