旭川空港の展望台&ラウンジで一休み JAL機から眺める日本列島の夜景

私にとって、久しぶりの6日間に及ぶ旅。

サラリーマン風情では、なかなか長期休暇はとりにくいものですが、2019年の年末のチュニジア以来と考えると感慨深い。

海外に行けなくなって2年半ほど経ちますが、次に外国に行くときは、いろんな意味でとまどうだろうなと、旭川空港に向けてクルマを走らせながら考えます。

旭川空港展望デッキからの眺め

トヨタレンタカーにクルマを返し、空港コンコースまで送ってもらいます。

プリウスというクルマ、初めて乗ったんだけど、稚内からトータル550㎞を走って、ガソリンが全然減らず、驚きました。

さて、フライトは20:15のJAL558便。あと1時間ちょっとあります。

2階のフードコートやお土産屋さんを少し冷かしたのち、展望デッキへ。

雄大な北海道の大地の真ん中に造られた空港。展望デッキからの眺めも雄大です。

金網の高さがもう少し低ければ、うまく写真撮れるんだけどな、と思ってたら、写真用(かどうかはわかりませんが)の穴がありました。

旭川空港の夕暮れ。

ちょうど羽田からのANA機がランディングです。

空港の雰囲気は最高ですね。

ああ・・・はやく、ふたたび外国に行きたくなってきた(^^)

外国を旅すると、めいっぱい時間を使うので、帰国の際は、現地夕方や夜の便に乗ることが多い。

展望デッキから、こんなふうに滑走路を眺めていると、シンガポールやクアラルンプールの空港で、帰国を待っている感覚がフラッシュバックします。

到着したのはANA機かと思ったら、エアドゥでした。

ラウンジ「大雪」で出発前のひととき

フライトが近づいてきたので、ラウンジで過ごすことにします。

旭川空港のラウンジは、LOUNGE「大雪」。大雪山のことですね。

私は、ダイナースのカードを見せて入室しました。

ラウンジで、フライト状況をあらためて確認するのも、出発前の行事。

はじめての旭川空港のラウンジ。清潔で落ち着いた雰囲気です。

飲み物もあります。

こうやってると、ますます、海外にいて帰国便に乗る直前の心境にオーバーラップしますね。

でも、やっぱりシャワーは浴びたいかな。

旅の最後は、身をスッキリと清めたいと考えるのは、私だけではないと思うんだけど。

JAL機から見下ろす日本列島の光

フライトの都合で、機体が国際便に変更。シートも相応に変更されるとのアナウンス。

そうですか。

 

乗ってみると、私の予約したk席は、やはり窓際。そして隣席は空席でした。

計算通りです。

JAL機は、夏の夜空に舞い上がり、いきなり現れた街の灯り。

あれは、どこだろうか。千歳?苫小牧?・・

まさか、夕張なんてことはないとは思うけど。

機は日本列島に沿って南下してくれているので、つねに街の灯りがついてきてくれる。

機体が国際線用だったからか、モニタに映し出されるフライトマップが国際線仕様。

いかん、こんな地図を見てると、ほんとにうずうずしてしまう(^^)

飛行機は速い。あっという間に関東の空へ。

台風の影響か、積乱雲のような雲が、夜景を演出してくれてます。

そして、わが地元千葉県。千葉は雨かな・・

羽田空港に到着です。

今回の5泊6日の旅は、往復こそJALマイルを使ったのでタダだったけど、道中のレンタカーやホテルは、けっこうコストがかさんだ旅になりました。

いくらくらいだろう?

計算するのも怖いけど、かるく10万円は超えてると思います(^^)

でも、この5泊6日の旅。

記憶に残したい場面が多々あるし、ブログを書くだけでひと月ぐらいは要しそうです。

7月、8月は、旅を振り返りながら、自室でおとなしく過ごすとしましょう。

タイトルとURLをコピーしました