ターキッシュエアラインズで旅立ち ~ テルアビブへ【イスラエル旅行記 #1】

さて、いつも通り、日中は目一杯仕事をして、一旦帰宅。そして成田空港に向かいます。

数えてみると、海外への渡航は15回目、一人旅だと9回目になりますが、今回が一番緊張しています。

なんといっても、イスラエルという国への渡航なんです。緊張するなよ、というのが無理というもの。

私は、生まれてはじめての一人旅を小学生のときに体験しましたが、そのときの家を出るときの気持ちに近かった。

期待と不安が織り交ざった、なんともいえない快感です!(^^)!

背中のバッグの中味は今までとさほど変わりありませんが、今回、水着にビーチサンダル、そして洗剤を追加。

水着とサンダルは、あわよくば死海や紅海で水につかれたらというもくろみ。

洗剤は、その荷物のために下着類を減らさざるをえなくなったため、現地で洗濯というストーリーです。

イスラエル 7泊10日弾丸一人旅スケジュール

まずは、旅立ちの前に、今回のスケジュールのおさらいです。

日付

午前

午後宿泊地

9/16(金)

 

成田22:30発 

機内

9/17(土)

イスタンブール4:40着 6:35発

テルアビブ8:40着

エルサレム観光

エルサレム観光

エルサレム

9/18(日)

エルサレム観光

(ベツレヘム訪問予定)

エルサレム観光エルサレム

9/19(月)

エルサレム観光

(死海・マサダ訪問予定)

エルサレム観光

エルサレム

9/20(火)

エルサレム観光

エルサレム⇒ミッペラモン(バス)

ミッペラモン

9/21(水)

ミッペラモン⇒エイラット(バス)

エイラット観光エイラット

9/22(木)

ヨルダン・ペトラ遺跡ツアー

ヨルダン・ペトラ遺跡ツアー

エイラット

9/23(金)

エイラット⇒テルアビブ(飛行機)

テルアビブ観光テルアビブ

9/24(土)

テルアビブ観光

テルアビブ21:45発

機内

9/25(日)

イスタンブール0:05着 1:40発

成田19:10着 

弾丸とはいうものの、今回は私としては少しロングな正味9日間。シルバーウイークをうまく使いました。これなら、会社からもらう休暇は3日間だけ。

今回は、行き先がイスラエルということで、行き当たりばったりの要素をなるべく少なくして、それこそ効率的にいろいろ見て回れるよう、出発前からさんざん画策しました。

とは言うものの、

  • 明日の朝、テルアビブに着いてから、エルサレムまでどうやって移動しようか(金曜日はシャバットで、みんなお休みらしいので。)
  • ベツレヘムに、きちんと行けるかな。
  • エルサレムからエイラットまでバスでうまく行けるかな。

みたいな、不安がいくつかあります。

でも、この不安が、旅の期待も盛り上げるんですよね。成田空港へ向かう成田エクスプレスの中から、私の胸は最高潮です。

ターキッシュエアラインズ フライトスケジュール

そして、ターキッシュのフライトスケジュールがこちら。

 航空会社便名フライト

乗継ぎ時間

往き

ターキッシュ

エアラインズ

TK53

成田22:30 ⇒ イスタンブール4:40

1時間55分
TK784

イスタンブール6:35 ⇒ テルアビブ8:40

 

帰り

ターキッシュ

エアラインズ

TK789

テルアビブ21:45 ⇒ イスタンブール0:05

1時間35分
TK52

イスタンブール1:40 ⇒ 成田19:10

 

ターキッシュエアラインズは、イスタンブールをハブ空港とした航空会社。以前トルコに行くときに利用して以来2度目です。

往きは、乗り継ぎ時間1:55を含め、合計所要時間16:10のフライトになります。

感覚的には、夜出発したら、翌朝にはイスラエルって、信じられないですね。

DPP_2731

こちらも、一抹の不安があるのが、イスタンブール・アタチュルク国際空港での乗り継ぎ。

実は、乗り継ぎ便の体験は初めてなんです。

そこへ、先日のアタチュルク国際空港の自爆テロ。たった2ヶ月前の出来事ですよ。これも、不安になるなよ、というのが無理というもの・・・

成田空港第1ターミナルでのひととき

いろいろ不安はありますが、もちろん不安を期待が10倍くらい上回っています。成田空港に到着し、チェックインです。

DPP_2857

いつもながら、空港の雰囲気は大好きです。

DPP_2858

と、出発時刻が30分繰り上がって22:00。これ、成田の最終便なんですね。たしか、去年の10月も30分繰り上がった気が。

さて、乗り継ぎ便の体験は初めて。

オンラインチェックした情報を端末に入力すると、2枚分のチケットがちゃんと出てきました。
なるほど、こういうものなんですね。

出てきたチケットを、まじまじと眺めます。

DPP_2868

30分繰り上がったとはいっても、まだまだ時間があります。

せっかくなので、先日取得したプライオリティパスでラウンジというものを体験、と思いきや閉店時刻でした。

まだ21時前なのに、これじゃ、ハブ空港にはなれませんよ(笑)

