【インドネシア】2日目(その1) 朝もやのボロブドゥール

平時は、まったくといっていいほど早起きと無縁な私ですが、旅に出ると事情が違います。

ボロブドゥールの夜明けを見に行くためには、4時集合。

2時半頃、目を覚ますと、不安でもう眠れない。ひと月前のカイロの出来事がデジャブのように・・

DPP_22040

4時ちょっと前にフロントに行くと、ブレックファストをボックスにしておいてくれました。

DPP_22037

ボロブドゥールのサンライズツアー

迎えに来たバンに乗り込みます。

すでに車内には7~8人が。欧米人がほとんどですが、単独参加も多い。

DPP_22042

ボロブドゥールまでは、1時間はかかるでしょう。車内で、いただいちゃいます。

昨日、このツアーを予約するときに、アメリカンとインドネシアって聞かれたんだよね。

アメリカンを選択したんだけど、インドネシアって言ったら、何が詰められたんだろう?

DPP_22039

ボロブドゥール・ツアーの中継点「ホテル・マノハラ」

暗闇の中をバンは走り続け、いつの間にか遺跡の中に。

そして、遺跡の中のホテル「マノハラ」の駐車場に、クルマはとまりました。

ツアー参加者は、ぞろぞろと運転手の後についていきます。

DPP_22043

私たちを集めて、運転手兼ガイド?は、代金を徴収します。

私の場合は、参加費110,000ルピアと入場料450,000ルピアを合わせて560,000ルピア(約4,600円)
これは、昨日のうちに分かってたので、あらかじめ用意しておいた100,000ルピア紙幣6枚を差し出します。

このツアー代が、泊まっているホテルや、その後の行動などで、微妙に違うようでした。

それにしても、この「マノハラ」ホテル。いくつものツアーが、ここに集結するようですが、本来の泊り客にとってはウザくないのかな?

まだ、未明なのに、騒いでる観光客もいます(笑)

DPP_22044

運転手兼ガイドが、ツアーの要領を説明します。

一生懸命聞きましたが、要するに自由行動。ガイドしてくれるわけじゃないんだ・・・

とにかく、自由行動で、8:45にここに戻ってくるように念を押されます。
(一番、英語力が不足してるって思ったんだろうな。何度も、エイト・フォーティファイヴ!)

 

そして、ツアー参加者の証、ステッカーをシャツに貼られ、足元を照らす懐中電灯を渡され、出発です。

DPP_22276

まわりは真っ暗だし、一人では、なんとなく心細いですが、行ってみますか。

DPP_22046

真っ暗闇の中のボロブドゥール登頂

まだ、ホテルのロビーでたむろってる人たち。

あんまり長居すると、夜が明けちゃうよ。

DPP_22047

さて、行きますか。

DPP_22048

夜明けまでは、あと30分くらいってとこでしょうか。

DPP_22050

ほんとに真っ暗。借りた懐中電灯を使わないと、足元が見えません。

DPP_22053

DPP_22054

DPP_22055

夜が明けてきたふうに見えますが、私が画像を編集したから。
実際は、まだ真っ暗に近いです。

DPP_22058

けっこう登るみたいです。

DPP_22060

途中で休憩している観光客。
こりゃ、サンライズツアー参加者は少ないのかな・・

DPP_22062

と思いながら、頂上に着くと、すごい観光客の数。

DPP_22063

ほとんどが欧米人。インドネシアって人気あるんだね。

DPP_22068

白みはじめたボロブドゥールの空

DPP_22071

おっと、ようやくすき間を見つけられた。
ここで、サンライズを待ちましょう。

DPP_22073

それにしても、よくもまあ、これだけ人が集まったもので。

DPP_22075

三脚まで現れました。

ところで、肝心の雲行きは、あやしい状況。ダイレクトのサンライズは拝めないかな~

DPP_22077

みなさんも、あきらめモードかな。
時刻的には、太陽は昇ってます。

DPP_22080

なので、雲海に煙る密林を撮影することに・・ ウデがない(笑)

