「世界の車窓から」ベトナム統一鉄道【ダナン ⇒ フエ】南シナ海を見下ろす大パノラマ

頻繁に巡回してくる車内販売

車内販売が、なにか果物を売りにきました。

このほかにも、水やコーラなども売り歩いてくれてます。

  

太陽が出ていない南海というのは、なんとなく妙な気分ですね。

透き通った南シナ海。

ハイヴァン峠を越えてランコーの町へ

ハイヴァン峠を越えて、町が見えてきました。

踏み切りにたむろする欧米系観光客。

 

ランコーという駅です。

ランコー駅の物売りたち

2等座席車のほうには、物売りが群がります。

一昔前の日本にもあったみたいな、田舎の駅。

交換列車でも待っているのか、この駅でしばらく停車しています。

ハイヴァン峠を境に変わる天気

ハイヴァン峠を越えて、窓外が湿っぽくなりました。

6月の日本を旅してる、そんな感じです。

雨も降りはじめました。

フエの町が近づきました。

フエ駅に到着

3時間20分の旅を終えて、フエに到着です。

乗客が入れ替わります。

この列車はハノイ行きだけど、やっぱり、区間利用者が多いんだね。

LCCの値段も下がってるから、飛行機の何倍も時間をかけて移動する理由はない。

 

それでも、列車の旅は、地に足がついてる上、住民の生活が垣間見れて楽しい。 

フエは、ベトナムの一大観光地。ホームにも、お土産屋さんが多数並びます。

  

フエ駅の駅舎。フランス統治時代を思わせる立派な風貌です。

いかがだったでしょうか。

ダナン~フエという、約3時間半のミニトリップでしたが、ベトナム統一鉄道の魅力は感じとれたかと思います。

この鉄道も、時代の波にどこまで対抗できるかわかりませんが、健在のうちに乗車することをおすすめします。

 

※この鉄道の詳しい乗車記事はこちらです。

タイトルとURLをコピーしました