【フィンランド】8日目(その1) ヘルシンキ到着 マーケット広場の散歩

寝台列車の快い眠りから覚め、起き上がると、すでに下段の相客はいません。時刻は6時半。

てっきり終点のヘルシンキまで行くものと思ってましたが、途中のタンペレあたりで降りたようです。

2時間の遅れを回復 ヘルシンキに到着

列車は、フィンランドの大地を走り続けています。

空っぽになった下段ベッドを片付けて、今度は私がそこにふんぞり返ります。

シャワー&トイレはない廉価版コンパートメントですが、洗面台はあります。

歯を磨いて顔を洗います。

目が覚めたところでtoijala駅に停車。時計を見ると6:55。

ロヴァニエミで手に入れた時刻表を見ると、6:39??

ほとんど遅れを取り戻したようです。

一瞬、寝ぼけてるのかとも思いましたが、時計は間違いなく6:55。

本当に、2時間以上の遅れを回復させたようです。どんなにゆとりのあるダイヤになってるんでしょう。

昨夜の車掌さんの「・・almost・・」は、ヘルシンキの到着時刻は、ほとんど変わらない、という意味だったんですね。

これで、ヘルシンキに着いたら、ホテルに荷物を置いて、今日中にエストニアを往復してやろう、という気持ちが固まりました。

 

フィンランドの鉄道駅は、どこも開放的。プラットフォームが、そのまま路線バスの乗り場につながっています。

ヘルシンキが近づくにつれ、停車駅も多くなりました。

そして、終点ヘルシンキに到着。

9:40の到着。最終的に26分の遅れでした。

 

頭端式のホームを歩いていると、レストランカーがあったのに気づきました。

昨夜は早く眠ってしまったからな。

とにかく、フィンランドの首都ヘルシンキに到着です。

スウェーデンのストックホルム駅を出発したのが、5日前の夕方。

それから、北極圏という楽園をぐるッと旅して、出口に出てきたという感じ。

今回の北欧の旅も終わってしまうかな・・ 行き止まりのレールを見ていると、そんな気持ちになります。

でも、今回の旅は、帰国するまで、今日を含めてまだ3日あります。

駅名が2つ並んでいますが、両方ともヘルシンキ。右側はスウェーデン語のようです。

ほぼ予定通りに列車が到着したので、ヨーロッパの終着駅の雰囲気を楽しみます。

多くの列車が発着するヘルシンキ駅。

でも、こんな感じですよ。さすがヨーロッパ。(何が、さすがなんだか笑)

グロ ホテル ヘルシンキに荷物を預ける

駅の外に出ました。ザ・ヨーロッパという感じです。

旅の終わりが近いのと、ヨーロッパを本格的に旅したことがないので、勝手に舞い上がっています。

振り返れば、アートな駅舎が。

なんか、建築物を眺めているだけで、楽しくなってきます。

まずは、ホテルに荷物を降ろしましょう。石畳とトラムのレールの道を歩きます。

しかし、アジアの街とはまったく雰囲気が違いますね。田舎もんだなあ(*^。^*)

トラムがふつうに走り回るヘルシンキの街。

 

ちょっと気を抜いて歩いていると、スーッと背後から忍び寄ってくるので、スリル満点です。

 

予約しておいたグロ ホテル ヘルシンキ。ヘルシンキの駅から徒歩5分。

マーケット広場や港に近く、ヘルシンキの繁華街の中心といってもいい好立地なホテルです。

1泊13,000円の私としては高級ホテル。

この旅の最後のホテル宿泊。少し奮発しました。しかし、さすがに朝早すぎ、チェックインはできません。

荷物を預けるにとどまります。

エストニアに至るフェリーの出航時刻は13:30。現在は10時過ぎ。

ここは、マーケット広場にも近いし、軽く散歩してから、エストニア行きフェリーが出航するランシ・ターミナルに行っても十分間に合います。

ここからランシ・ターミナルまでは、トラムで15~20分ほどです。

 