IMG_89241

IMG_8907

でも、少しづつ、雲が赤みを帯びてきました。

IMG_8924

DPP_22096

DPP_22098

ほんのちょっと、太陽が顔を出します。

IMG_8932

さあ、あとどれくらい待てばシャッターチャンスかな。
音楽でも聴いてましょう。流れてきた曲は、レミオロメン「太陽の下」でした。

DPP_22091

みなさん、シャッターを押し続けてます。

DPP_22092

DPP_22093

日の出は見れなかったけど、それらしい雰囲気は味わえたので、満足です(^-^)

DPP_22102

DPP_22115

DPP_22116

みなさん、ほんと、いいカメラをお持ちです。

どうしてもストラップに目が行ってしまいますが、わが愛機canonだと、5Dとか6Dなんてゴロゴロ(+o+)

みんな凄すぎ・・ 私は、70Dで満足です(笑)

DPP_22128

DPP_22129

すっかり夜も明けました。

DPP_22132

朝の空気が気持ちいい!
早起きして、来た甲斐がありました。

DPP_22133

世界最大の仏教遺跡ボロブドゥール

では、ちょこっと散歩でもします。
現在6時半。集合時間まで2時間ぐらいあります。

DPP_22137

空ばっかり見てましたが、この幾何学的なお墓。

DPP_22139

これも、石を積み重ねて造ってるんだよね。

DPP_22145

DPP_22146

これは、ホテル「マノハラ」の方角。
暗くてわからなかったけど、けっこうな高さ。よく登ってきたよな。

DPP_22155

大仏様です。これは、仏教遺跡です。

 

DPP_22159

DPP_22162

よく見ると、穴の形が違う。

DPP_22164

ほら、ひし形。
ひし形は、不安定な俗界の人の心、正方形は安定した賢者の心だそうです。

DPP_22165

DPP_22168

これは、ガイド付きのツアーかな。

DPP_22177

DPP_22178

この遺跡が発見されたのが1814年。

1000年も地中に埋まっていたとのこと。1000年も、こんな巨大な遺跡が眠っていたこともすごいですが、1000年前だとわかる史学もすごい。

DPP_22181

じっと見つめていると、なんか、こっちに向かってきそうな、威圧感。

DPP_22192

入場料は約3,700円。
この人数から徴収したら、毎日すごいことになってるな。

DPP_22195

この巨大な遺跡。造られた目的などが、まだ謎に包まれているとのこと。
造られたのは、ちょうど、昨日見学したプランバナン寺院と同じ時期になるのかな。
末法思想なんかも、関係してる?

とにかく、仏教として世界最大の遺跡だそうです。

DPP_22196

まわりの密林は、まだ朝もやの中。

DPP_22197

少しづつ、降りていきます。

DPP_22198

逆に、夜が明けて、登ってくる人も多い。

DPP_22200

まだ、朝の光線が強くなく、涼しいんだよね。
歩き回っても、そんなに汗かきません。

DPP_22202

レリーフや仏像を眺めながら、下へ降ります。

DPP_22203

DPP_22204

おっと、また、首を落としやがって。
いくら異教徒だからって、ひどいもんです((+_+))

DPP_22205

ようやく、地面がふつうに見れる高さに。

DPP_22208

「~歩き方」によれば、ブッダの物語が描かれているとのことです。

DPP_22212

DPP_22215

こうしてみると、ほんとにこの遺跡広い。

DPP_22216

DPP_22217

DPP_22218

ようやく1階(第一回廊?)まで降りてきました。
夜明け以降に来る観光客で、すごい賑わい。今日は土曜日です。

DPP_22219

明るくなってから、下から見上げると、やっぱりすごい。
こんなものが、1,000年も埋まってたって、ちょっと信じられません。

DPP_22220

DPP_22221

 

DPP_22223

1辺の長さ120m。クフ王のピラミッドの約半分?
同じくらいに見えるのは、なぜ?

DPP_22224

裏側にも回ってみました。
この中って、何が入ってるんだろう。土? それとも、石?

DPP_22226

DPP_22229

思う存分歩き回って、堪能して、集合場所に戻ります。

DPP_22230

アメリカのメディアで、世界で最も訪れるべき場所の1位になったらしいですが、そんな先入観なくとも、壮大な遺跡でした。

あらためて、人間の力ってすごい、と思います。

タイトルとURLをコピーしました