弾丸一人旅で行ってみた世界各地の世界遺産を画像で紹介します!

この地球上には、1,100を超える世界遺産があります。(2020年1月現在)

世界遺産とは、ユネスコの世界遺産リストに登録された対象物で、「文化遺産」「自然遺産」「複合遺産」「危機遺産」などに区分されています。

私は、ここ数年、サラリーマンの身でありながら、弾丸一人旅を繰り返してきました。

そこで目にした数々の「世界遺産」は、文句なく素晴らしかった。

その「世界遺産」を、訪れた順に紹介させていただきます。

しろうとフォトグラファーが撮った写真なので、「厳選おススメ!世界遺産TOP5」とか、「一生に一度は行きたい・・」のようなサイトには負けます・・汗

 

でも、数少ない有給休暇を取得して、訪れた「世界遺産」には、言葉では言い表せない愛着があります。

自分の生の目で見た景色。そして、それをシャッターに収めた瞬間。

その一つ一つの臨場感が、私の記憶に焼きついています。

というわけで、新しい場所を訪れるたびに、本ページは更新していきますので、ぜひ楽しみにしてください。

慶州歴史遺跡地区(世界文化遺産):韓国・慶州

「屋根のない博物館」とも呼ばれる慶州は、紀元前57年に新羅が建国されたときの都。

その後、新羅王朝は約1000年にも渡って栄えました。

歴史遺産が町の広範囲にわたって数多く点在しています。

慶州への行き方

ソウルや釜山から、KTX(韓国新幹線)で行くのが便利です。

  • ソウル ⇒ 新慶州 約2時間10分
  • 釜山 ⇒ 新慶州 約40分

 

マラッカ(世界文化遺産):マレーシア

マレーシアの古都マラッカは、古くから海のシルクロードの拠点として栄え、オランダやポルトガル、イギリス植民地時代の香りが入り混じる、エキゾチックな街です。

この独特の文化を育んだ街は、ジョージタウンとともに、「マラッカ海峡の歴史都市群」として、2008年に世界文化遺産として登録されました。

マラッカへの行き方

クアラルンプールやシンガポールから、バスで行くのが便利です。

  • クアラルンプール ⇒ マラッカ 約2時間
  • シンガポール ⇒ マラッカ 約4時間

 

エフェソス遺跡(世界文化遺産):トルコ

トルコのセルチュクという街の近くに位置する古代都市。

ヘレニズム時代の交通の要衝だったそうです。

上の写真は、ケルスス図書館。

紀元265年、ゴート族に襲われ、12,000巻もの書物とともに炎上しました。

私は、いわゆる西洋の遺跡を見るのははじめてだったので、正直、なにもかもに感動しました。

当然、円形劇場を見たのも、ここが記念すべき初観賞です。

エフェソス遺跡への行き方

私は、イスタンブールから、次のように行きました。

  • イスタンブール ⇒ イズミル 飛行機 約1時間
  • イズミル ⇒ セルチュク 列車 約40分
  • セルチュクのホテルの主人のクルマで、約20分。(バスも頻繁に出ています)

ターキッシュエアラインズで、イスタンブール入りすると、到着は早朝なので、そのままイズミル行きのフライトをキャッチすることができます。

日本を夜出て、翌日の昼にはエフェソス遺跡の上に立ってられるかも・・・さすがに無理かな

 

イスタンブール歴史地区(世界文化遺産):トルコ

トルコの最大都市イスタンブール。

その旧市街と呼ばれるスルタンアフメット地区は、「イスタンブール歴史地区」として、世界文化遺産に登録されています。

写真は「アヤソフィア」。赤みがかかった壁が象徴的です。

ギリシア正教の大本山としてはじまり、その後イスラム教のモスクとして使われるという、変わった生い立ちです。

 

こちらは、スルタンアフメット・ジャーミー。別名「ブルーモスク」。

青みがかかったタイルが、ブルーモスクと呼ばれる所以です。

 

イスタンブール歴史地区については、こちらの記事もご覧ください。

 

つづきは、しばらくお待ちください。順次更新させていただきます。

タイトルとURLをコピーしました