マヤ文明の遺跡 スコールに煙るチチェン・イッツア【メキシコ&キューバ旅行記 #10】

日陰での休憩を終え、戦士の神殿の前に立ちます。

00007354

戦士の神殿

上部の台座は、やはり生贄用だったとのこと。
しかしまあ、生贄がいないと、文明は進化しないんだろうなあ・・・

今の自分たちが、こんな観光旅行をしていられるのも、すべて文明の利器のおかげ。

すべての生贄は、その後の文明の利器を生み出す源泉になっていたと考えられれば、救われる気もする。

00007355

壮大な遺跡を眺めているうちに、なんだか哲学的になってしまった・・・

戦士の神殿から続く、「千本柱の間」にかけての石柱。

00007356

これ、どうやって造ったんだろうね。
ていうか、繋げたんだろうね。

00007359

うーん。神秘な世界。

00007360

ここは、戦士の神殿の裏側。
正午を過ぎて、ますます暑くなってきました。
なんか、空気もよどんできたような気がする。

00007361

上半身裸になってしまう観光客も。

00007362

おっと、またイグアナかな?

00007363

けっこういますよ。かわいいもんです。
ところで、ここは熱帯雨林の中。毒蛇とかはいないんだろうか・・

00007365

このあたりは日陰が多く、ラクです。

00007364

わらぶき屋根ですね。

00007367

右側にいる集団は、女性のみの研究チームって感じ。
チーフのような女性が、あれこれ指しては解説してました。

00007368

00007369

千本柱の間の一番奥まで行って、引き返すところ。
なんか、現地の人たちが、出店にシーツをかぶせはじめてます。

00007370

そのうちに、遠くから、ゴロゴロと雷鳴が・・・
さすが、現地人。兆候がわかるんだね。

00007371

家族で遺跡見物。夏休みの自由研究かな。

00007372

エル・カスティージョの南側です。
こちら側は、石の階段が崩れちゃってますね。

00007374

突然のスコール

ゴロゴロと鳴り響く雷鳴が近づいてくるのが手に取るようにわかります。
そして、ピカッ! と、すごい稲妻。

00007375

遺跡を覆いつくす、真っ黒い雲。

00007376

次の瞬間、滝のような雨が降りはじめました。

00007377

観光客が、キャーキャー言いながら、木の下などに避難。
でも、木の下って、危ないでしょ。

00007378

私は、傘を持っていたけど、傘が役に立たないほどの降り方。
トイレの軒下に避難します。

00007379

さえぎるものが全くない、エル・カスティージョの北側などにいた観光客は、ずぶ濡れ・・・
あきらめモードで、戻ってきます。

00007380

しかしこれは、すごい降り方だ・・・  熱帯のスコールのすごさを初めて体験しました。

00007381

前も見えないほどなのに、傘を差して観光する一団。
次の予定でも入ってるのかな。

00007382

子供は、はしゃぎたくなるよね。わかる、わかる・・

00007383

なんだ? あいつらは?

00007384

まったく・・風邪ひかないようにな。

00007385

さすがラテンの血。

00007386

ふつうの人は、こうやってみんな雨宿り。

00007387

20分くらい、凄まじい勢いで降った後、小降りになってきました。

00007388

まだ止んでないけど、みんな出て行きます。

00007389

カッパ組みが増えました。

00007390

いやあ、すごいスコールだった。

00007391

そういえば、今日は月曜日なんだよね。
雨季の月曜日に、こんなに人が集まるチチェン・イッツアって、一体・・

00007392

小雨になったのをしおに、エル・カスティージョと別れます。

00007393

旧チチェン・イツァー

さて、チチェン・イッツアには、「新・旧」があります。
今まで、見てきたのは「新」。では「旧」の方を見に行きましょう。

00007413

ここが、「旧」の入り口。
旧というくらいですから、こちらの方が古く、新チチェン・イッツアが10世紀以降の文化であるのに対し、こちらは6世紀ごろのマヤ文化とのこと。

00007414

高僧の墳墓&カラコル

これが、旧チチェン・イッツアのエル・カスティージョともいうべき、高僧の墳墓。

00007415

かなり崩れてしまっていたらしいですが、最近ようやく復元されてきたらしい。

00007416

雨に濡れる遺跡もいいよね。

00007417

オジギソウも濡れます。

00007418

さらに奥へ。

00007419

カラコルと呼ばれる天文台。

00007421

とにかくすごい遺跡群です。

00007420

これ、上空から見たら、ほんとに密林の中にポツンとあるんだろうな。

00007422

00007423

また、ピカッと来ました。

00007424

もう、あっという間です(笑)
ほんと、笑っちゃうくらい。

00007425

これが雨季のユカタン半島。

00007394

みんな雨宿りしてるけど、店主から、「買え!」って言われないかな。

00007426

00007396

小降りになったので、傘を差して、旧チチェン・イッツアを歩きます。

00007397

雨に煙る天文台。
あの台座は、金星がもっとも北に沈む方角を向いているらしい。
スコールも凄まじいけど、マヤ人たちの天文学も凄まじい・・・

00007398

雨のおかげで、落ち着いた感じがいいです。
雨は、むしろ好きだよね。このマイナスイオンに打たれる感じが。

00007399

これは、赤い家、もしくは鹿の家。

00007427

時刻は15時過ぎ。バスの時間は16:30。
ゆっくりと、戻りはじめます。

00007400

旧チチェン・イッツアの入り口に喫茶店がありました。

00007430

足を見ると、ジーンズが、ひどいことに。
あと旅は6日もあるのに・・

00007428

カプチーノで一息つきます。
コーヒーって不思議だ。なぜ、飲むだけで、疲れが取れる気がするんだろう・・・

 

ふと、「ジョジョ~」のこんなシーンが、頭に浮かびました。

ジャイロの淹れるイタリアン・コーヒーは、こんな旅において格別の楽しみだ。

コールタールみたいに真っ黒でドロドロで、同じ量の砂糖を入れて飲む。

これをダブルで飲むといままでの疲れが全部吹っ飛んで、驚くほどの元気が体の芯からわいてくる。

信じられないくらいいい香りで、さらに新しい旅に出向いて行こうという気持ちになる。

まさに大地の恵みだ。

荒木飛呂彦 著 STEEL・BALL・RUN14巻より

場所は違えども、同じ北米大陸。

それで、こんなフレーズを思い出したのかなあ・・・

くだらない、ジョジョ信者のたわごとでした(笑)

00007429

タイトルとURLをコピーしました