国境を越えてマレーシア・マラッカへ【シンガポール旅行記 #3】

シンガポール一人旅、2日目の朝。

今日は、国境を越えて、マラッカまで行ってこようと思います。マラッカまでのバスの手配は、昨日のうちにやっておきました。

アラブストリートにある、「シンガポール・マラッカ・エクスプレス」の8時半に出るバスです。

なぜ、マラッカ?

シンガポールからマレーシアへのショートトリップなら、ジョホールバルという街が「地球の歩き方」にも載っていて、これなら隣町なので所要時間も1時間くらい。

それでもよかったのですが、マラッカという地名の響きがいい。

マラッカ海峡は日本の生命線と呼ばれているし、世界遺産でもあるし、沢木耕太郎さんの「深夜特急」にも登場し、行ってみたい街の一つでした。

位置関係的には、シンガポールから約250km。マレーシアの首都クアラルンプールへの道中の、ちょうど中間地点となります。

高速道路があるので、国境越えの手続き時間を含めて、4時間ほどで到達できるとのこと。

マレーシアの古都マラッカは、古くから海のシルクロードの拠点として栄え、オランダやポルトガル、イギリス植民地時代の香りが入り混じる、エキゾチックな街と聞いています。

今回の弾丸旅行、実はシンガポールよりも、マラッカのほうが、私にとっては本命でした。

それに、シンガポールとマレーシアは、ジョホール水道を隔てただけの陸続き。すなわち、私にとっては、生涯初めての陸路による国境越えが体験できるんです。

人生初の陸路国境越えに快感!?

昨日のうちに、買っておいたバスのチケットを握りしめて、ニコル・ハイウエイ駅近くの長距離バスターミナルに向かいます。

片道約4時間のバス旅。

8時半のバスで出発して、帰りは現地18時過ぎ発ですから、マラッカに6時間くらいいられる計算です。

DPP_1044

3列シートで、なかなか快適なバスです。親切なバス会社で、水を1本プレゼントしてくれました。

DPP_1045

30分ほど走ると、シンガポール側のイミグレーションに到着。ここで、出国審査を受けます。

陸路で国境を越えるのは初めて、ちょっとした緊張です。

しかし、待っても待っても順番が回って来ません。時間は10分、20分と容赦なく過ぎていきます。

遠巻きに見ていると、1人1人の審査にすごく時間をかけています。

シンガポールのイミグレはけっこう厳しいとは聞いてましたが、気が気でなりません。

私のバスは、待っててくれているのでしょうか。

おまけに、バスのナンバーを控えるのを忘れてました。

初の国境越えで、完全に舞い上がっています。

DPP_1046

40分も待ったでしょうか。

もう、バスは出発してしまっただろうと半ばあきらめ、チケットを買いなおして、ジョホールバル観光にしようと思ってましたが、税関を抜けたところのターミナルにバスが普通に待ってました。

私のバスかどうか・・・シートに飲みかけのミネラルウオーターがありました。
間違いありません。(*^^)v  よかった・・・

他の乗客も乗せ終ったバスは、ジョホールバル水道をコーズウエイという橋で渡ります。

DPP_1047

マレーシア側のイミグレに着いて、今度は入国審査。

マレーシア側の入国審査は、いたって簡単で、あっという間でした。

マレーシアは、生涯2度目。一人旅での入国は、もちろん初めてです。

無事に、陸路の国境を越えられて一つの達成感!

DPP_0997

ちなみに国境は写真撮っちゃいけないんですが、ごめんなさい。

DPP_0998

DPP_0999

もう、なにも心配はいりません。バスの旅を楽しむだけです。
バスは、こんな高速道路をひたすら走ります。

DPP_1001

景色は、ずっとこんな感じです。

DPP_1000

そして、4時間ほどで、マラッカのバスターミナルに到着しました。

到着するなり、「タクシー?タクシー?」と、男たちが言い寄ってきましたが、辞退し、ターミナルの中へ。いよいよ、マラッカです。

DPP_1002

タイトルとURLをコピーしました