【スリランカ】3日目(その2) スリランカ列車の旅 3等車の窓から眺める風景

駆け足でしたが、見るべきとこは見て、それなりに満足して、たどり着いた駅。

運転手と握手して別れます。チップを要求されましたが、色々無理を聞いてくれて、ありがとう。
もちろんお渡しします。

 

運転手の目には、私の行動ってどう映るのかな・・・

エコノミックアニマルもどきの高度経済成長時代ならいざ知らず、成熟しきった低成長日本において、時間のゆとりを楽しむことのない、この馬車馬のような行動・・

私に言わせれば、航空券の価格下落と円高がもたらした、特殊な環境の副産物。

誰も、好き好んで、こんな美しい国に3日しかいられない日程を組みません。

逆に、高度経済成長時代なら、その、たった3日の余暇が取得できなかったり、得られたとしても、対価として払う旅費がとんでもないことになっていただろう。

複雑で、野蛮で、理不尽な時代かもしれませんが、私は、現代の方がいい。

永遠の菩提樹や、輪廻を描いた遺跡を巡り、哲学っぽくなってしまった(笑)

DPP_17423

アヌラーダプラ駅の風景

今回の旅は、この駅からコロンボまで列車で行って終わり。

旅の終わりを、しっかりと目に焼き付けましょう。

そう思って、2等車のチケットを奮発しました。

DPP_17421

といっても、290ルピー(約203円)、3等が160ルピー(約112円)、これしか差がない。

DPP_17431

これで、コロンボまでの200キロ以上の距離を乗れるんです。

時間も6時間くらいかかっちゃうんだけどね(笑)

欧米の旅行者も2等のチケットをゲットしている模様。

DPP_17424

DPP_17425

ホームが低くなく、日本の駅のようです。

DPP_17428

ミネラルウオーターを買って、ホームで待ちます。

当然エアコンなんかないだろうな・・

DPP_17429

定刻の10:50ころ、列車が入ってきました。

ここアヌラーダプラは始発駅ではなく、もっと北の方から来たようです。

DPP_17436

がっしりとした機関車と、細く頼りないレールが不釣り合い(笑)

