トルコ弾丸一人旅 ターキッシュエアラインズでイスタンブールへ【トルコ旅行記 #1】

さて、アジアからはじめた週末弾丸旅行も、ついに大陸を越えます。

トルコです。

トルコは、世界中の観光客を集める観光国。2018年の統計では、約4,500万人を超える観光客がトルコを訪れ、これは世界第6位。

これより訪問する観光客の多い国は、フランス・スペイン・アメリカ・中国・イタリアしかありません。国土には歴史遺産がたっぷりつまっていて、ヨーロッパのような落ち着きもあるのだから、人気があるのも当然かもしれませんね。

いつか行きたいと、ずっと思ってました。

週末弾丸旅行が可能なトルコ

ところで、私の着眼点は、弾丸旅行が可能であるかどうか。

すなわち、適度に安く、かつ時間を効率的に使えるフライトスケジュールがあるかどうかが、私のようなサラリーマンがアプローチできるかのカギとなるわけですが、それがあるんですね~!(^^)!

日本とトルコ・イスタンブールの間には、ターキッシュエアラインズが就航し、

 便名フライト

往き

TK53

成田22:25 ⇒ イスタンブール 翌5:20

帰り

TK52

イスタンブール2:10 ⇒ 成田19:55

※上記は2015年10月現在。

こんなぴったりの便があるんです。

ということは、3連休に会社から休暇を2日もらえれば、現地に丸々4日いられるという、ホクホクな弾丸スケジュールが完成します。

それでいて、航空券は9万円!

私は、このフライトスケジュールを見つけたとき、まだ会社に休暇の申請もしていないのに、11月初旬の飛び石連休にあわせて、ポチッと予約してしまいました(笑)

トルコと日本の時差は7時間。フライトは12時間。

なんだか、久しぶりの緊張感です。民族、宗教、文化、それらが日本と全く異なる9,000キロ離れた、私にとって未知の国トルコ。

往復の航空券だけ確保して、2泊6日のトルコ弾丸旅行に行ってまいります!

DPP_0883

成田 ⇒ イスタンブール  ターキッシュエアラインズのフライト

さて、すっかり秋めいた、10月下旬。会社を退けて、自宅に戻り、あらかじめパッキングしておいたバッグを背負って、成田空港第一ターミナルに向かいます。

成田22:25のフライトであれば、20時半には空港に着いてる必要があります。

ところが、チェックインカウンターの前に行くと、22:00発に変更されていました。30分も繰り上がるって、しょっちゅうあることなのでしょうか。

初めて乗るターキッシュエアラインズの機内は、ほとんどがトルコ人。日本人はほとんど見かけません。

実は、約3週間前に、トルコの首都アンカラで、無差別テロがあり、95人が亡くなるなんとも痛ましい事件が起きています。

DPP_0850

ターキッシュエアラインは、日本語の放送もなく、成田を飛び立ちました。

機内食は素朴な感じ。イスラム教の国の飛行機なのに、赤ワインが飲めました。

ちなみに、私の隣席は空いています。足を伸ばせる特等席です。(*^^)v

私の隣席だけでなく、けっこう席は空いてます。やっぱり、テロの影響で観光客は減っているのでしょうか。

水平飛行になると、機内食です。メニューには日本語がありました。

DPP_0846

おいしい、チキン弁当でした。

DPP_0851

機内で練るトルコ弾丸一人旅スケジュール

ところで、例によって、予定を決めていません。

4日間あるので、イスタンブールを中心に観光する予定ですが、トルコには、古代ギリシア、ローマ帝国時代の遺跡が数多くあります。

アフロディスィアス、エフェス、ベルガマ、トロイ・・・

その中で、私はエフェスに行きたいと思いました。コロッセオのような、円形の劇場跡を見たいと思ったからです。

では、4日の旅程のうち2日をエフェスに振り向けるとして、イスタンブールとエフェス、どちらを先に見物するかですが、トルコの沿岸部は地中海性気候。秋から冬にかけては、雨も多いです。

イスタンブールの街を傘を差しながら歩くのは避けたい。

天気予報を見てから旅程を決めようと考えているうち、いつも通りの予定なしの出発になってしまいました。

ネットで調べると、私の心配をよそに、天気は向こう1週間もちそうです。

そこで私は、薄暗くなった深夜の機内で、こんなスケジュールをたてました。

2泊6日 トルコ弾丸旅行の日程

日付

午前

午後

宿泊地

10/29(木)

