世界遺産 テルアビブの街散策【イスラエル旅行記 #26】

イスラエルの旅、最後の朝。目覚めて、窓を開けると、ザザーッ、ザザーッと波の音。

地中海の潮騒が、ホテルの部屋の中までこだまします。

しばらくこの景色を眺めながら、ここまでのイスラエルの旅を回想しました。

今夜の飛行機で日本に帰るんですよね。うーん、残念だ。もっと、いたい・・・

DPP_3687

テルアビブ市民の朝のエクササイズ

恒例の早朝散歩も、今日で最後。今朝もまた、雲一つない空。

DPP_3688

みなさん、エクササイズに励みます。まだ6時半ですが。

DPP_3689

地中海。ちょっと触ってみると、少し冷たい。死海や紅海のようにはいかないですね。

DPP_3692

波の高さは、けっこうハンパない。

DPP_3691

みんな、走る、走る。

DPP_3693

でも、自宅近くに、こんな素敵なジョギングコースがあったら、楽しいかもね。

DPP_3694

「シー・エグザクティヴ・スイーツ」の朝食

ホテルに戻って、朝食です。

DPP_3769

こりゃまた、おいしそうです。

DPP_3770

おいしいので、どうしても食べ過ぎてしまいます。でも、なぜか体重は増えない。いつものパターンだと、体重が増えるのは帰国してから。

旅行中は、それなりに体を動かしてるけど、帰国するとデスクワークの毎日。しかし、食べる量が習慣で増えちゃってるから、その分体重も増えるっていう理論ですね(笑)

DPP_3771

食事もおいしく、部屋の設備もよく、最高のホテルでした。

DPP_3772

さて、荷物をパッキングして、いつでもチェックアウトできるようにした後、また街を歩き回ります。

陽も昇って、波の高い海で遊泳する人も。

DPP_3695

DPP_3696

今日は土曜日。シャバットもさることながら、そもそも休日なんでしょう。

DPP_3698

みんな、思い思いの休日を楽しみます。

DPP_3699

世界遺産の「白い町」テルアビブを歩く

少し、海岸から離れて、陸の方に入ってみます。

テルアビブは、「白い街」ということで世界遺産に登録されているとのこと。

DPP_3700

「どこが白い町なのかな・・・」と思いながら、「地球の歩き方」に出ていた「ディゼンゴフ広場」の方に向かってみます。

DPP_3702

DPP_3703

「ディゼンゴフ広場」

「ディゼンゴフ広場」まで来ましたが、どこが「白い街」なんだろう??

DPP_3704

ロスチャイルド通りの方に行ってみますか。

DPP_3706

DPP_3705

ロスチャイルド通り

歩道を中心に配置したロスチャイルド通りです。

DPP_3708

街を歩いていて、なんか違和感があったんですが、自動車が横断歩道の前で停まること。

イスラエルは、歩行者優先なんですね。エイラットも確かにそうでした。

実に珍しい。

私の海外渡航記録で、歩行者優先の国って、初めてじゃないかな。

DPP_3709

ロスチャイルド通りの風景。

DPP_3712

DPP_3713

なにか、このテルアビブという街は、落ち着いていますね。

今まで、刺激の強い街を回ってきたから、特にそう感じるんでしょうけど。

DPP_3717

ま、今日は土曜日でシャバットだし、街というより、人々の表情でも観察しますか。

DPP_3719

DPP_3720

DPP_3725

DPP_3727

DPP_3728

ネヴェ・ツェデク地区

テルアビブで最も古い地区。ネヴェ・ツェデク地区の方にも行ってみました。

DPP_3729

高級住宅街といった感じ。

DPP_3730

エルサレムには、あれほどいた自動小銃を構えた警官の姿は皆無。

DPP_3731

「地球の歩き方」に出ていた、「テルアビブ散策半日コース」というのをたどってみましたが、めちゃくちゃ面白いという感じではありませんでした。 

やはり、テルアビブは、首都だけあって、安定した都市という雰囲気です。

とはいうものの、散々歩き回りましたから、汗もかくしのども乾きます。

DPP_3732

チェックアウトをするために、ホテルに戻ります。

平和な光景ですね。

DPP_3733

私には、テルアビブは、街並みより、ビーチの方が素晴らしく映ります。

DPP_3734

ホテルまで戻ってきました。

チェックアウトの12時まで、あと30分しかありません。さっさと、シャワーを浴びちゃいましょう。

DPP_3736

タイトルとURLをコピーしました