ANA便で旅立ち 深夜の羽田からシンガポールへ【ブルネイ旅行記 #2】

さて、出発の日が来て、「永遠に平和な国」ブルネイに向かって旅立ちます。

お酒の飲めない国「ブルネイ」なので、キャリーの中には、ワインが2本。

そして、パスポートケースの中には、F1シンガポールGPのチケットが、しっかり入っているのをたしかめて。

渋滞で冷や冷や! 深夜の羽田空港へ

旅立ちの瞬間というのは、いつもながら気分いいもの。

しかし、なんと今回は、首都高速湾岸線で大事故発生。

リムジンバスがまったく動かず、機転を利かした運転手は、バスを一般道に下ろします。

一般道も大混雑でしたが、なんとか羽田空港にたどり着きます。

いつもなら1時間のところ2時間かかりました。冷や汗モノです・・・

余裕を持って出発していてよかった。

シンガポール行きはANA NH843便。なんと他3社とのコードシェア便です。

ていうか、コードシェア便だらけ。時代はシェアリングエコノミーですね。

いつもながら、対応がてきぱきしているANAのカウンター。

今夜のフライトは寝るだけ、と考えているので、珍しく通路側の席にしました。

フライトスケジュール

 航空会社便名フライト乗継時間
往きANANH843羽田0:40 ⇒ シンガポール6:405時間30分
ロイヤルブルネイ航空BI422シンガポール12:10 ⇒ ブルネイ14:15 
帰りロイヤルブルネイ航空BI421ブルネイ9:15 ⇒ シンガポール11:2018時間50分
ANANH802シンガポール6:10 ⇒ 成田14:20 

乗継時間と書くのもヘンなのですが、帰りはシンガポールでのトランジットの間に、F1グランプリを観戦する、何から何まで弾丸日程です(笑)

今回のANA便は、マイルによる特典航空券。

エコノミークラスなので、レギュラーシーズンの35,000マイルを要しました。

このフライトを実際におカネで購入すると、約70,000円。

1マイルあたりの価値が約2円と、少しもったいない気がしましたが、今回の旅は、F1グランプリのチケット代(48,000円)も要しているので、コストのトータルバランスを狙った次第です。

 

秋色に模様替えされた羽田空港。

羽田空港国際線ターミナル 「さき亭」の特製天丼?

さて、深夜の羽田空港で楽しみなのが、TOKYO SKY KITCHENでのお夜食物色。

午前0時過ぎの深夜便は、出発直後の機内食提供はないケースが多いですからね。

4ヶ月ぶりに来てみると、店舗レイアウトが変わっていました。前回はカレーショップがあった1画に天丼やの「さき亭」が来てました。

思わず、一番高い天丼をオーダーしてしまいました。

こんなにでっかい天丼なんて、食べるの久しぶり。これはぐっすり眠れそうです。

 

さて、シンガポール行きは定時運行です。

いつも窓際の私が、通路側の席。

いっぱいお酒を飲みたかったからなんですが、あんまり効果はなかったですね。

というのも、通路側の席では、足を伸ばせる範囲は限られてますが(通路に足は投げ出せない)、窓際であれば、窓側のスペースに足を伸ばしきれるんです。

それに、通路側だと、眠っていても、搭乗客やCAが通るたびに、気配で目を覚ましてしまうこともある。

やっぱり、窓際のほうがよかったな。

おいしいANAの機内食

シンガポール到着2時間前、機内食が配られます。さて、AとBどっちにしようかな。

朝食は、洋食派の私ですが、和食の写真がおいしそうに見えてAをオーダー。

写真どおりにおいしかった「紅鮭の彩りご飯」でした。

食事が終わって、しばらくして、シンガポール・チャンギ国際空港到着です。

タイトルとURLをコピーしました