DPP_2859

47番ゲートで搭乗開始です。ほぼ1年ぶりに見るイスタンブールの文字。

一気に沸き起こる旅立ちの気分(^_^)

DPP_2860

機内食の美味しいターキッシュエアラインズ

定刻通りフライトです。
1年前の時は日本人はほとんどいませんでしたが、今回はちらほら。シルバーウイークですもんね。

DPP_2861

成田空港を離陸。これから10日間日本を離れます。

水平飛行に移ってすぐ、機内食メニューが配られます。

本機がロシア上空にかかる頃、機内食の提供。

DPP_2856

ピーマンの肉詰め。おいしくて、あっという間に平らげました。

旅立ちの興奮と緊張感で気分が高まってましたが、おいしい食事とワインで、安らかに眠れそうです。

DPP_2862

昨日までフルに働いてたので、よく眠りました。

 

機が黒海上空に差し掛かる頃、朝食です。

DPP_2864

フレッシュなオレンジジュースとフルーツ、そしてオムレツが最高

前回のトルコ旅行の時もそうでしたが、ターキッシュエアラインの食事はグッドです。

DPP_2863

イスタンブール・アタチュルク国際空港でのトランジット

まだ夜も明けやらぬ、イスタンブール・アタチュルク空港に到着。
さて、乗り継ぎはどっちかな。

DPP_16190

ここのようですね。列に並びます。

乗り継ぎでも保安検査がありました。バッグの中を開けられ、電子端末や、液体関係をチェックされています。

DPP_2865

イスタンブールは正真正銘のハブ空港ですね。

ここに、未明に到着させた旅客を、中東やヨーロッパ各地に運ぶ便がなんと多いことか。

テルアビブ行きが確かにありました。まだゲートは表示されていません。

DPP_2866

11ヶ月ぶりのアタチュルク空港。すごいゲートの数。ハブ空港であることの証明。

DPP_16192

感慨にふけりながら、搭乗を待ちます。1年なんて、あっという間ですね。

私自身も、この間いろんな事がありましたが、トルコ国民にとっては、もっとでしょう。

イスタンブールのトランジットを6時間ぐらいにすれば、もう少し安いチケットもありましたが、正直ここにはあまり長くいたくありません。

保安検査後のこの空間であれば、テロ直撃は、まあないと思いますが、空港の閉鎖が怖い。

DPP_2870

待っている間に、新調したばかりのGショックの時間をエルサレム時間にセットしました。

エルサレムのスペルは、jからはじまり、読み方も「ジェルサレム」なので、ちょっととまどいます。

夏時間なので、日本との時差は6時間です。

DPP_2869

みんなゴロゴロ。

DPP_2867

テルアビブ行きのゲートが発表されて、移動します。このあたりから、緊張が増します。

ここは、もう、イスラエルに片足突っ込んだような場所。

搭乗開始。搭乗の際にも、もう一度、荷物検査。徹底しています。

イスタンブール ⇒ テルアビブのフライト

機内に乗り込んでしまえば、ターキッシュエアラインは、とても清潔できれいです。

イスラエル行きのこの機は、さすがに日本人は見当たりません。

前方を埋める人たちは、みんなイスラエル人なのかな。

DPP_2871

日の出とともに、アタチュルク空港を飛び立ちました。

DPP_2872

イスタンブールの街並みを見下ろします。

1年前に、イスタンブールからイズミルへ飛んだ時の景色を思い出しました。いやあ、懐かしい。

DPP_2873

そしてトルコの大地の上空を地中海へ。

DPP_16193

2時間の短いフライトですが、国際線だからか機内食が供されます。

00000004

今度はアップルジュースにしました。おいしいです。

DPP_2875

地中海の上を飛んで、テルアビブのベングリオン国際空港に到着。

いよいよ、待望のイスラエルです。

DPP_2876

タイトルとURLをコピーしました