 

成田22:25発

機内

10/30(金)

イスタンブール5:20着

イスタンブール ⇒ イズミル

(飛行機)

イズミル ⇒ セルチュク

(列車)

セルチュク

10/31(土)

エフェス観光

セルチュク観光

セルチュク ⇒ イスタンブール

(夜行バス)

車内

11/1(日)

イスタンブール観光

イスタンブール観光

イスタンブール

11/2(月)

イスタンブール観光

イスタンブール観光

機内

11/3(火)

イスタンブール2:10発

成田19:55着

 

これを、2泊6日と呼ぶのかどうかはわかりませんが、イズミルやセルチュクの位置関係は、こんな感じです。

DPP_0884

まったく予定なしの旅。

ところが、現地で飛行機や夜行バスの手配が必要。はたしてうまくやれるかな、

海外一人旅が6回目の私は、若干不安になります。

 

軽い不安を感じながらも、これから赴くトルコのイメージが脳裏に浮かんできます。

古代からの旅人にとって、トルコ・イスタンブールとは、どんな存在だったのでしょうか。

アジア側、ヨーロッパ側、どちらから来ても、陸地は終点。海を渡って向こう側に行くために、心と身体を落ち着ける安らげる場所。

いや、そんな、穏やかなものではなかったかもしれない。ローマ帝国時代から、数多くの歴史の舞台となり、奪い奪われながら繁栄してきた街。それがイスタンブール。

そんなトルコ、そしてイスタンブールにいよいよ行ける。その飛行機に乗っている。

胸が踊って、なかなか寝付けませんが、前席についてるナビを見ると、機はモンゴル上空を飛んでいます。

ワインをもう1本いただいて、明日に備えて寝るとしましょう。

 

早朝のイスタンブール・アタチュルク国際空港に到着

アタテュルク国際空港には、定刻に到着。

でも、なんかコンコースの時計の表示がおかしいと思っていたら、今週からサマータイムが終了していたようです。つまり、日本との時差が6時間から7時間に広がりました。

ただ今の、現地時間は5:30。日本時間は12:30ですが、こちらは、まだ真っ暗です。

ちなみに、このトルコで、足を踏み入れた国が10カ国となりました(^^)v

トルコリラへの両替

まずは、両替。日本から持ってきた円をトルコリラに両替します。1リラは約40円(2015年10月現在)でした。

ところで、トルコリラといえば、2005年に大規模なデノミが実施され、100万トルコリラが1新トルコリラになっています。100万円が1円、て凡人には信じられません。((+_+))

トルコがユーロに加盟したがっていたわけがわかるような気がします。日本円も行く先は・・・

DPP_0849

イズミルまでのチケット確保

さて、機内でたてた予定によると、まずはセルチュクに移動する必要がありますが、セルチュクには飛行場がありませんので、トルコ第3の都市イズミルにまず飛んで、列車でセルチュクに移動する必要があります。

トルコの最大都市イスタンブールから、第3の都市イズミルに飛ぶ。日本であれば、東京から名古屋に移動するような感じでしょうか。距離は約400kmです。

 

アタチュルク国際空港の、広い国際線ターミナルから、ドメスティックターミナルに移動し、早速、イズミルまでのチケットを希望。

すると、取れました。8:00ちょうどのアトラス航空。イズミルまで約1時間のフライトです。

料金は200リラ。約8,000円といったところでしょうか。

DPP_0855

チケットが取れ、今日の旅程がおおむね固まったので、やっと緊張が解けたというか、ゆっくりと、空港内の雰囲気を楽しめます。

DPP_0852

はじめてのイスタンブール・アタチュルク国際空港。

DPP_0853

バリバリのイスラム教国に来るのは初めて。

DPP_0854

そういえば、朝食まだでした。コーヒーにサンドイッチです。

DPP_0856

異国ムード満点の雰囲気! ワクワクします(*^^)v

DPP_0857

アトラス航空 イスタンブール ⇒ イズミル

アトラス航空便は、定刻に飛び上がりました。機内は満席。

国内便なので、乗客はみんなトルコ人。再び緊張の旅立ちです。

DPP_0858

DPP_0859

タイトルとURLをコピーしました