チャンギ国際空港のプライオリティパス・ラウンジめぐり【ブルネイ旅行記 #3】

さて、7時間のフライトを終えて、シンガポール・チャンギ国際空港に到着。

乗継時間が5時間半ほどありますが、ここチャンギ国際空港は世界でも有数のハブ空港。

したがってラウンジがとても充実。

プライオリティパスで利用できるラウンジが、いっぱいあります。

ラウンジ天国 チャンギ国際空港の探検

この空港に来るのは2年ぶり。

到着時に制限エリアのラウンジで休憩する方法?

チャンギ国際空港は、出国エリアと入国エリアが共通という珍しい空港です。

したがって、乗継時間が程よくある場合、飛行機を降りてから、制限エリア内にとどまり、ラウンジで休憩という芸当も可能です。

しかし、それは預け荷物がない場合。

荷物を預けた場合は、当然飛行機が到着すれば、ターンテーブルに荷物がはき出されます。つまり、それを放置することになるのです。

放置したとしても、バゲージクレイムのスタッフが、回収してくれているとは思いますが、保証はありません。

この芸当は、預け荷物がない場合に試してみる価値はありそうです。

 

チャンギ国際空港 プライオリティパスで利用できるラウンジ一覧

ここで、私のブログにも度々登場する、プライオリティパスで利用可能なラウンジをまとめてみました。

チャンギ国際空港は、アーリーチェックインという制度もあるし、プライオリティパスを持っていれば、24時間ふんぞり返っていられそうですね。

ちなみに、各ラウンジの共通項は、主なもので「24時間営業」「利用時間は最大3時間」「場所はセキュリティエリア」「シャワー設備あり」「アルコール無料」ですが、異なる場合のみ、備考欄に注を記載しています。(2019年9月現在)

ターミナル主な航空会社ラウンジ備考
ターミナル1

JAL

中国国際航空

バンコクエアウェイズ

エミレーツ航空

ジェットスター

ターキッシュエアラインズ

タイ国際航空

など

SATS Premier Lounge

(SATSプレミアラウンジ)

 

Plaza Premium Lounge

(プラザ・プレミアム・ラウンジ)

注1

dnata Lounge

(ディナタ・ラウンジ)

 

ターミナル2

ANA

シンガポール航空

ロフトハンザ航空

など

 

SATS Premier Lounge

(SATSプレミアラウンジ)

 

Ambassador Transit Lounge

(アンバサダー・トランジット・ラウンジ)

注1

TGM Japanese Korean Cuisine

(レストラン)

注2

ターミナル3

カタール航空

シンガポール航空

中国東方航空

など

Ambassador Transit Lounge

(アンバサダー・トランジット・ラウンジ)

注1

SATS Premier Lounge

(SATSプレミアラウンジ)

 

dnata Lounge

(ディナタ・ラウンジ)

 

THE HAVEN by JetQuay

(ザ・ヘイブン)

注3

ターミナル4

エアアジア

などLCC系

Blossom Lounge

(ブラッサム・ラウンジ)

 

注1)アルコールは有料

注2)営業時間:午前6時~午前1時、アルコール有料、シャワーなし

注3)パブリックエリア、アルコール有料、仮眠室あり(有料)

 

と、こんな感じです。航空会社は、私の利用頻度が多いもので偏見で載せてますが、アライアンスごとに分かれてないんだな、と少し驚きました。

ちなみに、シンガポール航空は、対日本など長距離はターミナル3、短中距離はターミナル2となっているようです。

 

ところで、私は今、ANAで到着したので、ターミナル2にいます。そして、この空港で唯一、制限エリアの外(パブリックエリア)にあるラウンジがTHE HAVEN by JetQuay(ザ・ヘイブン)。

これは、ターミナル3にありますので、移動して、2~3時間はそこで休憩しましょう。

珍しくも、機内ではあまり眠れなかったので、二度寝が目的です。

ターミナル2からターミナル3へ

チャンギ国際空港のターミナルの位置関係はこうなっています。

各々のターミナルは、スカイトレインでつながっています。

 

ターミナル4へは、バスでも行けるんですか。

 

ターミナル3を目指して歩きます。けっこう歩きます。

すると、到達したのがここ。ターミナル2と3の間は、徒歩でも移動できるんですか。

ターミナル3のラウンジ「THE HAVEN by JetQuay(ザ・ヘイブン)」を目指します。

素敵なシンガポール航空のCAとすれ違います。

ターミナル2からたっぷり20分は歩いて、ターミナル3の一番端に。

 

唯一のパブリックエリアラウンジ 「THE HAVEN」

このラウンジの入り口を見た瞬間、思い出しました。4年半前に来たときは、10ドル払ってシャワーを浴びたんだ。

 

今回は、プライオリティパスを見せて、入ります。サインもいらなかったです。

このラウンジの強みは、パブリックエリアにあるだけでなく、シャワールームや仮眠室もあること。

ただし、仮眠室は注意。最低利用時間が3時間からで、80シンガポールドル(6,400円)以上します。ま、カプセルホテルと思えばいいんでしょうけど。

したがって、私はソファで仮眠します。

そのまえに、提供される飲食物をチェック。

 

見ると食べたくなるので、トーストを2枚ほど。そのあとは3時間ほど、ぐっすり眠れました。

スカイトレインでT3からT2へ

さて、10時ごろになって、ターミナル2に戻るために、スカイトレインに乗ります。

来るときは徒歩だったので、帰りはスカイトレインを利用してみたくなっただけ。

ドームのようなターミナル2に吸い込まれていきます。

ドームの中にある熱帯植物と滝の水。

ターミナル2「SATS Premier Lounge」で、もう一度一休み

さて、まだ時間があります。

ロイヤルブルネイ航空のチェックインを済ませた後、またラウンジに向かいます。

ターミナル2の「SATS Premier Lounge」は、保安検査を過ぎて、すぐのところにあります。

もう一休みしますか。

これですね。

 

こちらは、安定のラウンジ。さきほどのTHE HAVENがアルコール有料であったのに対し、なんでもござい。

タイガービールも、つかみ取り自由。

しかし、これからアルコール厳禁のブルネイに行くんです。酔っ払いながら入国したら、失礼すぎます。ここは自重しましょう。

専属のシェフがいるようですね。さすがに、もう食べませんでしたが。

2年前に、ジョグジャカルタの帰りにこのラウンジを利用したときは、日本人だらけでびっくりしましたが、この時間は閑散としています。

さて、ボーディング時刻が迫ってきました。ゲートへ向かいましょう。

タイトルとURLをコピーしました