エアアジアで行く光り輝く島セイロン島【スリランカ旅行記 #1】

スリランカとは、光り輝く島の意。

自分たちの土地に、誇りあっての命名でしょう。素晴らしいと思います。

しかし、その光り輝く土地で、ごく最近まで血塗られた内戦が繰り広げられていたとは、信じられません。やっぱり、世界史って重要な学問ですね。

そんな孤高で崇高な島に、現地にたった3日間の弾丸旅行を敢行するのは恐れ多いですが、せっかく手ごろなチケットが手に入ったので、スリランカの空気を存分に吸ってきましょう

スリランカ 2泊5日弾丸一人旅 スケジュール

ちなみに、確保できたLCCエアアジアのチケットを軸としたプランがこちら。

日付午前午後宿泊地
7/13(木) 

羽田23:45発

機内
7/14(金)

クアラルンプール6:10着 8:30発

コロンボ9:30着

シーギリヤなどの観光

キャンディ
7/15(土)

キャンディ観光

キャンディ ⇒ アヌラーダプラ

アヌラーダプラ
7/16(日)

アヌラーダプラ観光

アヌラーダプラ ⇒ コロンボ

コロンボ22:55発

機内
7/17(月)

クアラルンプール5:15着

14:30発

羽田22:30着 

相変わらずの弾丸で、味気ない限りですが、全部込みで53,000円ならいいでしょう。

DPP_14776

3連休に1日休暇をくっつけて、セイロン島を旅してきます(*^^)v

半月前には、上海行きのPeach便が、ところで、ここ数日猛暑に襲われた首都圏。

日々の激務に、東京湾沿岸に発生した赤潮の匂いが追い打ちをかけ、旅立ち前から疲労困憊の私。

赤潮の匂いって、ほんとにすごいんです。ここ数日、満足に眠れなかった。

体力には、完璧なる自信があった私も、連日の睡眠不足も重なって、目まいに耐えながら、バスターミナルでリムジンバスを待ちます。
(こんな状態で旅に出て大丈夫かいな、ホント・・)

ところが、いくら待ってもバスが来ない。

30分ほど待ってようやく来た、と思ったら、なんと羽田からの下り。
運転手曰く、「首都高湾岸線は事故で大渋滞」とのこと。やれやれだぜ・・

JR&京急に切替え、駅に入ります。駅の中にまで漂う赤潮の強烈な異臭。地球も壊れかかってるのかな、などとぼんやり考えながら、体が資本ということで、グリーン車を奮発します。誰も乗ってない・・

DPP_14478

グリーン車の心地よい冷気に深呼吸しながら、首都高速のツイッターを眺めると、湾岸線でクルマが横転する大事故があった模様。羽田から葛西まで2時間だって、そりゃ大変だ。

何事もなく、赤潮の匂いがしない、羽田空港国際線ターミナルに到着。

DPP_14724

赤潮の匂いがなくなっても、目まいが治らない??

ちょっと、ヤバくない?   カラダに異変をきたしたまま、なんか、いつもと違う旅立ち・・

DPP_14727

フライトスケジュール

 航空会社便名フライト乗り継ぎ時間
往き

エアアジアX

523

羽田23:45 ⇒ クアラルンプール6:10

2時間20分

エアアジア

43

クアラルンプール8:30 ⇒ コロンボ9:30

 
帰り

エアアジア

46

コロンボ22:55 ⇒ クアラルンプール5:15

9時間15分

エアアジアX

522

クアラルンプール14:30 ⇒ 羽田22:30

 

こりゃ、帰りのクアラルンプールでの過ごし方がポイントかな。

 

クアラルンプール行きのエアアジア。しっかりありました。

その15分前には同じクアラルンプール行きのANA。そんなに需要あるのかな。

DPP_14481

エアアジアは、エミレーツ航空の隣、カタール航空のカウンターの手前にありました。

DPP_14486

オンラインチェックしてから来たのに、結局並びます。

しかも、今回、はじめて荷物の重さをチェックされました。無料で機内持ち込みできるのは7キロまで。

若干オーバーしてましたが、このくらいならいいよ、って感じで許可されました。
ありがとさんです(^-^)

DPP_14492

発券されたチケット。今年、何度となくLCCに乗る機会がありましたが、こんなに薄っぺらいチケットは初めて。紙代の節約かな。そういえば、LCCの乗継便も、初めての体験になります。

DPP_14503

エアアジアXで深夜の羽田からクアラルンプールへ

自動化ゲートをスルッとくぐりぬけ、腹ごしらえでもしましょう。

なんか疲れを感じるほどに体力が落ちてるうえ、機内食もでないからね。

DPP_14731

うん、このとんかつカレーがとても旨く、ちょっとだけ疲労回復(笑)

