夕暮れ&夜のダシャーシュワメード・ガート【インド旅行記 #10】

少しづつ、日も傾いてきました。

夕暮れのガンガーにご対面といきましょう。ガートに向かいます。

夕暮れのダシャーシュワメード・ガート

00003719

ダシャーシュワメード・ガートの入り口は2ヶ所のようです。

こっちには、簡易セキュリティゲートが2つある。

00003720

ベンチに座って、コーラで乾杯。

歩き疲れたので、しばらく、ガンガーのゆったりした流れを眺めます。

ところが、そんな外国人を、物乞いたちが見逃すはずがありません。

3分もしないうちに、手や足がない物乞いたちが、這いながらいっぱい群がってきました。

無視しているだけでは、事は解決に向わないので、仕方なく、去ります。

別に、数ルピーぐらいあげたって、どうってことはないんですが、あげたら最後、もう一人では歩けなくなります。

00003721

ベンチには、5分といられずに、また歩き出します。

00003724

朝よりも人が多いような気がします。

00003722

ふと、下流のほうに目を凝らすと、鉄橋が見えました。

鉄道橋のようです。

00003723

00003727

さて、またのんびりホテルに戻りはじめます。

いったん休憩したら、今度は陽の落ちたバラナシの街を彷徨うつもり。

00003728

00003729

SITAゲストハウスに戻ってきました。

今日、2度目のホテル休憩。歩き続けてるので、さすがに少し疲れます。

00003733

ホテルのロビー。

00003734

バラナシの街 夜の賑わい

1時間ほど休憩して、またバラナシの街へ。

00003735

すっかり太陽も隠れてます。

00003736

夜になり、ますます賑わうダシャーシュワメード・ガート。

00003738

こんな時間から出航するボートも。

00003739

素朴な疑問。この人たち、座って、何を観てるんだろう?

00003740

私もマネして、座ってみました。特に理由もない、日常生活の風景?

そう思うヒマもなく、またまた、腕だけで這いながら物乞いが寄ってくるので退散・・・

00003741

00003742

ロード沿いに、さっきと同じように歩きます。

00003743

ますます賑やかに・・

00003744

なんか、お祭りかな。

00003746

00003747

昼も夜も、ほんとに面白い街です。

00003750

さっきの、ヴィシュワナート小路にも入ってみます。

00003748

お土産は、何を買って帰ろうかな。

00003749

さて、明日もあるので、今日は、夕食を食べて、ホテルに帰って寝るとします。

2日連続で、睡眠があまりとれてません。今夜は、たっぷり寝るつもり。
ホテルに近い、レストランを探します。

00003751

おいしそうな、パン屋さん。

00003752

その向かいのカフェに入りました。

00003753

ま、インドに来たからには、カレーでしょう。

00003754

辛さが物足りないものの、とってもおいしいチキンカレーでした。
いくらだったかな? とても安いですよ。

00003755

食べ終わって、テイクアウトでチョコケーキをオーダー。

00003756

疲れると、やっぱり、甘いものが欲しくなるのかな。

00003757

本日の無事に感謝。
そして、就寝です。

タイトルとURLをコピーしました