賑わうバンコクのシーロム通り【タイ旅行記 #4】

ワット・ポーとワット・プラケオ、2つの寺院を駆け足で見て、さすがに疲れました。

のどを潤して、腹ごしらえするつもりで、ワット・プラケオの入り口近くのお店に入りました。

DPP_7376

タイ風チャーハンのランチ

まずは、ビールを1本。国を代表する寺院の前でも飲ませてくれるんですね。

DPP_7377

そして、タイ風エビチャーハン。
エビは見かけだおし。食べるところ、ほとんどなし(笑)

DPP_7734

渋滞の中 トゥクトゥクでホテルへ

さて、のんびりホテルに戻りますか。

タイにも、しっかりと自転車レーンがあります。

DPP_7381

バスは、何に乗っていいかわかりません。タクシーもぼられるのが怖い。

DPP_7740

ホテルまで歩いて帰れない距離ではありませんが、トゥクトゥクに乗ってみることにしました。

徒歩30分くらいの距離だと100バーツが相場とのことですが、200バーツを要求されました。

DPP_7738

歩けば、30分以上は確実だし、200バーツの要求を受け入れました。交渉が苦手ですね(笑)

運転手はシーロム通りも、HOTEL・NARAIも知ってました。

DPP_7759

なんか、道路や、他の乗り物との距離がとっても近い乗り物です。

激しく渋滞する道路を右へ左へ、まるで障害物競走のようにかき分けていきます。

ちょっとしたスリルです。

DPP_7763

でも、聞きしに勝る大渋滞。

完全に動かなくなり、あきらめモードの運転手。

DPP_7784

「ナライ・ホテル」にチェックイン

ワット・プラケオから約2キロを1時間近くかかって、ホテルに戻ってきました。

「ナライ・ホテル」にチェックインすると、すごく広い部屋。

DPP_7808

いつもの通り、エクスペディアで予約しましたが、なんと8割引きの約3,500円。

この広い部屋が、2泊で7,000円です。

航空券同様、ホテルの料金て、どうやって決まるんでしょうか。

DPP_7857

ホテルの部屋からの眺め。

DPP_7810

のどが渇いたので、近くのコンビニに酒を仕入れに。

ハイネケンを2本、レジに持っていくと、10代の女性店員が、「ミスター、ミスター、ノー!ノー!」

コンビニでは、酒を売っていい時間が決まっているようで、午後は17時から。

私は、この垂れ幕が降りてなかったので、ビールを手にもってレジへ進みましたが、垂れ幕をおろしておくのが正解だったようです。

10代の女性店員が、中年のおじさんを指導していました。女の子に怒られるおじさんが、ちょっと可哀想でした(笑)

DPP_7858

仕方ないので、ホテルのレストランでビールを仕入れ、しばし休憩。

おーいお茶、なんてのも売ってます。

DPP_7811

繁華街「シーロム通り」の散策

夕方、また街に繰り出します。

DPP_7814

シーロム通りは、バンコクきっての繁華街です。

DPP_7819

露店がところ狭しと並びます。

DPP_7822

DPP_7834

毎日の行事なんでしょうね。

夕方になって、さらに活気が増しているような気がします。

DPP_7825

こういうのは、見てるだけで楽しい。

DPP_7828

パッポン通り。いかがわしい歓楽街とのことですが、まだ夜じゃないので、おとなしめですね。

DPP_7829

ATMもあります。

DPP_7830

それにしても、いろんな人が行き交います。

DPP_7837

そして、いろんな店。マッサージ店もそこら中にあります。

DPP_7839

「~歩き方」に載ってたマッサージ店をのぞいてみました。

すぐに施術を受けられるならと思いましたが、人気店なので満員。

DPP_7843

DPP_7845

チキンカレーの夕食

仕方なく、その場を離れ、夕食でもとりましょう。

DPP_7389

これは、フルーツジュース屋さん。

これは、スタバ。

これは、ふつうのレストランですね。さて、何にしようかな。

 

ショーウインドウを眺めていたら、手招きされて、なんとなく入ったカレーショップ。

DPP_7846

まずはビールをいただきます。

むちゃくちゃ暑いわけではないんですが、歩き回って疲労がたまれば、ビールが一番ですね。

DPP_7847

そして、チキンカレー。

ガーリックのナンとの調和が絶妙! ほんとにおいしかったです。

DPP_7849

今日は、朝7時にバンコク市街に着いて、それからずっと歩き回ってました。さすがに疲れを覚えます。明日に備えて、早めに寝ましょう。

Map-Bangkok

本日歩き回った、バンコクとしての位置関係は、こんな感じです。

明日は、バンコクから、少し足を伸ばすショートトリップ。アユタヤ遺跡を巡ってこようと思います。

アユタヤへは、タイ国鉄のファランポーン駅から、ほぼ真北に約70キロ。

早起きして、行ってきたいと思います。本日の無事に感謝(*^^)v

タイトルとURLをコピーしました