そういう計算をして、身軽な出で立ちになって、散歩の開始です。

まずは、ホテルの前の通りを南に行くと、エスプラナーディ公園に出ました。

この公園を左に折れると、港とマーケット広場に出ます。

その途中に、チケット売り場があったので、「ヘルシンキカード」を手に入れておこうと思い立ち寄ると、まだ開いてない。

ちなみに「ヘルシンキカード」というのは、ヘルシンキ市内の公共交通機関が乗り放題になるなどのチケットです。

「ヘルシンキカード」を手に入れる

ストックホルムでも見かけた電動スクーター。

港のほうにも、「ヘルシンキカード」のチケット売り場はあるかな・・

 

「ヘルシンキカード」を手に入れると、あのオープントップバスにも乗ることができます。

おお、あの一角がマーケット広場ですね。

そのマーケット広場から埠頭のように突き出た場所に、チケットカウンターがあり、めでたく「ヘルシンキカード」を手に入れることができました。

これが「ヘルシンキカード」。

値段は次の通りです。

 CITYREGION

24時間

49ユーロ

54ユーロ

48時間61ユーロ

68ユーロ

72時間

71ユーロ

79ユーロ

この「ヘルシンキカード」は、ヘルシンキの街を自分の足で歩く観光客にとっては、とても魅力的なカード。

というのも、主なメリットとして、

  • トラム、市バス、市営フェリーなどの公共交通機関が乗り放題。
  • 30ユーロの循環観光バス(オープントップバス)が無料。
  • 25ユーロのヘルシンキ沿岸遊覧船が無料。
  • フィンランド国立博物館など20以上のミュージアムの入場料が無料または割引。

このほかにも、指定された店のショッピングやレストランも割引となるほど、大変重宝するカードなのです。

私は、ミュージアムには、特別な興味があるわけではありませんが、オープントップバスと遊覧船には乗るつもりでいたし、トラムも何回か乗るだろうと計算し、68ユーロをはたいて、48時間のREGIONを手に入れました。

68ユーロは確かに高いですが、オープントップバスと遊覧船に乗れば55ユーロですから、カードをかざすだけで乗れる利便性を考慮すれば、お得と判断しました。

 

ちなみにCITYとREGIONの違いは、通用するエリアのようです。

空港のあるエリアまで入っているREGIONを選べば、最後に空港に行くときのバスも無料になるかなと、REGIONを選びました。その差、7ユーロでしたし。

なお、24時間とか48時間という有効期限は、最初に使ってから計算されるようです。

なので、カード裏面には、いつまで使えるのか忘れないように、手書きで利用開始時刻を記入する欄がありました。

 

さて、無事に「ヘルシンキカード」を手に入れ、ほっとして振り返ると、ビルの隙間からヘルシンキ大聖堂が見えました。

マーケット広場で遅い朝食

まだ時間はあります。マーケット広場をブラブラ歩いてみます。

これが、「ヘルシンキカード」で乗れる遊覧船のようです。

 

ここヘルシンキも、ストックホルムに負けず劣らず「水の都」のようです。

マーケット広場の真ん中に立っているモニュメント。

マーケット広場には、こんな感じの露店が何軒も並んでいます。

   

こんなファーストフード屋さんも。

眺めているうちに、お腹がすいてきました。考えてみれば、朝食まだでした。

  

おいしそうな匂いが漂っています。これはサーモンの丸焼き?

これは、イカやオニオンのリングと小魚。

この小魚、名前なんて言うんだろうな。とても美味しかったです。

山盛りの小魚の下には、野菜もありました。

これで12ユーロ。けっして、安くはありません(笑)

 

腹ごしらえして、さらにマーケット広場を散歩。

マーケット広場というだけあって、食べ物屋さんだけでなく、いろんなものを売っています。

マーケット広場の一番端から見えるウスペンスキー寺院。

ヘルシンキ大聖堂のほうに歩いてみます。

ツアー客? 郊外学習?

ヘルシンキ大聖堂です。

 

その前に広がる広場は元老院広場。

 

しばらく眺めていましたが、そろそろ、トラムに乗って、フェリーターミナルに向かわなくてはいけない時間です。

元老院広場を後にして、トラムの停留所をさがします。

タイトルとURLをコピーしました