DPP_17438

なんて、入線してくるスリランカの列車に気を取られていたら、席にありつけそうにないです。

DPP_17439

うわー、コロンボまでの6時間、立ちんぼって勘弁してよ。

DPP_17441

3等車に便乗? コロンボへ向けて出発

2等車は、欧米の旅行者と地元民で満席。

そりゃそうだ、あれしか料金に差がなかったら。でも、設備も、そんなに大差ないような気がする。

DPP_17443

なので、私は、隣の3等車に入っていきました。3等車は、なぜかガラガラ。

列車に乗るのは、景色を見るのが目的で、2等車に乗ることが目的ではありません。

3等車から、ゆっくり景色を眺められるんだったら、それでよし。

3等車には、私と、ばあさんと、あと数人しか乗っていません。

DPP_17457

DPP_17442

エアコンも扇風機もなし。当然窓を開けられます。

それにしても貧弱なレール。ちゃんと、保守点検とかしてるんかいな。

DPP_17445

ところで、列車がなかなか出発しません。あっというまに30分遅れ。

この列車のコロンボ着は、定刻なら16:30。3時間ぐらいは遅れても大丈夫なように目論んでますが、早くもその貯金を取り崩しはじめています。

しばらくすると、対向車が現れました。そして出発。約45分遅れ。

列車待ち合わせだったんですね。列車待ち合わせで、45分も待つかな・・・  と、日本の感覚で物事を考えてはいけないよね。

DPP_17449

アヌラーダプラの駅名標。

DPP_17451

昨夕、歩いて渡った踏切。

DPP_17453

いよいよ列車の旅のはじまり、と思ったら、すぐに停車。

アヌラーダプラ ニュータウン。つまり新市街。ここにも駅があったんですね。

DPP_17458

ここから、3等にも乗客がいっぱい乗ってきました。

乗客だけじゃなく、物売りも・・   買え買え、と勧められますが、遠慮しておきます。

DPP_17461

ほぼ満席の状態となった列車は、いよいよ本格的にコロンボに向かいます。

DPP_17464

窓外の景色は、今のところ特に特徴なし。

DPP_17468

駅ごとに停まっていきます。これは各駅停車なんだな。

DPP_17471

駅では物売りが乗ってきます。

日本流にいえば車内販売なんでしょうが、途中の駅から乗ってきて、途中で降りています。

まあ、行商のようなものなんでしょう。

DPP_17473

退屈そうな乗客たち。彼らにとっては、見慣れた風景。

私にとっては、彼らの営みも含めて、新鮮な光景です。

DPP_17507

窓外に水田が現れます。

DPP_17475

ベトナムの列車の車窓もこんな感じだったかな。

DPP_17478

ところで、列車は、かなり揺れます。速度は、かなり遅いのに・・

横揺れがすごいんです。やっぱり、レールのメンテナンスしてないんじゃない?

DPP_17484

でも、スピードが遅いので、窓から入ってくる風も適度。
のんびり、景色を楽しめます。

DPP_17496

DPP_17497

駅ごとに人も乗ってきます。みんな、どこへ行くのかな。今日は日曜日です。

DPP_17513

DPP_17498

実は私、ちょっぴり、ビクビクしながら乗っています(笑)

「~歩き方」によれば、3等のチケットで2等に乗るためには、差額を払えばいいようですが、2等のチケットで3等車には乗れないとのこと。

私が持ってるチケットは2等。

車掌さんが検札に来たら、追い出されるかな。黙認してくれるかな。
それとも、ルール違反として、罰金を要求されるかな(+_+)

DPP_17290

でも、景色が見やすい、最上の席。

コロンボまでここにいたい。乗り心地は、恐ろしく悪いけど。

私に、好奇の目を向ける人たちもいません。

DPP_17503

お昼頃の時間になって、乗客がランチを食べはじめました。

自分で持ち込んでる人もいれば、「車内販売」から買う人も。

私の前の席のこのご夫婦は、持ち込んだお弁当を食べ始めています。

DPP_18187

右手だけで、ほんとに器用に食べられるもんですね。

インドなんかもそうらしいですが、基本的に食事は右手で。左手は不浄とされています。

DPP_18188

カレーの香辛料の匂いが漂ってきます。3等車の旅は、あじがあります。
けっこう、いい匂いです(*^^)v

DPP_18189

私は、ミネラルウオーターを飲みながら、カメラを片手に、窓外を見やります。

DPP_17511

相変わらず、各駅に停まっていきます。

DPP_17514

DPP_17517

駅を出ると、列車の通過を待つ踏切。

DPP_17519

風景は、ずっとこんな感じ。

乗り心地は、相変わらず最悪。お尻がちょっと痛くなってきました。

DPP_17320

おっ、動物の姿も。

DPP_17522

牛を飼ってるんですね。

DPP_17524

DPP_17525

景色が急に乾いたと思うと、

DPP_17527

焼いてるんですね。煙も車内に入ります。これは、日本の田舎でも同じ。

DPP_17530

また、途中駅。

DPP_17531

DPP_17533

また、動物。

DPP_17534

菩提樹のような樹。

DPP_17536

街が近づいた雰囲気。

DPP_17541

マホ・ジャンクション駅。
文字通り、セイロン島の東海岸方面へ向かうためのジャンクション。

DPP_17543

DPP_17545

DPP_17547

DPP_17549

DPP_17539

いろんな駅に停まります。79と1/2って、コロンボまでの距離かな。

DPP_17556

DPP_17558

シーギリアロックのような岩。

DPP_17551

スリランカ列車の旅は、まだまだ続きます。

タイトルとURLをコピーしました