ロシア号の旅 9月の雪 クラスノヤルクスからノヴォシビルスクへ【シベリア鉄道旅行記 #9】

目が覚めると、窓のあたりが寒い。

なんか少し冷えるな、と思いながらカーテンを開けてびっくり!

雪です!   雪が降っています(゜д゜)

DPP_1770

ロシア号時刻表 5日目の行程

モスクワまでの距離到着出発時差
4,646kmニジニウジンスク1:071:30+5
4,483kmタイシェト4:004:05+5
4,420kmレショトゥイ4:044:06+4
4,380kmインガシュスカヤ4:454:47+4
4,344kmイランスカヤ5:185:41+4
4,312kmカンスク・エニセイスキー6:126:14+4
4,231kmザアジョールナヤ7:247:26+4
4,135kmズロビノ9:5910:01+4
4,065kmクラスノヤルスクⅠ10:2110:41+4
3,881kmアチンスクⅠ13:4013:42+4
3,846kmボゴトル14:4114:43+4
3,714kmマリインスク16:4617:06+4
3,532kmタイガ19:0219:27+4
3,303kmノボシビルスク21:3821:56+3

今日は、シベリアの大都市、クラスノヤルクスとノヴォシビルスクを通る行程です。

9月の雪の中を走るロシア号

降りしきる雪の中を、駆け抜けていくロシア号。

朝、起きたてなので、夢を見ているよう・・・

DPP_1765

昨夜のジマー駅から乗ってきた2人組。

この2人に加え老人が1人、この部屋は私の独占状態から、満室になりました。

DPP_1768

それにしても、9月に雪が降るなんて、さすがシベリアです。

昨日のバイカル湖畔は、多分20度以上あったでしょう。

ということは、20度以上も一気に下がったってこと。すごい。

DPP_1771

同室者3人が食事をはじめました。

私は給湯器をおとずれコーヒーを淹れ、通路で温かいコーヒーを飲みながら雪景色を眺めます。

DPP_8327

現在の地点は、北緯56度を超えたあたり。

昨夕のイルクーツクからでも、4度は北へ移動しているので、日本で言えば東京から盛岡まで移動している計算。

気候が変わるのも当然なのかもしれない。

クラスノヤルクス駅の風景

シベリアを流れるエニセイ川にかかる橋。

もうすぐ、シベリアの大都市、クラスノヤルスクに到着です。

DPP_8328

その昔、シベリアでは、鉄橋を撮影するなんてご法度でしたが、なにげに撮っちゃいました。

今のルールはどうなんだろ?

 

それはさておき、雪が止んで、列車はクラスノヤルスクに停車。

人口100万人を超える工業都市です。

上着を羽織って、少し氷雨の舞うホームを歩きます。

DPP_1766

ここクラスノヤルスクは、今までの道中で最大規模の町。

過去には、レーニンやスターリンが流された地域でもあります。

 

レーニンが流された当時、町の人口の23%を流刑者が占めていたというのも驚き。

それから、時の経過は、わずか100余年。

流刑囚の血族は、今もこの地に繋がりを残しているのだろうか。

私は、小学校(だったかな・・)のころ国語の教科書に載っていた、流人同士の婚姻を描く、「流人えびす」という話を思い出しました。

DPP_8329

パンでも買うつもりなのに、ちゃんと並ばないから、なかなか順番が回ってきません。

流人の血を引いてるかもしれないから、怖くて、押しのけられない・・・(冗談です)

DPP_1767

クラスノヤルスクを出発。

同室の3人が楽しそうに会話しているので、私は部屋を出て、通路で外を眺めます。

それにしても、なんという寂しい景色であることか。

DPP_8330

通路に掲げてある、ロシア号の時刻表。

DPP_1688

すでに列車に乗って5日目。

私は、よっぽど、景色を眺めるのが好きなんだろうと思う。

こんな単調な平原が続いても、まったく飽きることがありません。

DPP_1772

昨夜は、ゆっくりと睡眠をとったので、目の痛みも完全に治癒。

寂しい風景が流れる窓を一人独占し、幸せな気分でいっぱいです(^^)

マリインスク駅の風景

夕方になって、マリインスク駅に到着。

ここで、同室者の一人、老人が降りていきました。

DPP_8332

その老人への別れの挨拶がてら、マリインスクのホームへ下ります。

ちょっとした街のようです。列車を待つ人々。

DPP_8334

対向列車が入ってきました。

DPP_1775

家路につく人たちでしょうか。

DPP_8336

相変わらず、美人が多いです。

DPP_8335

マリインスクの人々は、列車が入ってこようが、こまいが、わがもの顔で線路を横断。

DPP_8337

マリインスク駅の人々。

DPP_8333

列車が西へ進むにつれ、町の規模は大きくなっている感じです。

吹雪の中のタイガ駅

さらに、時間が進み、タイガ駅に到着。

DPP_1781

と、停車時間中に、いきなり雪がまた降ってきました。

けっこう凄まじい吹雪です。

この天候の変わりの激しさ。北の大地の厳しさをかいま見る思い。

こうして、シベリアは、一気に冬にむかって行くんですね。

女車掌さんも寒そうです。

DPP_1782

おばちゃんが、なにやら売りに歩いています。同室の2人組がビールを3本買いました。

DPP_1882

そして、なんと1本プレゼントされました。

名前は、シルギーとワジム。コンピュータの会社に勤めているようです。

DPP_1783

お互いに年齢をたずねるとシルギーは33歳、ワジムは26歳。

そして、なんと私の年齢を10歳も若く見積もり25歳と表現したことに驚き(^^)

日本人の顔は童顔に見えるというけど、25歳とは喜んでいいのか悪いのか。

おふたりはクルマが好きだそうで、私がトヨタのカローラだというと、ふたりともカムリに乗っていると言って、嬉しそうな顔をする。

室内が広く、燃費もいいので、ロシアでは好まれている車種だ、と教えてくれました。

夜更けのノヴォシビルスク駅

窓外に、高速道路などが出現して夜の21時半過ぎ、シベリアの大都市ノボシビルスクに到着。

シルギーやワジムとの会話を中断し、酒を求めて、ホームをうろつきます。

DPP_1785

ノボシビルスクは、「新しいシベリアの街」という意味の、モスクワ、サンクトペテルブルクに次ぐ、ロシア3番目の町です。

とはいっても、この時間では、ホームの雰囲気を楽しむほかありませんが、なんと同室者のシルギーたちの知り合いの女性がホームにいました。

なんか、よくわかりませんが、記念撮影です!(^^)!

DPP_1787

東京から大阪へ新幹線で向かっている途中、名古屋に着いたら、知り合いがホームにいた、ということなのだろうか(^^)

いったい、何だったんだろ??

よくわからないけど、深夜のノボシビルスク駅の、陽気なロシアお姉さんたちでした。

 

シベリア鉄道乗車記の全日程・費用・治安などのまとめはこちら

タイトルとURLをコピーしました