【旅行者は注意!】危ない街フィリピン・マニラ 旅行者の自衛策

あらかじめ断っておきますが、フィリピンやマニラの全てが危ないなんて言うつもりはまったくなく、日本から近いこともあって、何度でも訪れたい国です。

島が無数にあるのも嬉しく、島々を転々としながら旅するのも楽しそう。

もし、西回りで世界一周なんかをはじめるなら、最初の上陸地点はフィリピンでもいいかな、なんて思ってます。

ところが、治安という観点からは、かなり自己防衛が必要な国である印象は否めません。

ちなみに、私は、マニラのニイノ・アキノ空港に降り立った瞬間、ぼったくりタクシーの被害にあいました(笑)

ぼったくりタクシーにあった経緯はこちら

では、具体的に、どんな場所や行為が危険なのか、みてみましょう。

外務省が警鐘を促しているマニラの治安事例

※上記写真と本記事の内容は関連ありません。

外務省は、「海外安全ホームページ」で、次のような警鐘を発しています。

  • 日本人が被害者となる殺人事件が毎年発生
  • マニラ首都圏でのタクシー強盗、路上での強盗が頻発
  • 警官に言いがかりをつけられパトカーに軟禁&恐喝被害

そんなに危険なのか、と思うかもしれませんが、事実です。

流しのタクシーに特に注意

特に、個人旅行者が、単独で流しのタクシーを拾うのはおススメしません。

悩むのが、マニラ市街と空港間のアクセス。

タクシーくらいしか、交通機関がないんです。

  • 空港 ⇒ マニラ市街  クーポンタクシーかGrabタクシーを呼ぶ
  • マニラ市街 ⇒ 空港  ホテルに呼んでもらうかGrabタクシーを呼ぶ

このように自衛するべきだと思います。

 

公共交通機関で移動しようとしても、こんな感じですから、ふつうの方はしり込みしちゃいますよね(笑)

イントラムロスのトライシクルには要注意

イントラムロスとは、マニラ地区でスペイン統治時代の面影が残っているエリアとのことです。

レトロな感じで、すごくいい雰囲気なのですが、ここを歩くときは要注意。

私は、乗りませんでしたが、トライシクルに勧誘されて、乗った後、降りるときの料金交渉でもめてるシーンを何回も見かけました。 

フィリピンは暑いので、トライシクルに頼りたい気持ちはわかるんですが、本当に要注意です。

ここがイントラムロスの入り口。気をつけましょうね。

マニラ湾の遊歩道の馬車にも注意

マニラに行ったら、絶対行くべきスポットがマニラ湾の夕日。

私も冷やかし気分でいったら、度肝を抜かれましたw

ところが、このマニラ湾遊歩道にたむろしている馬車が危ない。

交渉でもめると、同業者に囲まれて大変なことになります。近づかないのが身のためです。

まとめ

フィリピンは美しい国だと思います。

ただし、貧困格差などがもたらしている治安問題は、けっして影響が大きくないわけではありません。

街を歩いていて、肩から提げているカメラを奪われそうになったこともあります。(上の写真の通りです:エルミタ地区)

まとめると、マニラの治安は、インドやエジプトのような狡猾さと、ラテン系の力技が合体して襲ってくるかのようです。

十分気をつけましょう。

タイトルとURLをコピーしました