DPP_14497

しまった、これからスリランカに行くのに、カレーを食べてしまった・・

スリランカの人は、1日3食カレーが当たり前と、「~歩き方」に書いてあります。

でも、このとんかつカレーが1,200円。横に置いてあるTSUTAYAで仕入れた中古の「~歩き方」が300円。新品でも1,700円。

本って、安いよな。いつも、そう思います。

DPP_14495

エアアジアのゲートは106。フードコートとは反対側のエリア。早めに行って、体を休ませます。

DPP_14500

ボーディング開始。疲れてはいるけど、旅立ちに、気分はドキドキ。

DPP_14507

エアアジアの機内。ちゃんと曲がるヘッドレストもついてます。これなら、ゆっくり眠れそうだ。

DPP_14734

明後日から3連休。学生さんは夏休みかな。機内は満員御礼のようです。

DPP_14511

定刻に滑走路へ。

DPP_14515

多摩川を見下ろします。高いビルはないけど、美しい夜景。東京も捨てたもんじゃありません。

DPP_14521

機内食は当然出ませんが、予約済みであったり、オーダーしてる人もいます。

とにかく疲労がたまっている身。体もフラフラするし、ほんと大丈夫かよ。こんなのはじめて。

DPP_14736

上手く眠れない・・ これも、はじめて。

ヤバいな。一気に老化が体を襲ってきたとか・・  久しぶりに苦痛の7時間のフライト。

そのうちに、機は高度を下げ、マレーシアの灯りが。

DPP_14526

定刻にランディングしたのは良かったけど、警察が入り込んできて、席を立たないように言われる。

そして、座席番号を指名して、当該客をCAが懸命に説得。手荷物と一緒に後方の別室へ行くようにと。

周囲の乗客の表情もこわばる、緊迫の雰囲気・・

指名手配犯が乗ってたとか??  これも、初めての体験・・

DPP_14738

30分ほど、機内に閉じ込められた後、無事に解放されます。あ~、びっくりした(+o+)

そういえば、ここクアラルンプールは、金正男が暗殺された場所。

時刻は6時半ですが、まだ夜は開けていません。

DPP_14739

クアラルンプール国際空港のトランジット

ここクアラルンプールでは、2時間半のトランジットでコロンボ行きに乗り継ぎますが、さっきの警官騒ぎで30分ほどロスしています。さて、トランジットはどこかな。

DPP_14533

緑色でトランスファーとあります。手荷物検査を受けて、トランスファーエリアに出ます。

DPP_14539

エアアジアは、ここクアラルンプールが拠点。いろんな方面に飛行機が出ています。
コロンボ行きはQ7ですね。

DPP_14540

飛行機の中では、朝食も出ていません。どこかでモーニングコーヒーとでも落ち着きますか。

DPP_14549

DPP_14543

当然マレーシアの通貨など持ち合わせていませんが、ふつうにカードが使えます。

DPP_14544

ミートパイとカスタードパイの朝食。モカがおいしい。目が覚めます。

DPP_14545

一息ついて、荷物の整理。

今回の旅から、灼熱の国に行く場合は、帽子を携行するようにしました。

買ってから気づいたんですが、洗えないらしい(笑)  汚れたらどうすんだ??

DPP_14547

さて、早めにゲートに行っておきましょう。

DPP_14550

外も夜が明けてきました。

DPP_14551

DPP_14555

フリーインターネットはわかりますが、ATMって何のことだ?

DPP_14557

もう一度手荷物検査を通ってゲートにたどり着きます。

羽田からの飛行機を降りてから、計2回の手荷物検査。

アメリカでもこんなに厳しくなかったのに、金正男暗殺が影響してるのかな。

DPP_14561

インド洋をまたぐコロンボ行きフライト

コロンボ行きは定刻8:35のフライト。

コロンボ着は9:30。1時間の距離のようですが、マレーシアとスリランカでは、時差が2時間半あります。

したがって、飛行時間は3時間半。インド洋をまたぐ飛行ルートです。

DPP_14564

スリランカ時間に合わせようと思ったら、Gショックには登録がありません。同じ時差のインド・デリーに合わせます。

DPP_14572

クアラルンプールまでの便は多かった日本人も、コロンボ行きになると、一気にいなくなりました。

DPP_14566

ボーディング開始。3列×3列のこじんまりとした機体です。

DPP_14747

あれは、どこへ向かう飛行機かな。

DPP_14580

こちらの機も飛び立ちます。

DPP_14576

すごい密林。パームツリー? ゴムの木?

DPP_14582

いやあ、美しい。この非日常的な景色。やっぱ、旅は最高ですわ。体調は悪いけど・・

DPP_14583

水平飛行に移ると、飲み物を売りに来ました。

オプションはすべて有料のLCC。ある意味当たり前かな。だって、酒飲む人と、飲まない人で同じチケット料金って、ふつうに考えておかしいもんな。

DPP_14748

モニタはありませんが、機体はマレー半島の上空を飛んでいます。

DPP_14588

ということは、あれはマラッカ海峡ですね。

DPP_14590

すごい、さすがオイルロード!

各国のタンカーが行き交っています。

DPP_14592

DPP_14596

なんか不思議な光景だなあ。

DPP_14598

CAがスリランカ入国カードを配りに来ました。

DPP_14603

DPP_14610

インド洋の上に出ると、雲が垂れ込めてきます。

このあたりは、モンスーンの影響で、今は雨季です。

DPP_14612

セイロン島の上空へ! 感動の瞬間です。体の疲労も、一瞬忘れます(笑)

DPP_14614

シーギリア・ロックなんて、上空から見れるかな。
この「~歩き方」の表紙にも描かれた世界遺産は、今回の旅の第一テーマです。

DPP_14617

DPP_14619

コロンボ空港に到着。

時差はあるものの、9:30。仕事を終えて飛行機に乗ったら、朝には異国。
毎度の快感を覚えます(*^^)v

DPP_14778

さて、体調に若干の不安がありますが、目いっぱいスリランカを楽しむとしましょう!

DPP_14749

タイトルとURLをコピーしました