バス旅 チチェン・イッツア ⇒ カンクン 素通りとなってしまったカンクン【メキシコ&キューバ旅行記 #11】

壮大なチチェン・イッツアを心ゆくまで楽しみました。

熱帯のスコールも体験できました。

出口まで戻ってきましたが、まだ少し時間があります。

00007401

レストランで休憩

お昼ごはん食べてないし、ここで済ませますか。

00007402

店内は、ワールドカップ真っ最中。

00007403

まずはビールでしょ。水分補給です。

00007432

一番軽いのと思ってサンドイッチにしたら、これ。

でも、すごくおいしかったです。量が多すぎるだけ。

00007405

バスでカンクンへ

さて、荷物を受け取って、カンクン行きのADO社のバスをさがします。

00007407

さあ、どれだ。もうすぐ来るそう。

00007408

あれかな。

00007410

そのようでした。

荷物を預け、指定された座席に乗り込みます。

00007411

ところが、なんと、社名のカッティングシールで、窓がふさがれている。

なってこった・・・

「音なし」だけでなく、「目なし」のバス旅になってしまいました(泣)

00007412

前方では、映画が流れています。でも、全然興味なし・・・

音楽は聴けない・・  景色は見れない・・・

この、カンクンまでの3時間が、今回の旅の一番の苦痛でした(笑)

00007434

忍耐の3時間がようやく過ぎ去って、バスはカンクンのバスターミナルに到着。

00007435

カンクンのダウンタウン「Hotel Plaza Caribe」に投宿

カンクンは、旅行好きの人なら誰でも知ってる一大リゾート地。

私は、そんなリゾート地に、夜着いて、翌朝早朝に出発です。

00007440

なので、バスターミナルの真向かいのホテルを予約しておきました。

「Hotel Plaza Caribe」です。

00007442

リゾート感いっぱいのロビー。

00007446

プールもついてました。

00007439

おっと、エレベータのないホテルは久しぶりだ。

00007438

部屋に落ち着きました。

ほんとに残念ではありますが、カンクンでは、寝るだけ。

明日の朝、8:10の飛行機でキューバへ飛びます。

したがって、5時半ごろ、タクシーで空港へ向わなくてはならず、カンクンが面しているカリブ海を眺めることもできません。

夜明けが6時半ですから・・・

00007437

なので、今夜は、抱えている洗濯ものの処理を。

00007447

ジーンズは、乾かないと思って、下着やシャツ類をすべて処理しました。

けっこう湿気の多い街のようだけど、朝5時までに乾くかな・・

00007448

そこまでやってから、いちおう、カンクンの夜の街を拝見。

見つけた電器屋でSony・・・ ダメでした。

キューバに行ったら、ますます望み薄。ここカンクンが最後の砦だと思っていたのに、むなしく打ち破られました。

00007441

チチェン・イッツアで、あんなにデッカいサンドイッチを食べたので、そんなにお腹はすいてないんだけど、何か食べておかないと。

00007443

カンクンはリゾート地といっても、私が歩いてるのは、いわゆるダウンタウン。

00007444

ホテルの周囲だけでは、カンクンの感じはつかめませんでした。(当たり前だ)

セブンイレブンで、食料を調達して、今夜も早く寝ましょう。

00007445

ハイネケン2本とツナサンドの夕食。

なんか、あわただしい1日だったけど、しっかりと収穫はありました。

なんといっても、あのチチェン・イッツアを、心ゆくまで眺められたんですから。

00007449

ほんの腰かけのつもりで寄ったメキシコ。

マヤ文明の遺跡は、心に響くものでした。

いよいよ明日からは、今回の旅の本命、キューバへ踏み入れます。

フロントで、タクシーを5:20に予約して、就寝です。さすがに、今日は疲れた・・

タイトルとURLをコピーしました