リトルインディアで食べるインドカレー ~ 帰国【シンガポール旅行記 #6】

チャイナタウンの散策で、またひと汗かきました。今度は、リトルインディアです。

チャイナタウンからリトルインディアへ行くのは簡単で、MRTの東北線に乗って3つ目の駅がリトルインディアです。

香辛料のにおい漂うリトルインディア

リトルインディアという駅を出ると、もうそこはインド、という感じです。

香辛料の匂いが漂ってます。

DPP_1077

売られているものから、人の姿まで、なにもかも違います。

DPP_1078

チャイナタウンより、こっちのほうが異国情緒あるなあ。

DPP_1079

DPP_1080

ずっと、立ち止まって見ていたい、すごく新鮮な気分です。

でも、彼らの祖先は、イギリスの植民地政策において、南インドから移住させられたのが発端とのことです。

DPP_1081

歩いている人たちは、ほぼインド系の人たち。

DPP_1082

今日も30°超えています。サリーは暑くないのでしょうか。

DPP_1083

DPP_1084

DPP_1085

DPP_1091

DPP_1086

リトルインディア・アーケードです。

DPP_1089

リー・クアン・ユーさんの追悼

シンガポール建国の父、リー・クアン・ユーさんの追悼でしょうか。

シンガポール国民に慕われる彼は、ほんの1週間前、3/23にお亡くなりになっています。

シンガポールの経済発展は、氏の功績なしでは語れないそうです。

DPP_1087

この短い旅の間でも、街頭で、何回か学生たちに呼び止められ、リー・クワン・ユーさんに対する感想を求められました。

ツーリストであることを理由に辞退しましたが、学生たちにとっても偉大な功労者のようです。

DPP_1088

カレーショップで食べるチキンカレー

お腹がすいて昼食です。せっかく、リトルインディアにいるのですから、カレーショップに入りました。

DPP_1104

結構賑わっています。

DPP_1106

さて、チキンカレーを注文したら、これが出てきました。そんなに辛くありません。

DPP_1105

食べ終わったあとも、店の中で少し休憩。チャイナタウン、リトルインディアと歩き回って、私はもう汗だくだくです。

前の席のおじさんも、もくもくと食べています。

DPP_1103

オーチャード・ロードの散歩

さて、時計を見れば14時。

フライトは今夜の22時。空港には19時前に着いてればいいでしょう。

逆算すると、預けてある荷物を取りに、ホテルへ17時ぐらいに着けばよし。あと、3時間ぐらいあります。

最後は、地下鉄に乗ってショッピングセンターが立ち並ぶ、オーチャード・ロードへ行ってみます。

DPP_1107

地下鉄の駅が、ショッピングセンターにつながっています。クーラーが気持ちいいです。

DPP_1108

DPP_1109

体も冷めたので、外に出てみました。

DPP_1111

確かに、近未来的な建物が並んでいます。が、私も疲れてきました。(#^^#)

DPP_1113

ウィーロック・プレイスです。

DPP_1112

さて、帰国の時間が来ました。ホテルに戻って、荷物をもらい、空港に向かいます。

チャンギ国際空港でシャワーを浴びてさっぱり

充実の3日間が終わりました。シンガポール、そしてマラッカ。素敵なところでした。

しかし、暑かった ・・・

飛行機に乗り込む前に、この汗みどろの体を何とかしたいです。

空港のターミナル3の到着エリアにシャワールームがあるとのことなので、行ってみるつもりです。

JAL便はターミナル1から出ますが、少し早めに空港に戻り、チェックイン前にターミナル3に行って、シャワーを浴びてきましょう。

ターミナル3はとても大きく、スカイトレインの降り場から、端から端まで歩きましたが、ちょうどマックの前にありました。

私が行ったときは、10シンガポールドルで、別に料金を払えば、仮眠室なども利用できるようでした。

街や地下鉄同様、清潔なシャワールームに大満足です!

DPP_1116

さっぱりした私は、ターミナル1に戻りチェックイン。フライトを待つまでの間、しばし休憩です。

この空港、清潔だし、ハブ空港で国際色豊かだし、雰囲気はいいし、最高です。

このくらいの贅沢をしてもいいでしょう。楽しかった旅行に乾杯!

DPP_1115

JAL便は、きっちり定刻5:35に羽田に到着。自宅には午前7時過ぎには戻れました。

そのまま出勤できる時刻です。

今日は日曜日ですが、もう1日いられましたね。体力が続けばですが(笑)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました