バラナシ 母なる河ガンガー 渡し舟の上から【インド旅行記 #13】

さて、ガートに降りて、ガンガー沿いにホテルに戻ろうかな。

00003871

こうして、まじまじと見ると、牛って、かわいい。

ガンガー沿い 朝の散歩

どこかわからないけど、ガンガーには、すぐ出られます。

00003872

これ、雨季には、向こう岸のどの辺まで、水があがるんだろう。

00003873

今日は土曜日。

00003874

タラタラと、ホテルのほうに戻ります。

00003875

00003876

暖かい、いや暑いくらい。
早朝の寒さがウソのように、日差しが照りつけています。

00003878

夏、あるいは5月に来たら、どんな感じなんだろうね。

インドが一番暑いのは5月ごろと聞いてます。

ゴールデンウイークにでも来ようかな・・・

00003879

2日間お世話になったSITAゲストハウスに戻ってきました。

00003880

ベッドに横になって休憩。
現在、午前10時。11時くらいになったらチェックアウトして、荷物を預けて、もう一回りできるね。

今夜のデリーに向う飛行機は19:20。

今回のインドの旅で、あともうひとつ寄ることのできる街はカルカッタ。

正式名称は、とっくの昔にコルカタ、に戻ったんだろうけど、私には、やっぱりカルカッタがいい。

それはともかく、バラナシからカルカッタへ直接向う飛行機はなく、デリーで乗り換えるしかありません。

なんだか、インド大陸の上を行ったり来たりしてるようで、むなしくなくもないですが、列車の手配が日本でできなかったし、3日後には会社に出勤ですから、確実をとるほかなかったです。

 

フライトが19:20なら、空港までの距離や渋滞を考慮しても、ここを15時に出れば大丈夫と計算して、フロントで15時にタクシーを呼んでもらうように手配。

 

夏になると、あの大型扇風機が役に立つのかな。

00003881

ボートでガンガーの遊覧

さあ、あと4時間ほど、バラナシの街を楽しみましょう。

とりあえず、ボートに乗って、ガンガーの上から、ガートの様子を眺めるとします。

00003882

船乗りと交渉

船乗りは「1アワー 300ルピー」と、判で押したように申しあわせてます。

「1時間も要らない。30分で150ルピーでどうだ?」と、交渉すると、そんなセコイこと言わないで、200ルピーぐらい払ってよ。と哀願される。

「じゃあ、200ルピーなら40分でいいか?」と聞くと、OKとなって、ガンガーの上に繰り出します。

メモ帳に、200ルピーとしっかり書き付けて、再度、船乗りに確認。

ちなみに、船乗りはこいつです。

00003891

たしかに、100ルピー値切るのって、170円だからね。
日本の感覚では、まいっか、となる金額だけど、こっちで、それをやったら、つけあがっちゃうからなあ・・

00003884

00003885

川面から眺めるSITAゲストハウス。

00003888

河の中央付近まで来ました。
水は、透き通ってて、綺麗です。

00003889

対岸にも、ボートがたくさんいるね。

00003890

こりゃ、エサをやってるんだな。

00003894

シャッタースピードを早くして、おさめた1枚。

00003895

00003896

船乗りには、ゆっくり、安全に、と念を押しておきます。

00003897

と、この辺で、「エサ売り」が登場。
何百ルピーとかで、エサを買えとのこと。遠慮しておきます。

00003899

川面に浮いてる水鳥もかわいいもんです。

00003902

ガンガーの上から眺めるマニカルニカー・ガート

「火葬場いくか?」と聞くので、「40分で帰れるのか? 200ルピーしか払わないぞ。」

「ノープロブレム。」

なにが、ノープロブレムなんだか・・・

00003903

マニカルニカー・ガートが見えてきました。

00003909

朝も見たけど、すごい迫力だ・・・

00003908

一応、船乗りに「写真撮っても大丈夫か?」

「OK。ノープロブレム。」  (ほんとうに・・・)

00003905

何年ぐらい、続いてるものなんだろう?

00003911

火葬場を離れます。

00003915

さあ、頑張って、戻ってくれ。

なんなら、その辺で、降りちゃってもいいぞ、と言うと、一人じゃさびしいじゃないか、と、なかなか愛嬌のある船乗りです。

00003918

00003917

母なる河 ガンガーですか・・・

00003919

00003920

エジプトのナイル川もそうだったけど、人間の生活に川の存在は欠かせない。
母という表現が、ふさわしくなってくるのかな・・・

00003921

この辺まで戻ってくると、もっと付き合ってくれよ、と言い出します。

ガンガーの上から眺めるガートは、いい経験になったし、楽しかったけど、もう十分。
早くあがって、街歩きをしたい。

「早く戻ってくれ。早く!早く!」と言うと、

「なんだよ~、さっきは、スローリー、スローリーって言ってたのに。」と、あげ足をとります。

00003922

ダシャーシュワメード・ガート。

00003923

「ほんとに、この辺で降ろしてくれ、飛行機に乗るんだ。」

「わかったよ。次はいつ来るんだ?」

「いつになるかわからないけど、雨季。」と、答えておきました。

00003924

00003926

00003927

愛嬌のある船乗りと下船後の交渉

40分を少し過ぎてました。

案の定、「5ミニッツ オーバー!」と、騒ぎますが、メモ帳の200という数字を強くさして、黙らせます。

でも、安全運転、お疲れさん。20ルピーをチップとしてあげました。

これっぽっちかよ、と苦笑いの船乗り。
贅沢言うな、ペプシが飲めるだろ。まったく。

00003928

船乗りと、手を振って別れます。

00003929

死んだように眠る野良犬。

00003930

朝も夜も、ガンガーの風景見れたし、最後の日は、川面を体験できました。
短い時間でしたが、大満足です。

物乞いが寄ってこない場所を見つけて、音楽に身を包みます。
何が流れてきたかは、忘れちゃったな・・

00003932

タイトルとURLをコピーしました