地中海沿岸 イズミルの街歩き【トルコ旅行記 #2】

イズミル空港に無事到着し、イズハンと呼ばれる鉄道で、市の中心部に向かいます。

時刻はまだ9時。

今日の宿泊地はエフェス近郊のセルチュクという街に決めていますが、すぐにセルチュクに向かっても仕方ない。半日はイズミルの散策に充てるつもりです。

イズミル空港から市街へ

イズハンという鉄道。車内は、当たり前ですがトルコ人だらけ。一気に旅のムードが盛り上がってきました。

DPP_0860

途中、ヒラルという駅で、メトロに乗り換えます。

DPP_0861

イズミル・バスマーネ駅からセルチュク タイムテーブル

そしてイズミルの中心部、バスマーネ駅に到着しました。

イズミルからセルチュクまでは、約60km、列車で1時間強です。

これから、イズミルの町を歩くにしても、列車の時刻を調べておく必要があります。

そこで、右前方のチケット売り場に出向き、セルチュク行きの午後の便のチケットを希望するも、なんとしたことか、まったく言葉が通じません。

しまいには、駅員さんに、「この馬鹿なアジア人が! 言葉もわからず、ウロウロするな!」
と言わんばかりに、追い払われてしまいました

DPP_0777

途方に暮れながら、周りを見渡すと、観光客用のタイムテーブルが積み上げているのがみつかり、セルチュク方面行き13時半の便があるのがわかりました。

まあ満席ってことはないでしょうから、30分ほど前に来て「セルチュク!」と言えば、ふつうに売ってくれるでしょう。

今から、3時間ほど、ここイズミルに滞在して、その便でセルチュクに向かうことにします。

DPP_0848

列車の時刻がわかってホッとして、今度は荷物をどこかへ預けようとしますが、これが見つからない。仕方なく、バッグを背負ったまま、町を歩くことにしました。

イズミル・バスマーネ駅の駅前です。選挙が近いせいか、国旗がすごいです。

DPP_0778

地中海沿岸の街 イズミル

とりあえず、地中海(エーゲ海かな)を見に、海の方に向かいます。

はじめてのトルコ。はじめて歩くイズミルの街。

DPP_0779

そして、初めて見た地中海(いやエーゲ海)。

DPP_0780

DPP_0782

DPP_0783

DPP_0784

ここイズミルにはシリアなどからの難民が絶えない、と言われていましたが、今のところ、そんな感じはしません。

おしゃれなイズミル市民が行き交います。

DPP_0786

DPP_0787

DPP_0788

何故か、猫がいっぱい寝そべっています。

DPP_0789

海岸を離れて、町のほうに。

DPP_0790

コナック広場 & 時計塔

コナック広場というところにあるイズミルのシンボル、時計塔です。

DPP_0791

イスラム教国と言っても、女性は体全部を覆ったり、頭だけだったり、いろんなパターンがあるようです。

DPP_0792

青い空に映える時計塔。恵まれた天候に感謝です。

 

DPP_0795

DPP_0798

イズミルのバザール

バザールの方に向かって、歩いてみます。

DPP_0800

DPP_0801

おお、ドネル・ケバプでしょうか。まさに中東という感じですね。

DPP_0802

DPP_0805

なんでも取引されるバザール。

DPP_0806

誇らしげにはためくトルコ国旗。明後日には、トルコの大統領選挙が控えています。

街中に突然現れる古代アゴラ

街中に、いきなり遺跡が現れて驚きます。古代アグラだそうです。

DPP_0809

紀元2世頃のローマ遺跡です。

アレキサンダー大王の命令で築いたカディフェカレ城塞跡に行こうと、丘を登り始めました。

DPP_0813

眼下に、イズミルの街、そしてエーゲ海が広がります。

DPP_0815

昨夜まで日本にいて、仕事してたんですよね。ほんと飛行機という乗り物はすごい。

今日は、このあと、セルチュクまで行って泊まります。ほんと弾丸旅行です(笑)

DPP_0812

結構、上り坂きついです。頂上まで行くの挫折しました。

DPP_0862

アレクサンダー大王さまには申し訳ないけど、下ります。

DPP_0821

DPP_0863

DPP_0825

ハンバーガーのランチ

お腹がすいたので、ランチにします。

DPP_0826

おしゃれなカフェ。

DPP_0864

大きなハンバーガーで、体力回復。

DPP_0865

さて、そろそろ駅に向かいます。

ドーナツ屋さん?

DPP_0866

駅前通に座り込む人々。

ひょっとして、難民? やっぱり、イズミルはシリア難民などが多く流入しているのでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました