北京首都国際空港のファーストクラスラウンジ【蘭州旅行記 #1】

さて、これが、2018年最初の一人旅。今年も、ガンガン一人旅に出たい・・・

私の根底にあるのは、孤独と不安と緊張。

外国を一人で旅してるときの、孤独感や緊張感といったら、たとえようがありません。

そこに「自由」が加わると、大げさなハナシですが「生きててよかった!」となるんですよね(笑)

やっぱり、一人旅はやめられない。

 

ところで、「自由」という概念からは、ひょっとしたらかなり縁遠い国、中華人民共和国。

昔を知らないので何ともいえませんが、旅人の観点からは、かなり自由度が広まったものと思われます。

観光にビザは不要。
そして、スマホひとつで、航空券から列車のチケットまで、あっけないほど簡単に手配できる。

なので、タイの家族旅行から帰ってきたばっかりですが、正月明け3連休に有給休暇を1日くっつけて、4日間の弾丸一人旅を敢行することにしました。

 

中国は今度で5回目。(香港、マカオを含めれば7回目)

中国共産党がどうのこうの、漢民族がどうのこうの、は、私には関係ありません。

雄大な自然に、数千年の歴史を刻み込んだ、遥かなる中国大陸。

何度でも旅したい国。

本来なら、数週間、永遠なる中国の大地を歩きたいところですが、例によって、たった4日間の弾丸紀行となります。

3泊4日 蘭州 弾丸観光スケジュール

日付午前午後宿泊地
1/5(金)羽田7:10 ⇒ 北京9:55

北京12:15 ⇒ 西安14:30

乾陵観光

西安
1/6(土)

西安5:32 ⇒ 蘭州12:40(列車)

蘭州観光

蘭州
1/7(日)

炳霊寺石窟見学

炳霊寺石窟見学

蘭州
1/8(月)

蘭州7:20 ⇒ 西安8:30

西安12:25 ⇒ 上海14:35

上海17:20 ⇒ 成田21:00

 

フライトスケジュール

 航空会社便名フライト乗り継ぎ時間
往き

中国国際航空

CA422

羽田7:10 ⇒ 北京9:55

2時間20分

中国国際航空

CA1223

北京12:15 ⇒ 西安14:30

 
帰り

中国東方航空

MU2325

蘭州7:20 ⇒ 西安8:30

3時間55分

中国国際航空

CA1215

西安12:25 ⇒ 上海14:35

2時間45分

中国国際航空

CA157

上海17:20 ⇒ 成田21:00

 

エアチャイナの西安往復32,000円(サーチャージ込み)という破格のチケットが手に入ったのが旅の動機。なので移動ばっかり。

というより、観光はほとんど蘭州のみといったほうがいいかな、西安は日中は3時間ほどしか滞在しません。

旅の目的は、

  • 則天武后のお墓、乾陵の見学。
  • 中国列車の旅。西安⇒蘭州のシルクロードを列車の車窓から見学。
  • 黄河の流れる蘭州の街を見学。そして、蘭州ラーメンの賞味。
  • 世界遺産、炳霊寺石窟の見学。

ちなみに、西安・蘭州の位置はこの辺です。

00002704

たった4日間の旅ですが、かなり欲張っています。

したがって、航空券代は3万円台と安価であったものの、乾陵の車チャーターや、炳霊寺石窟のモーターボートチャーターなどがかさみ、2018年最初の旅は、とてもハイコストな弾丸紀行となってしまいました(>_<)

中国国際航空で冬の中国へ

さて、常夏のタイから帰って2日しかたっていませんが、厳冬の中国西域に向って出発。

羽田7:10のエアチャイナに乗るために、空港近くのホテル「羽田イン」に前泊です。

00002348

このホテルには、2年前、やはり中国・北京に行ったときに泊まりましたが、空港送迎が4時からあるのに加え、そんな時間から朝食がとれるのが魅力。

向こうに渡ったら、口にできないであろう納豆を2パックいただいて、ご機嫌な朝食です。

そしてバスで送迎してもらい、国際線ターミナルに着いたのが午前4時20分。

さすがの羽田空港も、この時間はひっそり。

00002349

でも、数人の中国人が、大量の荷物を抱えて、カウンターに並んでいました。
2年ぶりの中国国際航空。エアチャイナです。

00002338

ちなみに、オンラインチェックインを済ませていません。
昨夜、試みたんだけど、できなかったんだよね??

