レンタサイクルで走る地中海沿岸テルアビブの街【イスラエル旅行記 #25】

ホテルから、徒歩1分。地中海の海岸に出ました。間もなく日没ですが海岸は賑わってます。

この旅は、死海、紅海、地中海と、海にも縁がありましたね。

地中海沿岸の散歩

砂浜をかみしめるように、海岸を散歩します。

DPP_3614

全然波がなかった紅海とは違い、大波が押し寄せてきます。

DPP_3618

浜辺でのんびり過ごすイスラエル人たち。

DPP_3616

ここテルアビブは、経済の中心地であり、リゾート地でもあるんですね。

DPP_3617

DPP_3619

ハワイやグアムより、こっちの方がいいんじゃないですか。行ったことはないけど(笑)

DPP_3620

無理なく、都会と自然が同居してるように思えます。

DPP_3621

DPP_3622

レンタサイクルで走るテルアビブ

おっと、これが自動レンタル自転車、「テル・オー・ファン」ってやつですね。

DPP_3624

しばらく見てると、地元の人、親子連れ、観光客と、結構、いろんな人が使っていきます。

DPP_3625

簡単に借りれそう・・

DPP_3627

しかし、しかし、チケットを買うのも一苦労。

  1. クレジットカードを登録して、エントリーする。
  2. 今回のレンタルを申込みする。

という手順のようですが、わけがわからず、液晶画面と取っ組み合いしてたら、地元の方が手ほどきしてくれました。ありがとさんです。

ちなみに「地球の歩き方」によると、エントリー(基本料)が17シュケル。1時間当たり5シュケルとのことでしたが、微妙に違ってた感じがします。

で、出てきたレシート。おそらくこれは重要なものなので、大事に取っておきましょう。

DPP_3564

さて、夕暮れのテルアビブをサイクリングと行きますか。

DPP_3629

こりゃ、気持ちいいわ。

DPP_3628

夕暮れの海岸を、のんびり、自転車でサイクリング。

私も、東京湾沿岸に住んでいますが、すごく贅沢なことだったんですね(笑)

DPP_3630

DPP_3631

撮って~、というので撮ってあげました。

「地球の歩き方」には、撮られるのを嫌う傾向がある、とありましたが、どうもそうではない模様。

DPP_3632

地中海に沈む、真っ赤な太陽。

DPP_3633

もうすぐ太陽は沈みますが、まだ海に入ってる人はいます。

DPP_3635

ちゃんと、サイクリングコースが設けられてるのがすごい。日本でもようやく整備されはじめましたね。

DPP_3636

そろそろ1時間経つかな。

DPP_3642

レンタサイクルを慎重に返却(笑)

返却の仕方を、「見て」学びます。

ちゃんと「返却」されてなかったら、大変なことになるので、地元の人に確認してもらいました。

まあ、大丈夫でしょう。

DPP_3626

日本に帰ってから、楽天カードの明細を確認しました。

上から4行目が基本料。2行目が1時間当たりの使用料。大丈夫、正しく課金されているようです。

ちなみに、こうしてクレジットカードを、あらゆるところで使うというのは、いわゆるスキミングとか犯罪の機会を与えるという指摘もあるようですが、どうなんでしょう。

私は、今までと同じように、ところかまわず使ってます。

一番上の行は、帰りのイスタンブール、トランジット中のお土産購入。3行目は、今夜のホテルのミニバーやランドリー使用料、5行目はエルサレムでのキャッシングです。

帰国後に、PINコードぐらい変更しておいた方がいいのかな・・・

DPP_3844

シャバットの週末、楽しそうだなあ・・・

DPP_3638

燃えるような地中海。

DPP_3639

みんな、それぞれの週末ですね。見てるだけで、心が洗われます。

DPP_3640

自転車を返し、陽も沈んだテルアビブの散歩を楽しみます。

DPP_3643

DPP_3644

なんか、いい街ですね。

ここテルアビブで、数か月前に、銃乱射事件が発生したなんて、信じられません。

DPP_3645

エルサレムともエイラットとも違う、テルアビブの街の雰囲気。

ちなみに、都会度は、テルアビブがもっとも高いです。

DPP_3646

日が沈んでいきました。

DPP_3647

さて、腹ごしらえしてホテルに戻りましょう。

でもちょうど夕餉時、レストランはどこも満席です。

DPP_3648

DPP_3649

マックで済ませますか(笑)

兵隊だらけのベエル・シェバのバスターミナルで食べたのと同じメニューです。

DPP_3680

ホテルからの夜景もグッド!

ホテルのランドリーを借りて、ジーンズを洗いました。すごい砂だらけだったです。

明日は、この旅の最終日。帰国の日です。

楽しい旅でした。

帰りたくないので、ホテルの窓を開けて、しばらく、ずっと、この夜景を眺めてました。

DPP_3650

タイトルとURLをコピーしました