【アゼルバイジャン】1日目(その4) 殉教者の小道から見上げる「火焔タワー」

城壁の外に出ると、すぐメトロの駅がありました。

00001520

ホテルから歩いても、10分かからないでしょう。

明日からの、遠征には、これを拠点にすることにします。

旧市街を抜けてカスピ海沿岸へ

旧市街の外もおしゃれな街です。

00001521

00001522

00001523

けっこうアップダウンの多い街。港町はどこでもそうなんでしょうけど。

00001524

この道も、F1マシンが高速で下ったはず。

ドライバーの目にも、カスピ海が入ってたのかな。もちろん、見る余裕なんてないだろうけど。

00001525

歩いているうち、ついに火焔タワー3本すべてが現れました。

00001526

00001527

00001528

大通りには横断歩道がありません。地下道でカスピ海沿岸の遊歩道に出ます。

00001529

地下道出口もおしゃれなデザイン。

00001530

火焔タワーが、3本くっきりと。
たしかに炎のように見えますね。

00001531

そしてカスピ海にご対面。世界一大きい湖です。

00001532

00001533

対岸には、まだ建設中のビルがいくつも。
バクーは、十分大都会だと思いますが、まだまだ発展するようです。

00001534

さて、火焔タワーを見ているうちに、あの高台に登ってみたくなりました。
ケーブルカーで、簡単に登れるようなので、行って見ます。

00001535

ケーブルカーで「Flame Towers」(フレイムタワー)のふもとへ

ケーブルカー乗り場は、カスピ海の遊歩道から歩いてすぐでした。
あのガラス張りのミニドームが乗り場です。

00001537

キリル文字なのかな。

00001538

ディナーブレークが13~14。
それで、思い出したんですが、たしかロシアも昼食のことをディナーと呼んでいたような・・

00001542

1マナトだか2マナト払って乗り込みます。

夕暮れ時なので、みんなも夜景でも見に行くのかな。

00001544

けっこう急坂です。

00001548

頂上に到着。

00001549

駅を出て、すぐに、どーんと目に入る火焔タワー。

これは、すごい。

しかも、モスクのミナレットとの調和がいいです。

00001550

夕暮れ迫る「殉教者の小道」

ケーブルカーの頂上駅の駅前広場が、そのまま「殉教者の小道」につながっています。

00001553

旧ソ連の末期におけるアゼルバイジャン独立にともなった紛争の犠牲者がたちが、奉られているとのこと。

写真に撮るのははばかれますが、失礼のないようにたたずみます。

00001555

00001556

殉教者の小道から見上げる火焔タワー。
向こうから見下ろすと、どんなふうに見えるんだろうか。

00001558

どうやって、窓を掃除するんだろうね(笑)
素朴な疑問です。

00001554

薄暮のカスピ海

カスピ海や街を見下ろせる高台のほうに行ってみます。

00001559

これは、南の方角、つまりイランの方を見ていることになります。

00001561

これは、対岸の方角、つまり、トルクメニスタンの方を見ています。

しかし、それは観念にすぎません。なにしろ、世界一大きい湖。

日本と同じくらいの広さがあるんですから。

00001562

夕暮れが迫ってきたバクーの高台。

00001563

00001564

ぐるりと一周して、また駅前広場のほうに戻ってみます。

00001565

おっと、こんな広場があったんだ。

00001572

おお、夕日が映えるバクーの街。

00001566

新市街と、旧市街が画然としています。バクー、美しい街です。

00001569

おや?結婚式でしょうか。

00001567

飛んでる鳥が、間違ってぶつかってしまうんじゃないかと、心配に値する鏡面。

00001573

モスクのすぐ横に、近代を象徴するようなタワーを建てて、ムスリムの方は、どう思うのでしょうか。
あんまり関係ない? 見解の融合だよね。

私は、あまり原理主義的な考え方には、抵抗があります。

00001574

00001575

つねに絶やさない炎。
アゼルバイジャンは火の国。拝火教寺院も郊外にあると聞いています。
明日にでも行くつもりです。

00001581

トルコと仲良しなんだね。

00001578

日本もあるかな、と探してみましたが、なかったです。

00001577

00001579

夕闇が迫り、下から人がいっぱい上がってきました。

00001580

でも、時間の経過とともに、寒くなってきました。ちょっと薄着で来ちゃったかな。

00001582

タイトルとURLをコピーしました