【カナリア諸島】4日目(その2) 世界遺産ラ・ラグーナ

さて、楽しかったカナリア諸島テネリフェ島の旅も、終盤に近づいてきました。

空港の、レンタカーの返却期限は本日16時。マドリードへのフライトは18:55です。

こういうとき、空港付近でウロウロしたほうが、精神衛生上もいい。
(弾丸旅行なので、なにかあったら大変・・・)

なので、世界遺産ラ・ラグーナは、最終日に寄ろうと初日から決めていました。

ほんとに、空港に隣接するような位置関係です。

00013179

テネリフェ島を走るトラム

ということは、クルマで行って、散策して、そのまま空港に乗り付けて、返却する、というのが、合理的なルートですが、せっかくテネリフェ島まで来て、移動手段がすべてレンタカーというのも味気ない。

サンタクルス散策の際、何度も目にしたおしゃれなトラムで往復してくることにしました。

サンタクルスには、トラムが2本走っていて、そのうちの1本はラ・ラグーナの入り口「TRINIDAD」まで行ってくれます。

もっとも、直線距離では近いんですが、遠回りしていくため、片道40分近くかかります。

 

それらを計算に入れて、荷物をフロントに預けて、出発です。

あのフレンドリーな黒人スタッフ、今日はいなかったな・・・休みかな・・・

 

最寄の駅は「GUIMERA」駅です。

正月なので、ひょっとしたら休み? なんて考えてしまいましたが、待ってる乗客もいるので大丈夫でしょう。

00012952

料金は1.35ユーロ。

00013025

こんなチケットが発券されます。

00012954

ほんとに営業運転してる? あれは、サービス休止中とか?

00012953

でも、上り電車がやってきました。よかった、運転してるね。

00012956

下り電車も来ました。LA  TRINIDAD行きです。キューバを思い出すな・・

00012959

トラムの中はこんな感じです。

00012960

急な坂を、モーターのうなりをあげて登っていきます。

00012961

しかし、窓にはスモークフィルムが貼ってあって、外は見えません。残念・・
ちなみに、外からでは、中の様子は全く見えません。プライバシーの尊重?

00012962

GUIMERA駅から35分くらいでTRINIDAD駅に到着。

00012965

しかし、カッコいい車両だな。
イスタンブールでも、エルサレムでも、アテネでも、同じような車両が走っていたけど、どこのメーカーなんだろう?

00012966

世界遺産の街 ラ・ラグーナ

さあ、世界遺産ラ・ラグーナを堪能しましょう。
今日が元日であることを再認識。

00012967

世界遺産といっても、建築様式の独特さが評価されたということらしいので、知識のない私にはそのよさを理解する知識がありません。

00012968

ま、でも、難しいことは考えずに、このコロニアル調の建物を眺めているだけでも、楽しいものです。

00012969

風もなく、気持ちのいい元日の朝。
標高が高い分だけ、少し空気が冷たいですが。

00012970

私と同じように、早起きの観光客。さすが、世界遺産。

00012971

通りのつきあたりで、時計塔に出くわしました。

00012976

時計を見て、11時であることに気づきます。
朝早いなんて、錯覚でした(笑)

00012975

そういえば、朝食べてないのを思い出して、時計塔の近くにあったカフェに入ります。

00012977

コーヒーを飲みながら、町の散策ルートを検討。

00012978

サンドイッチとコーヒーという、超かんたんなブレックファストでした。

00012979

少しづつ、観光客も増えはじめます。

00012982

00012983

マップに載ってる建物だけど、スペイン語標記なので、わからず。

00012986

このカタチの木、サンタクルスの海岸でも見ました。
マダガスカルで有名なバオバブの木とも違うようですが。

00012987

模型のような建物の間を、あてもなく歩くのは、それはそれで楽しい。

00012989

太陽が昇ってきて、暖かくなってきました。

00012990

クルマがいなければ、もう少し美しく見えると思いますが。

00012991

よく見れば、不思議な造りをしてますね。

00012993

年末年始の休暇を楽しむ家族。

00012995

また出た、バオバブの木(じゃないよな)。

00012998

00012999

夜に来たら、また面白い光景が見れそう。

00013000

昼を過ぎて、町にあふれだす観光客。
この人たちの1日は、正午の時報からはじまるみたいです(笑)

00013002

00013004

ZARDの曲に合わせて、のんびり散歩を楽しんでましたが、そろそろサンタクルスの町に戻らないと。

00013011

この扉なんか、障子みたいだね。

00013012

では、カナリア建築のラ・ラグーナにさようなら。

00013015

00013016

帰りのトラムの時間に合わせて、もう少し散歩。
これは、地図によると、サントドミンゴ。

00013018

ほんとに聖なる町なんだね。

00013020

00013021

おっと、懐かしい、旧旧旧プレリュードを発見。
ホイールまで、当時の純正のままやん! こんなとこで生きておったんか、って感じです。

00013022

さて、トリニダード駅。

00013024

ちょうど入ってきたトラム。あれで、サンタクルスの町に戻ります。
いよいよ、本当に、旅も終わりです。

トラムにも乗れて、楽しかったテネリフェ島の旅。

00013027

サンタクルスの町をブラブラと

帰りは、GUIMERA駅ではなく、1つ手前のWEYLER駅で降りて、散歩を楽しみます。

00013028

マップによると、なにかの政府系建物。

00013030

ムニシパルガルシアサナブリア公園、という長い名前の公園。

00013032

では、そろそろホテルのほうに戻っていきましょう。

00013034

港に向って、坂を下ります。

00013035

坂を下りながら、どこかレストラン開いてたらな、と思うんですが、元日の今日。
みんな閉まってます。

00013037

そのうちに、時計塔が見える、いつもの通りに出ちゃいました。

00013038

結局、このお花畑の前のカフェで休憩。
みんなビール飲んでます。私も、といきたいところですが、これからクルマを運転するんです。
あぶない、あぶない・・・

00013040

ケバブ屋さんなので、ケバブをいただきました。
おいしいケバブでした(^^)v

00013041

これで、セラドル橋を渡るのも最後。
3日間お世話になった、ホテル・タナウスともお別れです。

00013042

タイトルとURLをコピーしました