灼熱のハバナ街歩き&夕暮れのメキシコ湾【メキシコ&キューバ旅行記 #16】

さて、支倉常長に挨拶したところで、また散策をはじめますが、ここはすでに旧市街の果て。
モロ要塞がそびえたっています。

00007741

昼下がりのハバナ旧市街

暑いし、いったんホテルに避難するとしますか。

00007739

しかし、ここからホテルまで2キロ近くあります。

00007742

ハバナにいられるのは、今日と3日後の1日の2日間だけ。
旧市街の南側半分はまだ観てないし、頑張って歩いちゃいますか。

と、思案するほど暑いです(笑)

00007744

暑いけど、海を渡ってくる風は心地よい。
やっぱり、オープンカー気持ちよさそう。

00007746

カバーニャ要塞のほうを見ています。キリストの像。

00007750

フエルサ要塞。ハバナで最も古い要塞とのこと。

00007751

そして、その要塞のとなりのアルマス広場で一休み。
みんなも休んでいます。

00007753

広場の中央には、カルロス・マヌエル・デ・セスペデスの像。
独立運動のリーダーとして活躍した勇敢な人。

00007754

広場の脇では、ストリートミュージシャン。

00007756

アルマス広場を南に進むと、サン・フランシスコ広場。

00007758

広場が多いですね。

00007759

00007760

これは、サン・フランシスコ・デ・アシス修道院。

00007761

00007764

キューバという国が、ここに至るまでには、数多くの功労者がいたということでしょうか。

00007765

そして、西の方に、つまりホテルの方に戻りかけると、通るのがビエハ広場。

00007768

こじんまりとしていますが、16世紀には造られた歴史ある広場。

00007769

みなさん、日陰で休んでいます。
「~歩き方」によると、この近くの建物に、日本の援助で造られたプラネタリウムがあるそうだけど、どこだろう?

00007770

夕暮れ時でも暑いハバナの町

まだ、見どころはあるんでしょうけど、もう体力の限界(笑)
ホテルに戻ります。

00007772

00007775

いきなり、ゴーストタウンのようになる場面も。
ハバナ旧市街は、今まさに変貌をとげようとしているんでしょう。

00007776

通りの名前のプレートもカッコいい。

00007777

私的には、歴史ある建物や広場より、ただの古い町並みを歩くほうが好きです。

00007778

何年くらい使ってるんだろう?

00007779

子供も遊ぶ、夕暮れ時のハバナ。

00007780

あれ?あの国旗はキューバじゃないよな。

00007781

なんの果物?

00007783

クルマを修理する人。
日本では、路上でクルマを修理する光景は、見られなくなったよな。

00007784

アートな落書き。

00007785

セントラル公園まで戻ってきました。
がんばろう。ホテルまで、あと1キロもないはず。(暑さで完全にバテてます

00007787

あのバスはどうやって乗るんだろう?
ハバナの最終日にでも乗ってみようかな。

00007789

ほんとにカッコいいクルマ。

00007791

それにしても、年代モノの建物だよな。
おそらくエレベータなどないでしょう。

00007793

ホテルに帰るつもりが、通りを行き過ぎて、海まで出てしまいました。

00007795

おおっ、野球少年!
キューバでも、近年はサッカーがさかんと聞いていますが、老舗の野球人気も衰えてないようです。

00007796

高いビール・・

遠回りついでに、ビールを売ってる酒屋をさがします。
旧市街にはあれほどあった酒屋も、ホテル付近ではさっぱり。

それでも何とか見つけて、2本オーダーすると8CUC(880円)。

そりゃ、高すぎだろ・・・  その時は計算できず、10CUC紙幣を出して、2CUCのお釣りをもらっただけ。
うーん、ボラれてるのか、実際に物価が高いのか。あるいは観光客だから高いのか・・・

 

でも、思考を喉の渇きが上回っています。
ホテルに帰るなり、立て続けに2本流し込みました(^^)v

万国共通の、この旨さ!

00007797

ベッドで休んでるうちに、ウトウトってして、目が覚めると19時すぎ。まだ明るいです。

夕食は、かるくピザでも仕入れようと、ホテルのおばさんにピザ屋の場所を聞きました。

00007798

教えられたピザ屋は、ホテルから徒歩5分ほど。

00007799

00007800

3CUCのピザを、指差してオーダー。
(3CUCならふつうかな・・わからん)

00007801

ピザをテイクアウトで仕入れると、外は夕暮れの雰囲気。時刻は20時です。

00007802

夕暮れのメキシコ湾

夕暮れの大西洋でも見てみようか。

00007803

大西洋の夕暮れ。

00007806

まだ釣りに興じる人たちも。

00007805

夕暮れで涼しくなっているからでしょうか。
マレコン通りは、憩いの場のようになってます。

00007807

00007809

観光客なのか、現地の人たちかわからないけど、夜遅くまで楽しむ習慣はラテン系そのもの。
アルゼンチンを思い出します。

00007810

明日はツアーに参加。
早起きしなくてはならないので、私はホテルに戻ります。

さっき買ったピザは、かなり大きく3CUCなら納得のいく値段でした。

00007811

またビールが飲みたくなりましたが、外に出るの面倒くさくなって、ミニバーのコーラを拝借。

明日は5時半にはチェックアウトするので、今のうちに手続きをと、ロビーというかリビングに降りて、おばさんと娘さんと会話。

今のうちにミニバーの支払いを済ませたい意図がようやく伝わり、20CUC紙幣で支払おうとするとお釣りがないとのこと。

ポケットの中から、小銭を全部出して、渡すと、どうも若干足りないような感じだったけどOKしてくれました。

ありがとさんです(^^)v

タイトルとURLをコピーしました