00002339

でも、エクスペディアで予約した際の通りのシートをゲット。仕組みがよくわかりません。

ところで、荷物を預けると、トランジットの北京で荷物を受け取ってくださいね、と念を押される。

チケットは、北京乗継で西安まで。しかし、荷物はダイレクトに行かないらしい。

イミグレーションも北京でやるの?と聞くと、その通りとのこと。

 

うわ! これって、1年前にアルゼンチンに行ったときに、ロサンゼルスで乗り遅れたときと同じパターンだ・・・

つまり、最初の寄港地で、乗客や荷物をすべて清算しなおす仕組みらしい。

ロサンゼルスでの苦い思い出がぱぁーッとよみがえり、思わず、荷物を預けずに機内持ち込みにしようと思いましたが、バッグの中にはワインが入ってる。

没収されるのも悔しいので、そのまま、預けました。

 

北京での乗り継ぎは2時間20分。まあ、大丈夫だろうけど、ちょっと心配・・

00002342

午前5時台の閑散とした羽田空港。

イスタンブールのアタチュルク国際空港や、ドーハのハマド国際空港は、時間に関係なく大賑わいですが、さびしい限り。

00002340

00002341

夜明け直後の羽田空港。

00002343

定刻にフライトです。
いよいよ、2018年、最初の一人旅の始まり(^^)v

00002344

拡張予定のTDL上空を通過。
どうやって、拡張するんだろう?? 海や川を埋め立てるのかな・・

00002345

機内食が配られます。

00002346

2018年、最初の機内食。おいしくいただきました。
3時間前にも、ホテルで食べてるんだけどね(笑)

00002347

北京首都国際空港のトランスファー

日本の上空は、ずっと雲でしたが、北京上空は青空が広がってました。

そういえば、けっこう中国には来ているものの、PM2.5なんて、一度も見たことない。

00002367

さて、乗り換え客は、どういう動線になるんでしょうか?
とりあえず、バゲージクレイムとトランスファーが同じ方向なので、一安心。

00002350

なるほど、いきなりイミグレがありました。

これって、一般的なスタイルなのかな。
考えてみれば、北京とか上海のハブ空港でしっかりチェックしてしまえば、その後、中国国内のどんな街に行こうとも、そこでイミグレが発生することはない。

ひょっとして、合理的な考え方なんだろうか・・・

 

とりあえず、この程度の行列なら大丈夫だろうと、一安心です。

00002351

そして、イミグレが終わると、バゲージクレイムかと思いきや、ピープルムーバーに乗せられます。

00002352

なるほど、コレに乗るんですね。

00002354

Cまで行っちゃっていいんだよな?? まだ、迷ってます(笑)

00002355

案ずることもなく、荷物はしっかり受け取れました。

そして、今度は国内線のチェックインカウンターに、羽田で発見してくれたチケットを見せると、ここで荷物を再び預けなおし、チケットにC29と書き込んでくれました。

とりあえず、すべて無事に事が運び、よかったよかった。

00002356

中国国際航空のファーストクラスラウンジ

ボーディング開始まで30分ほどあります。

プライオリティパスのラウンジにでも、行ってみますか。

エアチャイナのファーストクラス、およびビジネスクラスラウンジを、プライオリティパスホルダーは使えるようです。

00002357

ここですね。

念のため、C29までは徒歩何分?と聞くと、5分とのこと。

ボーディングまでたっぷり居られそうです。

00002358

00002359

豊富なフードコーナー。

00002360

さすが、北京空港のラウンジ。
お腹一杯なので、眺めるだけですが、とても優雅な気分。

もちろん、シャワールームもありました。

00002361

春巻きや餃子。お饅頭などもいっぱい。

それにしても、年会費1万円そこそこの楽天プレミアムカードの保有だけで、こんな贅沢していいんだろうか。

00002417

眺めているうちに食べたくなり、アップルジュースとサンドイッチをご馳走になります。

時は2018年1月5日。
この北京首都国際空港のラウンジから、2018年の旅のはじまりです。

00002362

タイトルとURLをコピーしました