5月28日広場の風景 ~ メトロ&リムジンバスで空港へ【アゼルバイジャン旅行記 #13】

寒かったヤナルダグからバクー駅前まで帰ってきました。

もう、この旅も終わり。

夜の飛行機で日本に帰ります。

もう少し時間があるので、5月28日広場前の大きなデパートの中を歩いて、アゼルバイジャン人の休日の素顔でも眺めるとします。

「5月28日」広場前のデパート

00002069

デパートの中の活気は、万国共通。

00002067

フードコートに行ってみます。

00002059

00002064

大勢のアゼルバイジャン人が談笑するフードコート。

00002062

フードコートのベランダから、5月28日広場を見下ろします。

00002058

考えてみれば、今日は、ホテルの朝食と、朝マックだけ。

ここで、腹ごしらえと行きましょう。言われてみれば、おなか減った・・

00002060

店員さんが、「ヤポン?OK! チキン?ビーフ?ライス?フィッシュ?・・・」

いちいちOKOK、とうなずいていたら、こんなに大量に盛ってきやがった(笑)

でも、お腹へってたし、まあおいしかったです(^^)v

00002061

夕暮れのバクー旧市街

満腹して、タラタラとホテルに戻ります。

名残惜しいよな・・・  あと数時間後には、帰国。

00002049

ホテルに戻る前に、旧市街の中のお土産やさんに寄ります。

00002053

00002054

買ったのが、このアクセサリー。

家族のも含めて、4つほど購入。こういうのは、ほんとにいい思い出になります。

00002080

メトロ&リムジンバスで空港へ

そして、ホテルに戻って、しばしの休憩。

もう、チェックアウトしているので、荷物を受け取って、食堂でお茶をご馳走になります。

今回2泊した、この「Bristol Hotel Baku」よかった・・

また、バクーに来ることはあるだろうか。来ることがあったら、また泊まりたい。

 

18時になりました。

このホテルとも、アゼルバイジャンともお別れ。

背負えるキャリーバッグを、「背負い」仕様にして、背中にかつぎます。

もう、夜のとばりが。城壁にもさようなら。

00002070

00002071

このメトロともさよなら。

00002072

バクー市民の帰宅ラッシュ。

全世界共通の光景に、心が和みます。

00002073

また、5月28日駅に戻ってきました。

2日前にバスを降りた場所が、空港行きリムジンバスの乗り場のはず。

00002074

この人たち、みんな空港へ?

違いました。路線バスを待ってるだけです。

これも、万国共通、帰宅ラッシュ風景ですね。

00002132

待つほどもなく、リムジンバスがやってきました。

00002133

雨の降り出したバクーの街。

00002076

タイトルとURLをコピーしました