シティ・サイトシーイングから眺めるケープタウンの街【南アフリカ旅行記 #21】

治安の悪さにおびえながら歩くより、観光バスツアーに切り替えよう、そう思いました。

次の瞬間には、まさにそのオープントップバスが、タイミングよく循環してきました。

アルゼンチンでも、ハバナでも楽しめたオープントップバス。

手軽に、街の主要エリアを巡るにはうってつけです。

治安の心配をする必要もない。

 

オフィスに入って、チケットを購入しようとすると、220ランド。

しまったぁ・・・

財布やらカードやら、重要なものは、すべてホテルに置いてきたんだった・・・

ポケットをまさぐっても、出てきたのは170ランドほど。50ランド足りない・・・

00015380

仕方なく、ホテルにお金をとりに戻ります。

強盗対策がなんてこった・・

現在8時半。次のバスは9時とのこと。

ロングストリートからホテルまで、片道約2キロ。往復4キロ。

早歩きで、ホテルに戻ります。

怖いので、さっきは通らなかった公園をショートカット・・・

00015381

シティ・サイトシーイング イエロールート

息を切らしながら、またオフィスにやって来ました。

まったくもって間抜けなハナシです(笑)

00015382

いくつかルートがありますが、チョイスしたのはダウンタウンを回るイエロールート。

1周50分程度というのも手ごろだし、なによりケープタウンの街並みを見下ろせるというのがいい。

治安を気にして、入れないエリアだってあるわけですから。

その他には、テーブルマウンテンからキャンプス・ベイを回るレッドルートや、さらに遠回りするブルールート、喜望峰やワイナリーを回るルートもあるようです。

今回は、私は自分でハンドルを握りましたが、オープンデッキのほうが、写真は撮りやすいよね。

00015591

イエロールートは、約20分間隔。ちょうど9時発のバスが止まっています。

00015384

朝9時というのは、夜明けの遅いケープタウンでは早朝なのでしょうか。

観光客がほとんどいません。

00015385

観光案内用のイヤホンももらいました。

00015386

チャンネルを合わせると、日本語もありました。

00015390

隣のレーンに入ってきたバス。レッドルートかな。

00015388

出発間際になって、家族連れが乗ってきました。発車時刻です。

00015389

まずは、ロングストリートを北へ。

00015393

私は基本的に徒歩のほうが好きだけど、治安を気にすることなく、堂々とカメラを抱えていられるオープンデッキからの眺望もまたいい。

たとえるなら、サファリパークの中を、鋼板で覆われたクルマで見物する気分?

00015392

右手に見えるのは、ケープタウン州の政府事務所ですよ、と解説してくれるのもいい。

00015394

ここを右折し、クイーン・ビクトリア通りに入ります。

00015395

その角にあるのが、聖ジョージ大聖堂。

00015397

その隣が図書館。

00015398

そしてカンパニーガーデンズが続きます。

このカンパニーガーデンズは、南アフリカで最も古い庭園で、今は市民の憩いの場となっているとのこと。

00015399

公園の反対側にも、立派な図書館が。

00015401

00015402

そして、公園側に目を移すと、これは正門かな。

00015403

治安も、そんなに悪そうじゃありません。

00015404

しばらく進むと、プラネタリウム。

00015406

さらに北へ、雲をかぶったテーブルマウンテンが視界に入りました。

00015407

すごいホテルだな・・

マウント・ネルソン・ホテル。5つ星ホテルで、1泊4万円は下らないそうです。

00015409

それにしても、見事なほどに雲に覆われてますね。

昨日のドピーカンは、本当に運がよかった。なにしろ、ここには3日しかいられないわけですから。

00015410

でも、雲の上のテーブルマウンテンというのも面白そう。

00015411

今度は南下し、再びダウンタウン方面に戻ります。

00015415

セントメアリーズ大聖堂の角を右折。

00015416

この茶色い壁は・・・

聞き逃しちゃいました(笑)

00015417

00015422

モスクもあるんですね。

00015424

ビル群と工事現場。

00015426

マンデラ氏ですね。

00015430

キャッスル・オブ・グッド・ホープ

茶色い城壁が見えてきました。

キャッスル・オブ・グッド・ホープ。南アフリカで最古といわれる建物です。

00015432

17世紀。オランダの東インド会社が、総督を住ませるために建てたとのこと。

00015435

列強国支配の象徴のような建物ですが、現在は観光地になっています。

00015437

ここでバスは停車。キャッスルの見学を終えた観光客が数人、乗り込んできました。

00015438

城壁のカタチは五角形だそうですが、上から見ないと、さすがにカタチはつかめません。

00015439

そして、このあたりは、特に治安の悪いエリア。

00015441

オープンデッキから見るケープタウンのダウンタウン

あの時計塔は、なにかの教会かな、と思ったら、市役所でした。

00015443

この市役所前のダーリングストリートを西へ。

00015444

晴れていて、風もなく、ほんとに気持ちいいです。

00015448

右手には、グランドパレードと呼ばれる広場が広がります。

ここも、治安が特に悪いエリア。

その向こうに、鉄道駅があります。

南アフリカといえば、超豪華な高級列車が走っていることで有名ですが、私は、イベント列車の類にはあまり興味ありません。

生活色豊かな、ふつうの列車はぜひとも乗ってみたいですが、これがまた治安の悪さの巣窟になっているそうです。

00015449

はた目には、警察車両もあるし、治安悪そうには見えないんだけど。

00015450

00015593

この壁画。音声で説明があったけど、忘れちゃいました(笑)

00015451

右折して、ケープタウン駅方面へ。

これは、ケープタウンきってのフラワーマーケットだそうです。

00015453

24時間使える、シティ・サイトシーイングのチケット。

もったいないけど、イエロールートの1周で使い捨てます。

でも、ケープタウンの街並みを瞥見できてよかった。

00015456

ロングストリートのオフィスに到着しました。

00015458

イエロールート、それなりに人気があるみたい。タクシーを乗り継ぐより効率的だし、なにより安全だし。

00015460

ロングストリートで食べるサンドイッチ

イエロールートの50分に満足して、オフィス隣の喫茶店へ。

00015461

朝食を食べてないので、なにか腹ごしらえ。

00015462

この循環観光バス、人気ありますね。

私が乗ったときガラガラだったのは、単に朝早すぎたからのようです。

00015463

黒人スタッフが、てきぱきと給士。

シティ・サイトシーイングのオフィスに併設されてる喫茶だから、客層は国際色豊か。

それでも、日本人はやっぱり少ないようで、「アリガトウ、サヨウナラ、トウキョウ、オオサカ・・・」と、知っている日本語をひたすら話しまくる、陽気なスタッフでした。

00015594

昨夜は、赤ワインがおいしいことをいいことに、バイキングのステーキを食べ過ぎたので、野菜サンド。

00015464

これで、今回の旅も最終局面ですね。油断せずに、ホテルに戻りましょう。

タイトルとURLをコピーしました